すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

2016年11月放送


2016/11/2
白石さんが
修業時代、師匠の多田さんと
ヨットに乗っていた時のことです。
白石さんは外であまりの寒さに
震えながら舵を握っていました。
「もう、我慢できない・・・」
そう思った白石さんが
船の中にいる多田師匠に
「ちょっと変わってもらえませんか・・・」
と言ったとき・・・
白石さんが観た光景は・・・
白石さん、その光景を観て
「この人には敵わない・・・」って思ったそうです。


2016/11/9
ヴァンデグローブ出場前、
白石さんはこんなことを言っていました。
「僕になにかあっ た時には、お経上げてくれって
 塩沼亮潤さんに頼もうと思って・・・」と。
これ、「縁起でもない」って思う人います。
でも、そういう 話をしているんじゃないんです。

※番組の中で出てくる対談番組はコチラ↓


2016/11/16
単独無寄港の世界一周ヨットレースの
ヴァンデグローブに出場する白石康次郎さん。
生きて帰ってこられる保証はありません。
そんなときに大事なことは・・・
最悪な状況になったとしても・・・
「そのときには、こうする」と決めておくこと。
決めたら安心して行くことができます。


2016/11/23
ついに白石さんがアジア人として初出場をする、
ヴァンデグローブのス タートを観てきました!
しかも、現地フランスにて
白石さんに初出演をして頂きました!
白石さんの生声、ぜひお聴きください!


2016/11/30
ヴァンデグローブ現地報告の始まりです!
レーススタートの2日前。
初めて白石さ んのヨットをこの目で観ました。
私の想像を超える大きさにビックリです。
しかも、白石さん、フランスで大人気な んです。
もう、凄いんですから!



2016年10月放送


2016/10/5
中学生の頃、まったく勉強をしなかった白石さんですが、
ついに、お父さんが学校に呼び出されます。
帰って来たお父さんに
「2・3発殴られるんじゃないか・・・」
と思っていた白石さんですが、
お父さんが言った言葉は・・・


2016/10/12
9/30のヴァンデグローブ壮行会で
白石康次郎さんが言ったのが・・・
「僕はみんな に会いたかったんです!」
この言葉が嬉しかったんです。


2016/10/19
中学時代、まったく勉強しなかった白石さんですが・・・。
3年生になると進路のことを考えなくてはいけないですよね。
そこで、白石さんが見つけてきたのが「三崎水産高校」です。
この学校、3年生になると卒業実習で船でハワイに行くんです。
「これだ!」と思った白石さんは進路の希望に「三崎水産高校」と書きます。ところが・・・


2016/10/26
中学時代とうって変わって、
勉強も頑張った白石さんは優等生でした。
数々の大手海運会社から声がかかります。
でも、白石さんがしたかったのは
大企業に就職することではありませんでした。



2016年9月放送


2016/9/7 「必然にしていくんだよ」
白石さんが7月に一時帰国した際、
ウエジョビで撮った特別対談のときに、
白石さんがポロッといった言葉。
「必然にしていくんだよね」
この言葉が深いです。


2016/9/14 「取り返しのつかないことを 」
女子レスリング吉田選手の試合後のインタビュー観ました?
私、あのインタビュー観て感動したんです。


2016/9/21 「この目で確かめたい」
幼少期の白石さんのお話、
多分、知らない人多いと思います。
白石さんがどんな環境の中で育ったか・・・
そして、その環境が今の白石さんを作っています。


2016/9/28 「理不尽な環境 」
やっぱり、これですよ!
今の白石さんを作っているのは紛れもなく
幼少期の「理不尽な環境」です。




2016年8月放送


2016/8/3 「すべては必然」
私が言いたいのは、
高橋君が今、イキイキ働いていられるのは、
食堂のアルバイトで元気よく、
ハキハキ頑張っていたからではありません。
すべての出来事に意味があって、
必要だからやってくるんです。
ということを言いたんです。


2016/8/10 「カンタおかえり!」
夏休みに入り、
カンタが山村留学先から帰って来たんです。
その成長ぶりに驚きました。
お風 呂で「勉強の方はどうだ?」の質問に
「ぼく、社会が好きなの!」から意外な展開が・・・


2016/8/17 「鳴かぬなら自分が変わろうホトトギス 」
戦国武将の性格を表したあの言葉。
「鳴かぬなら〇〇〇〇、ホトトギス」
カンタに
「カンタだったらなんて言う?」と聞くと
「う~ん・・・、
 鳴かぬなら僕がかわろうホトトギス」って言ったんです。
「んっ?、それはホトトギスの代わりに鳴くってこと?」と聞くと、
「違う違う!そういう意味じゃなくて・・・」とカンタ。


2016/8/24 「人生は計算通りにいく 」
白石康次郎さん曰く、
「人生は思い通りになる」
「人生は計算通りになる」
もしも、思い通りにいかないとしたら、
もしも、計算通りにいかないとしたら、
それは・・・・


2016/8/31 「オリンピックに3週間の準備で出るようなもの」
白石さんが世界一周ヨットレース最高峰「ヴァンデ・グローブ」に出場するための条件は「ニューヨーク・ヴァンデ」で規定時間内で完走すること。
このレースに白石さんはたった3週間の準備で出場したんです。
「一生に一度でいいから、大西洋をヨットで横断したい・・・」というヨット乗りもたくさんいます。
ほ かの選手たちだって1年、
2年かけて準備をして出場しています。
そんなレースに白石さんは3週間で出場して、
見事、7位でゴールしました。



2016年7月放送


2016/7/6 「もの凄いプレッシャーでした 」
世界一周ヨットレースの最高峰「ヴァンデ・グローブ」に
やっと出場が決まった白石さんの言葉。
「正直に申し上げます。
 もの凄いプレッシャーでした・・・
 もしも失敗したら・・・
 億ものお金、僕には弁償なんてできないぞ・・・」


2016/7/13 「人生の主導権をにぎる 」
白石さんのヨット世界一周を「自分のレース」にする
とっておきの方法があります。


2016/7/20 「公務員にはなれなかった高橋君 」
ウエジョビ比田井塾で頑張っていた塾生が
久しぶりにやってきました。
彼は公務員試験を目指して頑張っていたのですが、
残念ながら公務員にはなれませんでした。
その彼が3年ぶりにウエジョビにやって来たんです。


2016/7/27 「ほとんど、ひきこもりの高橋君が・・ ・」
3年前にウエジョビを卒業したときには
就職も決まらず、ほとんどひきこもり状態だった高橋君が
イキイキした顔で、別人のようになって
ウエジョビに来てくれたんです。



2016年6月放送


2016/6/1 「うまくいかないのが、いい経験」
山村留学に行ったカンタが
学校で「うまくいっていない・・・」って言うんです。


2016/6/8 「ラジオやっててホントによかった」
カンタの山村留学先の小学校のPTA総会に 行って来ました。
そこで、「ラジオやっててホントに良かった」って思ったんです。


2016/6/15 「お金儲けの話なんて書いてないんです 」
海洋冒険家 白石康次郎さんのお話です。
企画書には「お金儲けの話」なんて一言も書いてないんです。
なのに、なぜ、白石さんに「3億出す!」と言ってくれる人がいるんでしょうか?


2016/6/22 「神に祈るのではなく、神を祈る」
海洋冒険家 白石康次郎さんの名言
「神に祈る」のではなく「神を祈る」の真意は・・・


2016/6/29 「6年かけて夢が叶いました 」
私の6年越しの夢が叶いました!
6年ですよ!6年。
夢って叶うものですね。



2016年5月放送


2016/5/4 「ぼく・・・ついていけない」
山村留学の体験合宿から帰ってきて
1週間後、比田井家の家族会議が開かれました。
もう、完全にあきらめながら聞い た
「で・・・カンタお前、どうするんだ・・?」の
質問に、カンタの意外な言葉が・・・。
さぁ、ここからカンタの大逆転劇が始まります!


2016/5/11 「お父 さん、慣れるの?」
山村留学の体験合宿から帰って来て
カンタは「ぼく、ついていけない・・・」と言ったカンタが・・・


2016/5/18 「お父さんとお母さんが大丈夫って言ったから」
「ぼく、ついてけない・・・」とガックリなカンタが、
「やっぱり、ぼく行く!」とコロッと変わっちゃっいました。
それは・・・


2016/5/25 「 覚悟を決める」
カンタの山村留学、面接試験で、
スタッフの方が言うんです。
「実は 、子ども達が一番成長するのは
ここに来る前なんです」と。
ちょっと意味がわからないじゃないですか?
「それは、どういうことですか?」
と聞いた質問 に返って来たのが・・・



2016年4月放送


2016/4/6 「理想とは北極星のようなもの」
「髙い理想」を持つということがどれだけ大事なことか・・・
「髙い理想」を持つと現実にぶつかります。
「低い理想」だと現実にすらぶつかることはありません。
でも、現実にぶつかるからこそ、そこに成長があります。

<hr />

2016/4/13 「カンタがスゴイこと言いだしました」
私が出張でホテルで泊まっていると、一通のメールが・・・
美恵先生から のメールです。そこには・・・

<hr />

2016/4/20 「カンタの山村留学に暗雲が・・・」
それまで、行く気満々だった「山村留学」。
体験合宿が近づいてくると、
カンタに迷いが出てきました。
カンタの山村留学に暗雲が・・・

<hr />

2016/4/27 「体験合宿で・・・」
山村留学の「体験合宿」で予想もしない出来事が・・・
衝撃を受けて帰って来たカンタが・・・



2016年3月放送


2016/3/2 「うまくいかないのが子育て 」
もしかして勘違いしてませんか?
「きっと比田井家の子育てはうまくいっているんでしょうね」と。
ところが・・・・、とんでもございません!


2016/3/9 「考えることより大切なこと」
子どもに幸せな人生を歩んでもらうために
大事な事は・・・
まず、親が幸せな人生を歩むことです。
そのために大切なことは・・・


2016/3/16 「決める」
大事なのは「考えること」より「決めること」。
面接試験で
「あなたはどんな人ですか?」と聞かれた時、
なんて答えます?
「決めている人」はきっとこう答えます。


2016/3/23「決めているから」
最近のキーワード「決める」が
やたらと私の周りにやってきます。
喜多川泰さんも、佐藤芳直師匠も、
「あんなこと」や「こんなこと」を言っています。
「決める」って本当に大事ですね。


2016/3/30 「ウエジョビの師匠が教えてくれたこと」
今年もウエジョビの師匠、佐藤芳直さんが
ウエジョビの入学式特別講演会にやってきます。
今年で12年目なんです。
なぜ、毎年、佐藤芳直師匠に来てほしいのか、
それは・・・



2016年2月放送


2016/2/3 「切っても生えるもの」
「切っても切っても生えてくるものって、なーんだ?」子供からの素朴ななぞなぞにも、子育てのヒントがあるのです!さてなーんだ?

2016/2/10 「備えあれば憂いなし?」
子供達は失敗から学ぶのです!その学びは大人からすると突拍子もない事かもしれませんが、「自ら学ぶ」事が大切なんです!!

2016/2/17 「子育ての結果は…」
子育ての目的はなんでしょうか?まずそこから考えると、どうやら「結果」を焦ってはいけないようです。「親の役割」を考えてみましょう。

2016/2/24 「天からの『預かりもの』」
佐藤芳直氏の一言に衝撃を受けました。「専門学校にとって学生は○○です。」この言葉の真実の意味は!!深い愛があるからこその一言だったのです!