すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

休みが明けて出ていくと、先生方や学生さん達から「きのう良かったですね」とか「残念でしたね」と声をかけてもらえる日常。先週末も、サッカーJ2リーグ松本山雅FCのサポーターとして松本市アルウィンでツエーゲン金沢戦に参戦してきました。

自宅を出発する前に、家の車に山雅のマグネットをピタリ。軽ですが、これで立派な「山雅カー」。

上田市街を抜けて、三才山を越え、多少遠回りながら景色最高!の梓川沿いを1時間半かけてドライブしていくとアルウィンが姿を現します。

アルウィン到着。試合開始の3時間前ですが、もう人がいっぱい。今日はいい天気なので、原っぱにシートを広げたりしてのんびりお昼しています。毎回、いろいろなイベントもあって、今回は対戦相手金沢にちなんで金沢の老舗和菓子店の出店もあるみたいでしたので、イベント広場にも行ってみました。

スタジアムグルメのお店も毎回30店以上は出店があり、毎週末お祭りの雰囲気です。今日は地元食材を使用のソフトクリームを楽しんじゃいました。上品な甘さで幸せ感アップですが、お天気のせいか溶けるのが早い早い・・・

そして、毎回、公式グッズの新商品が発売されるので売店もチェック! 今回は、会員カードと小銭も入る(サポーターの意見で作られたそうな)チケットホルダーを購入しました。これを首に下げて、またアウェィも行きますよ。

そして、試合のたびにテーマが設定されていて、今日は「母の日」。いろいろな企画のひとつに「Let‘s お母さんありがとうメッセージを募集」というものがあり、PCからチャチャッと応募したところ、今シーズンから導入された北側ゴール裏のLED看板にメッセージを流してもらえました。一緒に観戦した母に喜んでもらえました。

試合前に、スタジアム内をパチリ。今日の入場者は11,333人でしたが、うち800人がツエーゲン金沢のサポーターの皆さんでした。赤いユニフォームが映えて、応援も印象に残るメロディのチャントと迫力ある大きな声。

今日の試合は、やることやることうまくゆき、ケチャップドバドバの5-0での歴史的大勝。相手の選手が、スタジアムみんなで応援し、また、ピッチがとても近い専用スタジアムならではの緑のサポーターの圧力に多少動揺があったそうで・・・力になれてよかったです。得点するたびにタオルマフラーを回すのですが、ぜいたくなことに、腕が疲れた・・・ちょっと鍛えないといけないかもしれません。

勝てた試合の最後は、ゴール裏の皆さんがぎゅっと集まって肩を組み、挨拶に来た選手たちと一緒に踊る「アルプス一万尺」。今日もこれが見れて楽しいアルウィンな一日が終了。

また一週間がんばれます。