すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

2015年9月前半放送


2015/9/2 「男のロマンの旅」
青春18きっぷで、青森から鹿児島までを普通列車で5日間の旅に……。そこで新たな発見が!

2015/9/9 「リアルな体験」
ひたすら、駅の看板を写真に撮り続ける旅が、めちゃくちゃ面白い!なぜかというと……!

2015/9/16 「アメリカ型成功哲学」
博多の歴女、白駒妃登美さんは努力し成功を手にする中で、ある違和感を感じます。それは……。



2015年8月放送


2015/8/5 「自分の殻を破る! 」
我武者羅應援團、来校にあわせて比田井塾のチャレンジは!見事にパカン!と殻を破るのです!

2015/8/12「その苦しみを味わえ!」
悩み事があるのは、在校生だけでなく卒業生も同じ。そんな悩みも 我武者羅應援團の手にかかると……。

2105/8/19 「夢しか叶わない?」
「博多の歴女」と呼ばれる白駒妃登美さん。この方がすごいんです!「夢しか叶わない」これって?!

2015/8/26 「宇宙から思いやり」
宇宙飛行士の油井亀美也さん。其の言葉は宇宙からでも、思いやりにあふれているのです!



2015年7月放送


2015/7/1 「子供の挑戦のために」
どうすれば子供が挑戦し続けるようのなるでしょう?どうすれば挑戦しなくなるのでしょうか?

2015/7/8 「ひとり旅の挑戦」
そして始まった挑戦「ひとり旅」。困った時でも自分で解決するしかない!成長の瞬間です!

2015/7/15 「親の責任と覚悟」
子供にひとり旅をさせることは、周りに迷惑だってかけてるいるんです。だからこそ!親にも必要なことがあるんです!

2015/7/22 「いよいよ発射!」
ついに油井亀美也さんが宇宙へ飛び立つ日が!延長のプレッシャーの中、油井さんから出た言葉は……。さすがです!

2015/7/29 「比田井塾のチャレンジ」
今年も 我武者羅應援團がウエジョビに来てくれました。そして、比田井塾の塾生も密かにチャレンジを!!



2015年6月放送


2015/6/3 「理不尽な事 受け入れる力」
世の中は理不尽な事が多いですよね。でも、これを受け入れる事ができれば「器の大きな人」になれるはずです!

2015/6/10 「僕だってホントは…」
理不尽を受け入れるため比田井家には理不尽なルールがあります。それに対して子供の反応は……?

2015/6/17 「早く大人になりたい!」
理不尽なルールの理由を求めらたら……。その理由も理不尽なんです。ただ、その先が大切なんです!

2015/6/24 「親の本気と覚悟」
理不尽であろうと、我が子がルールを守れなかったとき、どうしますか?親の本気と覚悟が試されます!



2015年5月放送


2015/5/6 「亀気質の真骨頂!」
宇宙飛行士選抜試験はあえて、受験者を慌てさせる状況を作るのだそうです。そんな時に、亀気質の真骨頂が!!!

2015/5/13 「高い理想を持つ!」
今年の入学式特別講演も素晴らしかったです。さすが佐藤芳直さんです。思いと現実を見事に表現してくださいました!!

2015/5/20 「理想を諦めない!」
佐藤芳直さんはおっしゃいました。「理想を諦めない」と。「夢を諦めない」ではないのです!この違いは深いです!!

2015/5/27 「ネギを拾った少年。」
みなさんは道端でネギを拾ったらどうしますか?困りますよね。ある少年はこんな行動をとったそうです!



2015年4月放送


2015/4/1 「感じ取るココロ。」
挑戦を続けた学生が「何のために働くのか?」という問いの答えを「知った」のではなく、「感じた」たのだそうです。それを「感じ取らせた」相手は!?

2015/4/8 「敬意は遠く届く」
毎年、入学式特別講演でお話をいただく佐藤芳直さん。多くの卒業生たちのココロにこの言葉が残っているのです!

2015/4/15 「宇宙飛行士 合格への道」
長野県出身の宇宙飛行士 油井亀美也さん。合格への道のりでは意外な言葉が!なんと!「意外と楽だった……」????

2015/4/22 「実は最短ルート?」
望む進路を選べなかった宇宙飛行士の油井さん。しかし、「ある事」でその進路が夢実現の最短ルートに!「ある事」とは!!

2015/4/29 「不明確のまま進まない。」
油井さん、宇宙飛行士選抜試験の際にピンチに陥る事もありました。しかしそんな時、真の力が明らかになります。その力とは!?



2015年3月放送


2015/3/4 「人間関係は鏡」
素晴らしい人間性は立ち居振る舞いでわかりましたが、やはり言葉にも重みがありました!!

2015/3/11 「なぜ、選ばれた?」
実際にあって、「なぜ、宇宙飛行士に選ばれたのか?」を知る機会がありました。そこには壮絶な試験があったのです。

2015/3/18 「なぜ、防衛大学?」
宇宙のことを研究する学者になりたかった彼が、防衛大学に進学するのにはある理由があったのです……。

2015/3/25 「亀が音速で飛ぶ日」
「目の前のことを精一杯やろう!」と決めた時から、大きく人生が動き出します。そして、一本の映画が追い風となるのです!



2015年2月放送


2015/2/4 「長野県出身の宇宙飛行士!」
長野県出身の油井亀美也さん。出身高校は野沢北高校。実は!実は!なんと!!

2015/2/11 「控えめな宇宙飛行士。」
油井亀美也さんの高校時代は、「宇宙への夢を熱く語る男」ではなかったのです!!

2015/2/18 「川上村から宇宙飛行士」
出身の川上村で激励会が行われるということで、会いに行ってきました!そして、彼が宇宙飛行士として選ばれた理由が分かったんです!

2015/2/25 「亀気質の宇宙飛行士」
ガツガツすることなく、まさに亀気質な彼の宇宙への夢は、故郷である川上村に原点がありました!



2015年1月放送


2015/1/7 「タワシが本に!」
喜多川泰さんの新刊に、あのタワシの話が!!そこでその短編小説を先に読もうとすると……

2015/1/14 「見えない世界を見る。」
さすが喜多川泰さん、ただの短編小説ではなかったのです!そして、素晴らしいメッセージが!!

2015/1/21 「頑張っているその姿」
喜多川さんの新刊の表紙をめくると1枚の写真があります。この「ユニホーム」という物語がまた良いんです!

2015/1/28 「報酬の一部」
喜多川泰さんは「働くこと」で得られるお金は「報酬の一部」とおっしゃいます。そのココロは!!



2014年12月放送


2014/12/3「何を発信するか」
なんと「タワシ」は喜多川泰さんにまで「良いもの」を伝えていました!タワシが呼び込んだもう一つの嬉しい話。

2014/12/10「あの人と!海へ!」
海洋冒険家の白石康次郎さんの主催する「親子の海洋塾」に参加しました!そして、台風の近づく海へと!

2014/12/17「経験が大切」
白石康次郎さんの操縦するヨットで海へと出ると!そこには今まで経験したことない感覚が待っていました!

2014/12/24 「口で言うだけでなく」
白石康次郎さんの海洋塾では、海で生きる術を子供達にも教えます。それは、口で言うだけではなく……。

2014/12/31「ゆく年来る年」
2014年も様々なことがありました。締めくくるにあたり、やはりあの方の言葉を思い返したいと思います!