すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

突然ですが、うちの小学三年生と一年生の子供たちが最近わりと熱心に取り組んでいるのが漢字です。

もちろん小学校で勉強しているので最近もなにもないのですが、とにかく熱心なのです。

一応きっかけがあって、どうもテレビで「アーモンド」の漢字表記というのをみたそうで、こんなものにも漢字があるのか、と感激したみたいです。

ということで、お正月にツタヤへ漢字辞典を買いに行くことになりました。

ただもともとがそういう珍しい漢字をもっと知りたいという動機だったので、そういう本を探したのですが残念ながら見つからず、仕方がないので「お前にアーモンドはまだ早い!」と言って、小学生用の普通の漢字辞典を買いました。

思ってたのとはちょっと違ったのですが、それでも知らない漢字がたくさんあってなかなか面白いみたいです。

そんな漢字の参考書業界に衝撃的な本が発売されたのを皆さんはご存知でしょうか?

それがこれです!

その名も「うんこ漢字ドリル」。

コンセプトは単純明快です。漢字の例文に必ず「うんこ」という単語を入れるというもの。それによってこれまで漢字練習が嫌いで仕方なかった子が、とても楽しそうに勉強をするようになる、という魔法のようなドリルなのです。

写真は私の父がお正月のおみやげに買ってきたものなのですが、確かに一つの漢字につき例文が三つあって、そのすべてに必ず「うんこ」が入っていました。

その内容のばかばかしさと、その裏に隠れた仕事に対する探究心に感銘を受けました。私も仕事で授業をしているものとして、「もっと学生に分かりやすい授業を!そのためにはうんこを使うことも辞さない!!」という新年の決意をするなど、とにかく刺激を受けました。

というわけで最近家ではみんなで漢字練習をしています。

何事も日々研鑽ですね。ところで、「アーモンド」は漢字で「扁桃」と書くそうですよ。