すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

2014年7月放送


2014/7/2 「技術の貯金は増えてゆく」
炭焼き職人の原紳介さんは、途絶えそうになっている炭焼きの技術を全国を回って学びなおします。その先には!!

2014/7/9 「最高の炭が完成!?」
炭焼き職人の原紳介さん。最高の炭焼きを目指して、様々な工夫をこらします。いよいよ傑作が完成か!!

2014/7/16 「何のために働くのか」
原紳介さん。これまでの仕事が自己満足かと落ち込んでしまいます。ところが、納品先のレストランで思いがけない光景が。

2014/7/23 「卒業後の信頼。」
ウエジョビに卒業生からの電話。その内容は……。「原さんの炭をください!!」ここに卒業生の信頼を感じたのです!

2014/7/30 「職人を襲うピンチ」
独立後、3年を経て生活も安定してきた炭焼き職人の原紳介さん。ところが!そんな時にピンチが!!



2014年6月放送


2014/6/4「人を育てる野球チーム」
大塚監督がシナのグランセローズで目指すものは……。そう!その思いはウエジョビと同じなのです!!

2014/6/11「全力で走る野球チーム」
グランセローズの選手の前でお話をさせていただきました!あいさつが素晴らしいのです!そして、開幕2連勝!!

2014/6/18 「まけても応援したい!」
たとえ負けても応援したくなるチームに成長したグランセローズ。紆余曲折があるからこそ、楽しいのです!!

2014/6/25 「300回を迎えました!」
おかげさまで、このラジオ番組も300回目を迎えることができました!これもリスナーの皆様のおかげです!!



2014年5月放送


2014/5/7「一流だと思えばいい!」
佐藤芳直さんの師匠、船井幸雄さんは、一流の人間になるためには「一流だと思いなさい」とおっしゃたそうです。はたして、そのココロは!?

2014/5/14「困ったときは、「自問」する!
佐藤芳直さんに学んだことはたくさんありますが、教えていただいた「自問」することで開けた先には涙があふれる感動がありました!

2014/5/21「WBC胴上げ投手のあの人が!」
なんと!元メジャーリーガーであり、2014年度信濃グランセローズ監督の大塚晶文さんが講演会場に!

2014/5/28「まさにメジャー級の笑顔!」
さらに!大塚晶文さんは監督就任会見の時、ウエジョビ「3つの約束」を連呼してくださったのです!!!



2014年4月放送


●2014/4/2 「ウエジョビ入学式!」
ウエジョビの入学式はスペシャルなんです!
佐藤芳直氏による特別講演会で感動のスタート!


●2014/4/9 「自分が生まれてきた役割」
ヒダカズ先生の生まれてきた役割とは!?
このラジオからも奇跡が生まれています!!


●2014/4/16 「知らない事を否定しない!」
あるはずがない!と否定せずに、
物事を受け止めてみよう!船井幸雄氏の熱き魂。


●2014/4/23 「1年間の成長」
1年後、同じ話を聞いても成長していると……。
ウエジョビでの1年はすごいんです!


●2014/4/30 「幸せな生き方って?」
佐藤芳直氏の講演内容から。
「幸せな生き方」って何でしょう。なんと!!




2014年3月放送


●2014/3/5 「炭師 原信介さん その2」
ついに原さんと対面する事になったヒダカズ先生!
二人の話は弾む!弾む!


●2014/3/12 「炭師 原信介さん その3」
原さんと「師匠」との出会い。
「雨のにおい」が分かる男への憧れ。


●2014/3/19 「炭師 原信介さん その4」
本当に美味しいものとは?
原さんが提案する「本物の味」


●2014/3/26 「ウエジョビの卒業式」
「自分は○○な人間だ」
あなたはこの○○にどんな言葉を入れますか?




2014年2月放送


●2014/2/5 「男を磨くタワシその6」
ヒダカズ先生が心奪われたエッセイの筆者はなんと!
縁の強さに驚かされるすごい展開に!!


●2014/2/12 「男を磨くタワシその7」
ヒダカズ先生の好奇心は止まりません!
タワシそのものにも思いが高ぶってしまいます!!


●2014/2/19 「炭師 原信介さん その1」
ついに、炭焼き職人 原伸介さんとの出会い。
原さんを育んだ山、そしてその別れが人生を変えた!


●2014/2/26 「大雪に学ぶ!」
信州でも雪の少ない地域、上田市。
ところが!とんでもない大雪が上田に!!
そんな時こそ、言葉のチカラを!



2014年1月放送


●2014/01/01 「男を磨くタワシその1」

…先日、ある雑誌を読んでいると、
「男を磨く束子」という題名のエッセイが目に留まりました。
まず「束子」が読めません!

なんだこれはと思って本文に目をやると、
「油断したら終わりだ。男は常に試されているのだ…」なんて書き出しです。
思わず、引き込まれるように読みました。すると…


●2014/01/08 「男を磨くタワシその2」

…このエッセイの著者が、道具の聖地、東京の河童橋で
焼き網を探していました。
ここなら焼き網が売っていそうだなと入った金物屋で
出迎えてくれた方は、なんと…

●2014/01/15 「男を磨くタワシその3」

焼き網を求めていた金物屋に入った筆者でしたが、
なぜかタワシの展示会に足を踏み入れてしまいました。

すると、そこには驚くべき光景が広がっていました。
筆者は一気にテンションがあがります…。


●2014/01/22 「男を磨くタワシその4」

…そこで筆者は、柄のついたタワシに
一目ぼれしてしまったのです。

「一目ぼれしたなら、潔く、惚れましたとだけ言えばいい。
潔くとは、値踏みしないこと、退路を断つことである…」


●2014/01/29 「男を磨くタワシその5」

…私は、このエッセイの筆者に惚れてしまいました。
どんな方か気になりました。

イメージとしては、私よりもずっと年上だったのですが、
プロフィールを読んでみると、なんとその方は…



2013年12月放送


●2013/12/04 「7年の歳月と嬉しい再会」

…先日、ある中学でお話をさせていただきました。
講演が終わって校長室で話をしていると、
一人の先生が校長室に入ってこられました。

話を聞くと、この先生
7年前に私と出会っていたのです。

7年前と言えば、まだ本も出ていません。
講演もしていません。
そんな頃、どんな接点があったのかと言うと…

●2013/12/11 「出会いのチカラ その1」

…先日、私の叔父が亡くなりました。
お通夜に家族で行って
33年ぶりにいとこの兄ちゃん達と話をしました。

すると、驚いたことに、K兄ちゃんが…

●2013/12/18 「出会いのチカラ その2」

…先週の続きです。
K兄ちゃんは、
自分の部下400人に、
こんな風に私のことを紹介してくれました。

「先日、父が亡くなりました。
父のお通夜で彼と33年ぶりに再会しました。
実は父は生前…   」

●2013/12/25 「イメージのチカラ」

…私は毎年、1年の初めに「今年はこうしよう」と決めています。
決めても、なかなか達成できないことが多いのですが、
それでも今年ももちろん目標を決めました。
「9キロ痩せる!」です。

そして、実は目標を達成することができたのです!
さて、なぜ今回うまくいったのでしょうか。
私が思うに、それは…



2013年11月放送


●2013/11/06 「我武者羅應援團秘話 逃げ出した先に」

我武者羅應援團の団長武藤貴宏さんは、
高校時代、あこがれていた応援団に入団します。
ところが、怖い先輩たちにビビってしまい、
わずか2週間で退団してしまいます。

怖い先輩たちから逃げまくった高校生活。

その後、28歳の時に我武者羅應援團を結成したのですが、
ある時、思いもかけない事件が起こります。
それは…


●2013/11/13 「我武者羅應援團秘話 運命の出会い」

武藤さんは、ある日、コピーライティングの講座に参加しました。
そこで偶然にも出会ったのは、
武藤さんが一番会いたくなかったTさんでした。。。

●2013/11/20 「我武者羅應援團秘話 一番見てほしかった人」

武藤さんは、一番会いたくなかったTさんに出会ったしまいました。
その人は、我武者羅應援團の演舞会に来て下さいました。

ドキドキしながら演舞を終えると、
その人は武藤さんに向かってこう言いました…

●2013/11/27 「我武者羅應援團秘話 逃げ出した先に」

偶然出会ったTさんから、
武藤さんはあることをお願いされました。

武藤さんは「わかりました」と引き受けたものの、
ドキドキしながらその日を迎えました。

武藤さんが精一杯その役割を果たすと、
Tさんは、思いがけない言葉をかけてきました…。



2013年10月放送


●2013/10/02 「決断から始まる」

3,000社ものコンサルタントを手掛けてきた佐藤芳直さんが、
「決断」についてこんなことをおっしゃっていました。

「条件が整ったら決断をしようと言っている人がいますが、
そうじゃないんです。
決断をするから条件が整うんです」

…確かに、条件が整ったら
(「お金が貯まったら」とか「協力してくれる人が出てきたら」とか)
何かを始めようなんて言っていても、
なかなか整いません。

実は私も9年前…

●2013/10/09 「1日の1%を変えてみると…」

ベストセラー作家、喜多川泰さんが
「1%の努力にすべてをかけましょう」という話をして下さいました。

誰でも、自分を変えたい、もっとこうなりたい、という思いはあります。
でもそんな目標や夢ができた時に
変えなければならないものがあります。
それが、●●です…


●2013/10/16 「自分があげられるもの」

今日も喜多川泰さんからお聴きしたお話です。

突然ですが、みなさん、今の職場や学校の居心地はいいですか?
居心地がいい人は、きっとその職場や学校で、

「あげられるもの」が「もらうもの」よりも大きい人だと思います。
これはどういうことかと言うと…

●2013/10/23 「ココロの授業講演会 大成功のご報告」

10/5のココロの授業講演会は、
おかげさまで、1か月前にご予約で満席となりました。
12:30に開演なのですが、開場は11:00。 1時間半も前です。

私、11:00の開場の時に、ステージにいたのですが、
開場の時に驚きました!
6箇所のドアが開けられると同時に…

●2013/10/30「存在承認が自信につながる」

ココロの授業講演会で、木下晴弘さんが話して下さったことです。
木下先生は、「人を育てる」時にとっても大事なことして、
「be・do・have の 承認」について話して下さいました。

beは●●承認、
doは▲▲承認、
haveは■■承認 のことですが、

この中で一番大切で、幸せへの第一歩になるものは…