すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科 福村先生が書きました。【新入生へ~辛い時には振り返って~】


『When you’re weary
Feeling small
When tears are in your eyes
I will dry them all…♪』(「明日に架ける橋」より)

入学式の今日、私は生きる意味を熟考し、仕事のあり方を決断しました。
「自分らしく!」或いは「自分を信じる」と言ってもいいかも。
広義の意味で選択肢は沢山あります。
そんな中、その決断は良かったと思っています。

私は長期的視野に立って日々を過ごすタイプですが、
そしてそれは明日が普通にやって来る前提です。
しかし、冷静に考えれば未来のことは分かりません。
ならば、偏らずに長期的・短期的、両面のバランスが重要かと。
大きな思考転換でした。
相変わらず大げさな表現ですみません…(笑)

仕事以外の時間も気持ちに安らぎがあれば幸せになると思います。
不思議と、無理を解除するとプライベートも充実するもので…

私はプライオリティを間違っていました。
やっぱり純粋に自分を大切にすると、周囲も私を大切にしてくれる。
そして精神が充実し、それは周囲に影響し…という
プラスのスパイラルって本当のようです。

これまで私は何をやり、達成しても自分を認めて来ませんでした。
かっこつけて客観的な完璧を目指すのはやはり辛いだけ。
力を抜く(⇔手を抜く)だけでこんなに違うんだ…って思いました。
例えばハンドルの「遊び」の意味も考えて、ありのままの私に…
私の鎧は確実に少しずつですが剥がれているようです。
そして、それは私一人の力では無理でした。

ある人は私から離れ、或いは私自らある人から離れ、
そして新たなあらゆる素晴らしい出会いも…
出会いと別れの繰り返し…
そして、お互い必要と思われる人と出会う…
新入生のウエジョビとの出会いは必然です。

生きることの意味に明確な答えは出ませんが、
少なくとも、生まれてきた誰しもが幸せになる権利はあるばずです。
幸い、辛いときには味方の存在がありました。
私たちは親身に相談に乗ります。(特に私は逆転移しがちなので気をつけつつ…)
我々味方と共に生き、幸せに至るには自分の心のあり様にあるのかも知れません…
ただ盲信せず、自ら調査・研究し、熟考し、決断する必要があります。
そして、相談はするけど決めるのは自分。

『If you need a friend
I’m sailing right behind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind ♪』

まず、私自身が心からの「笑顔」でいたい。
それは「自分らしく」が前提だと思います。
言うまでもなく決断には誰にも何の罪もありません。
人生の決断は自分でするものって言い続けたのは私。
そして、それに気づかせてくれたのは他ならぬ先生方や仲間たち。
更に、皆さんに配布する学生たちの卒業記念作文?も同様。

私は「自己実現」が可能な場所を求めます。
最小限のルールの上に成り立った「自由」な発想ができ実現可能な環境。
それができないと思えばできる方法を考え、
不可能と判断すれば直ちに去ります。
それは「なんのために生きるのか」考えるきっかけともなるでしょう。
上記にも書きましたが、どんな気持ちで日々を過ごしたいですか?

例えば私のやりたいこと、それは常に皆さんの心の架け橋になりたい…
それも辛い時こそ…そう思います…

辛い涙は私が拭い去ります。
必要な時は振り返って下さい。いつも私はいます。
そして、安らぎを与えます。

この土日で「どんな自分になりたい?」って考えてみて下さい。
もう少し深く考えたい方は前述の「生きる意味」でもいいですね?
一つの答えに縛られないため、楽しみにしてますね。

今年度、こんなに笑顔の揃った入学写真、記憶にありません!
いい予感がします!礼儀も返事も良かったですよ!

※専攻の関係で、こういう話が好きで申し訳ないです…



医療秘書コース 千波先生が書きました 今日からスタート!


今日は始業式。いよいよ新年度、動き出しました。

2年生の皆さんには久しぶりに会いましたが、なんだか少し大人になったように感じました。

先輩になったからでしょうか。そんな姿を見ることができて、嬉しく思いました。

学生の皆は学校でクラスメイトに会え、嬉しかったようです。

そしてもう一つ嬉しいことが…。

医療秘書コースの学生が、1年生の頃に受けた検定で成績優秀賞を受賞し、さらに1年生の時のプレゼン授業で応募した「OAC学生アイデアで社会をよりよくするコンテスト」で2チームが準入賞しました。

すごいです!おめでとう!

この調子で2年生も頑張っていきましょう。

 

明日は入学式で新入生と初顔合わせです。

1年生のお手本となり、一緒に成長していきましょうね。

 



就職課 矢野先生が書きました。明るい未来!


新元号が発表されましたね~!おおきな節目の年になりますね。

学生のみなさんは~自分の「夢」のために頑張る!(イメージです)

ウエジョビを巣立った卒業生は、入社式を終えて、担任に報告してくれる卒業生や、新入社員研修後に職員室によってくれた卒業生もいました。みんな希望を胸に、誰かのために頑張って欲しと思います。そして、ずっ~とウエジョビ職員全員が応援していますよ!

さて、ネットワークエンジニアコース新2年生は、4月下旬の国家資格取得をめざして、春期休業中に何度も登校してきます。そして模擬試験など試験対策の勉強をしています。

 

教室ではみんな本番!真剣モードです!撮影させてもらいました。

時には教え合い。

笑顔で・・・!?

ビック!びっく!スマイル!!!

誰かに期待しても明るい未来はやってきません。

自分自身の行動ひとつで明るい未来がやってきます!

明日は始業式です。2年制の学生のみなさんが登校して来ます。

また一緒に頑張っていきましょう!全力で応援します!!



公務員科 清水先生が書きました 開幕しました


お約束のアルウィンでのツーショット☆

3年前の行政2組の卒業生、漆平くんです。筋金入りの松本山雅FCのサポーターで

上田で一人暮らしをしていた時も、朝5時起きで松本にいき、ゴール裏で跳ねてチャントを歌って応援して、(←後で聞いてビックリ)それでもウエジョビ生活でも一切手をぬかず皆勤、そしてクラスの係もいろいろ引き受けてくれた”デキ”る男。

 

卒業後もアルウィンで、アウェイでたびたび共に闘っていますが、毎年春には一緒に記念撮影してもらっています。

今日はここから。アルウィンの向こうに北アルプスを背景に。

前回の試合では、試合前にフェアプレーフラッグを持って選手を先導し、ピッチに入場する「フェアプレーフラッグベアラー」も務めていた漆平くん。本業の役場での仕事と合わせて、山雅のサポーターとしてもますます強力な戦力になっています。また、今年も何度も会えそうでとても楽しみです。

 

私は2015年から松本山雅FCのサポーターですが、スタジアムで、ずいぶん前の卒業生や、ご退職された先生や、応援を通して知り合った方など、行くたびに誰かしかと会えることがとても楽しみです。

今シーズンはチームが華やかなJ1のカテゴリーに上がり、やってくる相手チームの選手の上手さやサポーターの迫力や、そしてチケットがとりづらくなったことに少ししょんぼりしつつ、また、一年、皆でため息ついたり喜んだりしていきます。

 

そして、ウエジョビ新学期もいよいよスタート。2年生と新入生の皆さんと、きっと悲喜こもごもの一年間、はりきっていきます!



事務 宮坂先生が書きました 新年度スタート


本日4月1日より新年度がスタートしました!
そしてついに発表されましたね!

「令和」

わたしもなんとな~く予想していたのですが
全っ然違ったああああヾ(=´・∀・`=)

和 という字が良いですね!

平成も残り1か月。
平成生まれからすると少し寂しいような気もしますが
新しい時代、令和 を楽しみに過ごしていきたいと思います。

新年度が始まり新入生の受け入れ準備などで
ウエジョビは忙しい日々です。
忙しく仕事をしていると
ふと食べたくなるものがあります。

じまん焼きです!
ウエジョビから歩いて15分くらいの
海野町にある富士アイスさんというお店。

上田で仕事をするようになってから
その存在を知りました。

名物のじまん焼きは
大判焼きみたいな感じで
あんことカスタードの2種類があります。
お値段1個80円!!!やすー。
安いのにぎっしり中身が詰まっていて感動するレベルです。
いつも行列ができる人気のお店です。

できたてのアツアツを食べると

こんな顔になります。

甘いものを食べつつ
新年度の準備がんばります!

これからウエジョビに入学する新入生も!
先月ウエジョビを卒業して新社会人になるみんなも!
一緒にがんばろうね!



ビジネス・プロコース 丸山先生が書きました。「アートな生活」


2号館職員室を出ると、目の前に
エレベーターがあります。

そこに、平成25年度の卒業生の皆さんから
記念品として贈られた「アートポスター」が
飾られています。

世界的に有名な建築家、「ル・コルビュジェ」の
作品です。この方なしに、現代建築は語れませんっ!
そうですよね?甘利先生!!

私は、エレベーターを待っている間、
この絵を見るのがとても好きです。


アートセンスがあまりないので、
正直なところ、何が書かれているのか
よくわからないのですが(‘◇’)ゞ…
でも、とても素敵だということはわかります。

ル・コルビュジェは1965年に亡くなりましたが、
今でも世界中の人たちに愛されていて、
建築・デザイン雑誌では定期的に特集されますし、


現在、国立西洋美術館で展覧会が開催されています。
ぜひ行ってみたい!と思っている私です。

今年2月に開催された「卒研グランプリ」。
見事グランプリに輝いたのは建築学科の柳沢さん。


佐久市に芸術を楽しむ施設を造りたいというテーマで
発表してくれました。とても素晴らしかったです。

司会の菱川先生もおっしゃっていましたが、
こんなgoodな施設、本当にあったらいいなと
心から思いました。芸術を身近に感じながら
生活するって、素敵ですよね。

これからも、芸術や文化に触れる機会を
たくさん持ちながら、毎日を過ごしていきたいと
思いました。



事務 髙見澤先生が書きました  咲いて良かった~♪


いつもの花屋さんからいただいたデンドロビウム。

すくすくと成長していたのですが、

お花が中々咲きそうにないので

育て方を聞きに行こうかな~と思っていたところ、

咲きました^^

まだ2輪だけなのですが、

小さなつぼみもあって

もう少しにぎやかになりそうです。

玄関の外では

ビオラがたくさん咲き、

日陰にある水仙のつぼみも

膨らみ始めました。

今朝はちょっと肌寒かったですが

春ですね♪

桜の便りももうすぐでしょうか。

楽しみです!

 



公務員科 堀内先生が書きました。旅立ちの時


いよいよ春ですね。

学校ではスプリングセミナーの丁度、なか日の3日目でした。

新入生になる学生も入学式前にもかかわらず、もう既に勉強に着手しています。
また、外部から参加していただいている学生さんもすっごい頑張っています!

新年度が着実に近づいている実感を毎日のようにしています。

そんな中、平成30年度の警察・消防コース1組の複数の学生が新しいステージに向けて出発準備をしている中、学校に寄ってあいさつをしてくれます。ホント嬉しいです。

思い起こせば今年度のクラスも男31名でスタートした男組。


途中、公務員試験に合格したメンバーが6名、寿退学して、途中から25名でやってきましたが最後の最後までホント良く頑張り通しました。

4月からの新しいステージでの健闘を祝して、私も含めた男32名の花を咲かせられますように…。

「はい、チューリップ🌷」



情報処理科 保坂先生が書きました。「新年度に向けて」


春の陽気と冬の寒気が毎日入れ替わり、寒かったり暑かったりで体がついていきませんね。
ジェットコースターのような日々が続く中、各地の桜の便りをきくにつれ春も本格化してきていることを実感します。

春が本格化するといえば、そうです!いよいよ入学式が来週に近づいてきました。
新入生の皆さんも気持ちがどんどん高まってきていることと思います。

本日は新年度に向けて新2年生になる学生諸君がお掃除をしてくれました。
3つの約束の一つであるお掃除も1年間取り組んできて、板についていますね。

とってもきれいになりました。

ピカピカの校舎で入学生諸君を待ってまーす!



広報 勅使川原先生が書きました「シェフとパティシエ」


気がつけば卒業式から早3週間……
最後の呼名で泣いてはいけない!と
気合を入れて臨んだところ、声に詰まって
体が動かなくなってしまった勅使川原です!
卒業生もそれぞれの道へ
偉大な一歩を踏み出しています。

応援しているからね!

 

さぁ!私も新年度に向けて頑張るぞ!
ということで、敬愛するイタリア料理人、
落合シェフのLA BETTOLAに行ってきました。
いつか、レシピ本にサインを書いてもらおう!と
期待しているのですが、未だにお会いできません。
でもいいのです!このお皿を満喫できるだけで!

あぁ!元気が出てくる!真似してお家でも作ってみよう!

 

そして、今回はパティシエ鎧塚さんプロデュースの
お店でもスイーツを楽しんできました。
平成を彩ったスイーツということで
ティラミスがフューチャーされていましたよ!
なるほど。確かに昭和にはなかった……。

初めて口にした時は驚いたなー。

よぉおし!充電完了!
次の時代も張り切って駆け出してゆきましょう!