すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

2017年3月放送


2017/3/1
今年のお正月にカンタが白石さんからお年玉を頂きました。
そのときに白石さんが
「いいか、カンタ、パァ~っと使え!」って言ったんです。
カンタ嬉しそうでしたよ。そして、ホントにパァ~っと使っちゃったんです。何に使ったかと言いますと・・・


2017/3/8
21年前に卒業した教え子のI君に久しぶりに会いました。彼は郵便局で保険の営業の仕事をしています。郵便局はこの21年間で大きく変わりました。彼が就職したときは国家公務員でした。現在は完全民営化です。ほかの卒業生から聞く話は「民営化になって大変だ・・・」というどちらかというと後ろ向きな言葉なんです。ところが、I君は「民営化のおかげで・・・」って言ってます。この違いはどこか・・・


2017/3/15
明日の3/16、カンタが小学校を卒業します。6年なんてアッという間ですね。思い出すの はあんなことや、こんなことです。


2017/3/22
今年のお正月に「山村留学」を続けるのか、帰ってくるのか・・・
家族会議を開きました。私と美恵先生は「せめて、もう1年続けてほしかったんです」それは、この1年の成長が凄かったからです。
ところが・・・


2017/3/29
今年も芳直師匠がウエジョビ入学式特別講演に来てくれます!
ほんと、今年で14年目なんですよ。今年はどんなお話をしてくれるのか、メチャメチャ楽しみなんです。



2017年2月放送


2017/2/1
コータロー君が起こした「奇跡の物語」第3週。
昨年は入ることができなかった比田井塾に
2年 目の今年、入塾したコータロー君の覚悟とは。


2017/2/8
コータロー物語の最終回
「自分をさらけ出す」ということの本当の意味が分かったコータロー君に怖いものはありません。
昨年はすべての面接試験で不合格になった彼が第一志望の公務員試験に合格しました。


2017/2/15
1月28日に白石さんの特別対談の公開収録をしました。
テレビ局のカメラが3社も来ましたからね!
そして、メチャメチャ盛り上がったんです。
これ、「リタイヤして帰ってきました」という
「残念な報告」なんですよ。でも、楽しいんです。


2017/2/22
1/28の特別対談のときに白石さんが言うんです。
「幸せな子を育てるんじゃなくて、幸せになれる子を育てるんです」と。



2017年1月放送


2017/1/4
リタイヤ後、白石康次郎さんがテレビの中継でこんなことも言いました。
なかなか、こんなこと言えないですよ!


2017/1/11
「マストが折れて3日間は僕、もう頑張れない・・・と思ったの」と
語る白石康次郎さんを「もう一度、頑張ろう!」と思わせてくれたのは・・・


2017/1/18
ウエジョビ比田井塾6期生のコータロー君が起こした「奇跡の物語」の始まりです。


2017/1/25
「コータロー君物語」の第2週。
プレッシャーで人は成長します。



2016年12月放送


2016/12/7
ヨットレースの世界最高峰「ヴァンデ・グローブ」
ついに白石康次郎さんがスタートです!
ヒダカズ副校長が、現地で観てきました!


2016/12/14
アジア人で初のヴァンデ・グローブ出場を
ついに白石康次郎さんが果たしました!
その瞬間、現地にいたヒダカズが アツく語ります!


2016/12/21
12月4日、白石康次郎さんのヨッ トのマストが前触れもなく折れました。
自力でケープタウンに入港した白石さんから私の携帯に留守電が入っていました。


2016/12/28
マストが折れてしまいリタイヤを決めた白石康次郎さんが
テレビの中継で言った言葉に私は感動しました。



2016年11月放送


2016/11/2
白石さんが
修業時代、師匠の多田さんと
ヨットに乗っていた時のことです。
白石さんは外であまりの寒さに
震えながら舵を握っていました。
「もう、我慢できない・・・」
そう思った白石さんが
船の中にいる多田師匠に
「ちょっと変わってもらえませんか・・・」
と言ったとき・・・
白石さんが観た光景は・・・
白石さん、その光景を観て
「この人には敵わない・・・」って思ったそうです。


2016/11/9
ヴァンデグローブ出場前、
白石さんはこんなことを言っていました。
「僕になにかあっ た時には、お経上げてくれって
 塩沼亮潤さんに頼もうと思って・・・」と。
これ、「縁起でもない」って思う人います。
でも、そういう 話をしているんじゃないんです。

※番組の中で出てくる対談番組はコチラ↓


2016/11/16
単独無寄港の世界一周ヨットレースの
ヴァンデグローブに出場する白石康次郎さん。
生きて帰ってこられる保証はありません。
そんなときに大事なことは・・・
最悪な状況になったとしても・・・
「そのときには、こうする」と決めておくこと。
決めたら安心して行くことができます。


2016/11/23
ついに白石さんがアジア人として初出場をする、
ヴァンデグローブのス タートを観てきました!
しかも、現地フランスにて
白石さんに初出演をして頂きました!
白石さんの生声、ぜひお聴きください!


2016/11/30
ヴァンデグローブ現地報告の始まりです!
レーススタートの2日前。
初めて白石さ んのヨットをこの目で観ました。
私の想像を超える大きさにビックリです。
しかも、白石さん、フランスで大人気な んです。
もう、凄いんですから!



2016年10月放送


2016/10/5
中学生の頃、まったく勉強をしなかった白石さんですが、
ついに、お父さんが学校に呼び出されます。
帰って来たお父さんに
「2・3発殴られるんじゃないか・・・」
と思っていた白石さんですが、
お父さんが言った言葉は・・・


2016/10/12
9/30のヴァンデグローブ壮行会で
白石康次郎さんが言ったのが・・・
「僕はみんな に会いたかったんです!」
この言葉が嬉しかったんです。


2016/10/19
中学時代、まったく勉強しなかった白石さんですが・・・。
3年生になると進路のことを考えなくてはいけないですよね。
そこで、白石さんが見つけてきたのが「三崎水産高校」です。
この学校、3年生になると卒業実習で船でハワイに行くんです。
「これだ!」と思った白石さんは進路の希望に「三崎水産高校」と書きます。ところが・・・


2016/10/26
中学時代とうって変わって、
勉強も頑張った白石さんは優等生でした。
数々の大手海運会社から声がかかります。
でも、白石さんがしたかったのは
大企業に就職することではありませんでした。



2016年9月放送


2016/9/7 「必然にしていくんだよ」
白石さんが7月に一時帰国した際、
ウエジョビで撮った特別対談のときに、
白石さんがポロッといった言葉。
「必然にしていくんだよね」
この言葉が深いです。


2016/9/14 「取り返しのつかないことを 」
女子レスリング吉田選手の試合後のインタビュー観ました?
私、あのインタビュー観て感動したんです。


2016/9/21 「この目で確かめたい」
幼少期の白石さんのお話、
多分、知らない人多いと思います。
白石さんがどんな環境の中で育ったか・・・
そして、その環境が今の白石さんを作っています。


2016/9/28 「理不尽な環境 」
やっぱり、これですよ!
今の白石さんを作っているのは紛れもなく
幼少期の「理不尽な環境」です。




2016年8月放送


2016/8/3 「すべては必然」
私が言いたいのは、
高橋君が今、イキイキ働いていられるのは、
食堂のアルバイトで元気よく、
ハキハキ頑張っていたからではありません。
すべての出来事に意味があって、
必要だからやってくるんです。
ということを言いたんです。


2016/8/10 「カンタおかえり!」
夏休みに入り、
カンタが山村留学先から帰って来たんです。
その成長ぶりに驚きました。
お風 呂で「勉強の方はどうだ?」の質問に
「ぼく、社会が好きなの!」から意外な展開が・・・


2016/8/17 「鳴かぬなら自分が変わろうホトトギス 」
戦国武将の性格を表したあの言葉。
「鳴かぬなら〇〇〇〇、ホトトギス」
カンタに
「カンタだったらなんて言う?」と聞くと
「う~ん・・・、
 鳴かぬなら僕がかわろうホトトギス」って言ったんです。
「んっ?、それはホトトギスの代わりに鳴くってこと?」と聞くと、
「違う違う!そういう意味じゃなくて・・・」とカンタ。


2016/8/24 「人生は計算通りにいく 」
白石康次郎さん曰く、
「人生は思い通りになる」
「人生は計算通りになる」
もしも、思い通りにいかないとしたら、
もしも、計算通りにいかないとしたら、
それは・・・・


2016/8/31 「オリンピックに3週間の準備で出るようなもの」
白石さんが世界一周ヨットレース最高峰「ヴァンデ・グローブ」に出場するための条件は「ニューヨーク・ヴァンデ」で規定時間内で完走すること。
このレースに白石さんはたった3週間の準備で出場したんです。
「一生に一度でいいから、大西洋をヨットで横断したい・・・」というヨット乗りもたくさんいます。
ほ かの選手たちだって1年、
2年かけて準備をして出場しています。
そんなレースに白石さんは3週間で出場して、
見事、7位でゴールしました。



2016年7月放送


2016/7/6 「もの凄いプレッシャーでした 」
世界一周ヨットレースの最高峰「ヴァンデ・グローブ」に
やっと出場が決まった白石さんの言葉。
「正直に申し上げます。
 もの凄いプレッシャーでした・・・
 もしも失敗したら・・・
 億ものお金、僕には弁償なんてできないぞ・・・」


2016/7/13 「人生の主導権をにぎる 」
白石さんのヨット世界一周を「自分のレース」にする
とっておきの方法があります。


2016/7/20 「公務員にはなれなかった高橋君 」
ウエジョビ比田井塾で頑張っていた塾生が
久しぶりにやってきました。
彼は公務員試験を目指して頑張っていたのですが、
残念ながら公務員にはなれませんでした。
その彼が3年ぶりにウエジョビにやって来たんです。


2016/7/27 「ほとんど、ひきこもりの高橋君が・・ ・」
3年前にウエジョビを卒業したときには
就職も決まらず、ほとんどひきこもり状態だった高橋君が
イキイキした顔で、別人のようになって
ウエジョビに来てくれたんです。



2016年6月放送


2016/6/1 「うまくいかないのが、いい経験」
山村留学に行ったカンタが
学校で「うまくいっていない・・・」って言うんです。


2016/6/8 「ラジオやっててホントによかった」
カンタの山村留学先の小学校のPTA総会に 行って来ました。
そこで、「ラジオやっててホントに良かった」って思ったんです。


2016/6/15 「お金儲けの話なんて書いてないんです 」
海洋冒険家 白石康次郎さんのお話です。
企画書には「お金儲けの話」なんて一言も書いてないんです。
なのに、なぜ、白石さんに「3億出す!」と言ってくれる人がいるんでしょうか?


2016/6/22 「神に祈るのではなく、神を祈る」
海洋冒険家 白石康次郎さんの名言
「神に祈る」のではなく「神を祈る」の真意は・・・


2016/6/29 「6年かけて夢が叶いました 」
私の6年越しの夢が叶いました!
6年ですよ!6年。
夢って叶うものですね。