すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科は、9月の本試験に向けてラストスパートに入りました。授業時間だけでなく、朝や放課後も、教室や自習室で頑張っている学生たちがたくさんいます。

そんな中ですが、先週の日曜日に、私は剣道の六段審査を受験しに、遠く青森まで行ってきました。(剣道の六・七段審査会は春と夏と秋に行われ、今夏の開催地は青森市でした。)

初めて受験したのが一昨年の11月。そこから2年弱。6回目のチェレンジで、ようやく合格をいただくことができました。

始めて受験した時は、わけがわからないまま、緊張する時間もなく、あっという間に終わってしまいました。2回目以降は始まる前にいろいろ考えすぎて、普段通りの剣道ができずに悔しい思いをしてきました。

今回は、「いつも練習でやっていることをやる」という気持ちで審査に臨みました。自分の出番を待つ間は緊張しましたが、始まってしまうと集中して思い切りやることができました。先週、山極先生からハッパをかけられたのが効いたのだと思います。遠くまで来たかいがあった…とほっとしています。

ここまでくるのに、剣道の先生方や稽古仲間、子どもたち、そして、ウエジョビの先生方、学生たち、本当にたくさんの方々のお力添えをいただきました。感謝の気持ちで一杯です。

 

公務員科の学生たちも、試験で実力を出し切れるよう、毎日必死で努力しています。努力をすればするほど、プレッシャーも大きくなっていくのだと思います。そのプレッシャーに打ち勝って、本番で力を発揮してきてほしいと願っています。