すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

2020年10月放送


2020/10/7
白石康次郎さんとのオンライン対談で、私のメルマガ読者からの質問を聞きました。「人を羨む気持ちから解放されたいのですが、その考え方、方法が見えてきません。人を羨む気持ちについてどうお考えになりますか?」この質問に対する白石さんの答えは・・・


2020/10/14
海洋冒険家の白石康次郎さんとのオンライン対談での質問「どうしたら人を羨む気持ちから解放されますか?」の質問に白石さんは「なんで、人を羨んじゃいけないんですか?」って言ったんです。大事なことは自分を責めないことです。


2020/10/21
海洋冒険家の白石康次郎さんがオンライン対談で言ってました。「どうしたら白石さんのように幸せになれますか?っていう質問が一番困るんだよね 。だって、おれ、何かを克服して幸せになったんじゃないから、それが一番困るんだよね。」と。でもひとつだけ、白石さんの中に理由があります。


2020/10/28
海洋冒険家の白石康次郎さんとのオンライン対談で次の質問。「白石さんは過去、このまま死んでしまうかもしれないという体験を何度もしたことがあると思います。そんなとき、白石さんは何を考え、何を感じていましたか?」そんな質問です。


2020年9月放送


2020/9/2
佐藤勲先生が亡くなったその3日後、奥様の昌子先生が亡くなりまし た。これは不幸が重なったのではなくて私からすれば「見事な最期」なんです。


2020/9/9
コロナ自粛の真っただ中の5月、海洋冒険家の白石康次郎さんがフランスから日本に帰ってきているという情報をキャッチしまして、もう居ても立ってもいられなかったんです。オンライン対談をお願いしたんです。


2020/9/16
4年前無念のリタイヤをした世界一周ヨットレ ースの最高峰「ヴァンデ・グローブ」に最新艇をひっさげて再挑戦するはずだった白石康次郎さん。「もしかしたら、コロナの影響で中止になるかもしれない」という状況になったとき、正直、白石さんはどう思ったのか・・・私はどうしても聞きたかったんです。


2020/9/23
海洋冒険家の白石康次郎さんと出会って10年。白石さんの周りで、あんなことや、こんなこと。いろんなことが起きたんです。


2020/9/30
海洋冒険家の白石康次郎さんの周りで起きた「思うようにいかないこと」が白石さんの器を大きくしました。


2020年8月放送


2020/8/5
ついに「カンタ受験物語」、完結です。カンタにはずぅ~っと言ってきたんです。「どんな結果になろうとそれはカンタにとって『最高の結果』にしかならないんだから安心して頑張りなさい」と。その『最高の結果』とは、決して カンタにとって「都合のいい結果」という意味ではありません。


2020/8/12
カンタが第一志望の高校に不合格になった翌日、木下晴弘師匠にたまたま会ったんです。そんなタイミングだったのでどうしても聞きたいことがあったんです。「木下さんは塾講師時代、不合格になった子ども達にどんな言葉をかけたんですか?」その答えが、私の想像をはるかに超える答えだったんです。


2020/8/19
挫折をした子を一晩で蘇らせる唯一の方法は「未練を断ち切って」「恐怖心を払拭し」「闘争心を植え付ける」これしかありません。木下晴弘師匠に教えて頂きました。


2020/8/26
「この人を喜ばせたい」。そんな人がいたら幸せですよね。私にはいました。


2020年7月放送


2020/7/1
【カンタ受験物語⑥】私がカンタにこの「受験」で経験して欲しかったのは「なにか一つのことを真剣にやる」という経験です。


2020/7/8
【カンタ受験物語⑦】併願の私立高校合格をきっかけに、カンタが「あの高校」を受けるって言いだしたんです。合格できる可能性はかなり低いです。それでも「受ける!」って言ったんです。こ れが嬉しかったです。


2020/7/15
【カンタ受験物語⑧】予め祝うと書いて「予祝(よしゅく)」と読みます。この予祝の効果は絶大でした。


2020/7/22
【カンタ受験物語⑨】合格発表の朝、やけに早起きして「緊張するぅ~」と言いながら、なぜか上田公園に出かけて行ったカンタ。


2020/7/29
【カンタ受験物語⑩】第一志望不合格の結果をきいて私が一日中考えていたのは「帰ったらなんて声をかけよう」です。家に帰り、今のドアを開けてカンタの様子を観ると・・・、驚きでした。


2020年6月放送


2020/6/3
【カンタ受験物語②】だいぶ勉強の方はできるようになったカンタですが、相変わらず「高校に行くかどうかは決めていな」と言っているカンタ。我が家では「高校に行かないなら家を出て働く」ということになってましたのでカンタもそのつもりだったようです。


2020/6/10
【カンタ受験物語③】中二の頃「高校に行くかどうかわからない」と言っていたカンタですが、私は「それはそれで面白い」って思っていたんです。


2020/6/17
【カンタ受験物語④】結局、普通に高校受験をすることになったカンタですが、せっかく受験をするのであれば、最高の機会にしたいんです。挑戦して欲しいんです。だったら、目指すは「あの高校」です。


2020/6/24
【カンタ受験物語⑤】「受ける高校は自分で決める」と言い張るカンタに三者面談で衝撃の事実が起こります。


2020年5月放送


2020/5/6
3年前に中学生になった息子のカンタですが、この3年間、ほとんど、この番組でカンタのことを話さなかったのには理由があります。その理由とは・・・お話しできるようなネタがなかったんです。逆にラジオではとても話せいないようなことはたくさんありました(笑)


2020/5/13
中学生になって部活もなにもやらないカンタが唯一、本気を出したことがあります。


2020/5/20
カンタが中学時代、唯一情熱をそそいだのが「アルミ缶集め」です。でも情熱を注いだことって、「学び」があるんです。ただ・・・親としては他のところにもエネルギーを注いで欲しいわけです。


2020/5/27
【カンタ受験物語①】中学に入ってまったく勉強をせずに定期テストを受けたカンタですが、大変なことになったんです。


2020年4月放送


2020/4/1
コロナが悪いんじゃないんです。コロナの影響で自分の「心の主導権」を手放してしまうことがもったいないんです。


2020/4/8
この番組3/18の収録なんです。この時点でウエジョビの入学式ができるかどうか、決まっていないんです。こんな先行きが不透明な時、大事なことは・・・


2020/4/15
私の人生の師匠の佐藤芳直さんの言葉です。「日常は準備の時。非常時は学びの時」。こんなときだからこそ、沁みる言葉です。


2020/4/22
非常時にこそ人間の本性(ほんせい)がでてくる。忙しい時、苦しい時、辛い時、恐い時、大変な時のあなたの振る舞いが本当のあなたです。


2020/4/29
ある日、木下晴弘師匠が電車に乗っていると、突然、急ブレーキがかかりました。そのとき車内で起きた心温まる光景とは・・・。


2020年3月放送


2020/3/4
なぜ、スター選手をたくさんそろえても優勝できないのか・・・


2020/3/11
日本一になるためには「3つの条件」が必要です。一つ目は「実力」。二つ目は「チームワーク」。この二つが揃えば、リーグ優勝はできます。でも、この二つだけでは「日本一」にはなれません。「日本一」になるための最後の条件、それは・・・「運」です。


2020/3/18
日本一になるための最後の条件が「運」です。では「運」を良くするための練習とは・・・


2020/3/25
コロナウィルスで怖いのは「空気感染」です。といっても、ウィルスの「空気感染」ではあ
りません。この「重い空気」の「感染」です。


2020年2月放送


2020/2/5
先週の続きです。中村文昭さん、こう言ってました。「かけられた言葉で、心はできる。だからと言って親を怨んだらいけないよ。きっとその親も、そういう言葉をかけられて育ったのかもしれないから・・・、大事なのはこれからみんなが使う言葉。」


2020/2/12
木下晴弘師匠の「直観」に感謝です!


2020/2/19
「日本一弱いチーム」と「世界一強いチーム」はなにもかもが違っていた。


2020/2/26
NYヤンキースがなぜ強いのか・・・それは「全員で世界一を目指しているから」と先日お伝えしました。この「全員」というのは1軍の選手だけじゃないんです。なんと、8軍に入団する選手が「目標は世界一です」って言うんです。


2020年1月放送


2020/1/1
6年ぶりの元旦の放送です!先週の続きです。ディズニーランドのキャス
トは本質を見抜きました。これを見誤ると・・・


2020/1/8
2019.10.14の「ココロの授業講演会」で木下晴弘師匠は「豊かな人生を歩むために持つべき二つの視点」というお話をしてくれまし
た。今日はまず一つ目。「願望に惑わされず、自然界の法則に従う」です。


2020/1/15
「自然界の法則に従う」って大事です。子育てなんてなおさらです。


2020/1/22
今日は「豊かな人生」を歩むための「二つ目の視点」、「現象に惑わされず本質を見抜く」です。


2020/1/29
人は食べたもので体ができ、聞かされた言葉で心ができ、吐き出した言葉で未来ができる。