すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科 山極先生が書きました 〇〇の秋


秋もいよいよ深まってまいりました~☆

矢野先生!

丸山先生!

「食欲の秋」もいいんですが、

秋と言ったらやっぱり「筋トレの秋」でしょっ!

 

警察・消防コース3組の担任として、ぷよぷよの肉体は許されません!

ですので、10年ぶりに現役に復帰しました!

そうなんです!

わたくしサッカー選手なんです!

バリバリの現役シニアリーガーなんです!

でも、走り回る肉体を維持するためには、筋トレは欠かせません。

そこで、最近秘密兵器を入手したんです!

バ~~~ン!

ぶるぶるシェイプダンベル~☆

ただのダンベルじゃありませんよ~♪

側面にスイッチがありまして、

ポチッと押しますと、

ピカッと数字が点灯します。

さらにスイッチをポチッと押しますと、

こんな感じで、

ブルブル~☆

さらにブルブル~☆

これでわたくしもモリモリ~☆

先日、今シーズンのシニアリーグは終了しましたので、

来シーズンに向けて、ブルブル頑張っちゃいます!

さぁ、矢野先生もご一緒に~っ!



受付事務 平野先生が書きました「絵付けに挑戦!」


今日もまた寒いですね!
日が落ちるのもどんどん早くなって、もうすっかり秋。
今日は芸術の秋におすすめなスポットをご紹介します。

先日、中野市にある「日本土人形資料館」に行ってきました。
中野市は、江戸時代末期から継承されている「中野人形」と
明治時代に創始された「立ヶ花人形」、

この二つの系統の土人形が、
昔ながらの伝統技法で今現在も制作されているという
大変珍しい土地だそうで、
「土人形の里」と呼ばれているんだそうです。

資料館には、中野の土人形の他に日本各地の土人形も展示してあって、
それぞれの違いが面白かったです。(写真がなくてすみません…)

さて、こちらの資料館では、土人形の絵付け体験が出来ます。


この体験の為に来る観光客の方も多いのだそうで、

実は私も、これを目当てに行ってきたのでした(*^O^*)

 

まず、絵付け前の土人形の中から好きな形を選びます。

招き猫や福助などなどたくさん種類があり、
迷って悩んで「戌」を選びました。左がお借りした塗りのお手本。

準備していただいた絵の具を直接土人形に塗っていくのですが、
細かくてなかなか難しく…
はみ出したり、まだ乾かない絵の具を触ってしまったり(*_*)
集中して黙々と塗ること約40分…

完成したのがこちら!

自由に塗ってOKということだったので、
先代のうちの犬をモデルに塗ってみました~(*^_^*)
なかなかかわいく出来ました♪

オプションで購入したミニ畳の上にのせて、部屋に飾っています。

お手軽価格で気軽に楽しめる絵付け体験、
おすすめです(*^O^*)♪



公務員科 北原準司先生が書きました。 伝統の秋


みなさんこんにちは。だいぶ寒くなってきましたね。

みなさん体調には気をつけてください。

 さて、10月8日には、私の住む千曲市の新田という地区で秋の例大祭が行われました。お祭りは毎年、春と秋の2回行われるのですが、毎回朝5時過ぎの伊勢社の掃除&のぼり立てから始まります。秋のお祭りには、子どもたちはお神輿をかついで地区を練り歩いた後、相撲大会があり、そして、我々は      じゃーん。

 神楽です!

 各家庭を回って獅子舞を舞うのですが、これが結構体力を使うのです。まだまだ一人前に舞えるわけではないのですが、一生懸命に舞います。普段はあまり会うことのない地域の皆さんとも出会える楽しい一日です。

 写真は、近所で小さいころから本当にお世話になっているおばちゃんです。おばちゃんにも久しぶりに会いました。いつ会っても「じゅんちゃん」です。

 一緒に写っているのは小学生からの同級生と先輩。1年に2回のことですが、昔からの仲間や地域の方々と話ができるのが嬉しいですね。子どもたちの相撲も大盛り上がりでした。応援に一生懸命で写真を撮り忘れてしまいましたが・・・・。

 公務員となっていった卒業生たちも、それぞれの立場で地域の活動に参加しているようです。地域の活動、大切にしたいですね。



ビジネス・プロコース 丸山先生が書きました。「行動に導く」


秋ですね。

でもここ数年、極端に暑い日と寒い日が目立って、
「春」や「秋」のちょうど過ごしやすい気候が
なくなってしまったような気がしませんか?

さて。

先日、各コースの1年生たちは
初めての「個人プレゼン発表」に挑戦しました。
課題は「みんなの知らない〇〇の世界」。
自分が熱く語れる大好きなことについて
みんなに伝える・・・というものです。

その中で、医療1年のある学生さんが、
大好きなハンバーガーについて発表してくれました。

おいしいハンバーガーが食べられるお店は軽井沢にあるとのこと。
発表を一緒に聴いていた担任の千波先生と、

「軽井沢ですって。近いですよね。これは行くしかありませんね。」

というわけで、行ってきました!
学生さんがおすすめしてくれたハンバーガーショップに!
ハワイに本店があり、現在は全世界で35店舗あるお店だそうです。
軽井沢には頻繁に行っていましたが、今回初めて入ってみました。

どれにしようか迷いましたが…。
千波先生はアボカドとチーズのバーガー、


私はベーコンとチェダーチーズのバーガーをチョイス。

せっかくなので、アップでお見せいたします。

中高年の仲間入りをした私たちの胃袋が
果たしてこのボリュームに耐えられるのか?!と
少々心配になりましたが、大丈夫でした。
完食!おいしくいただきました。

私たちが目指すプレゼンテーションは、
「聴いている人を自分の話で行動に導くこと」。

医療1年のSさん!あなたのプレゼンで
私と千波先生は食べに行きましたよ!
ごちそうさまでした^^

(後日…。肉好きのグルメ王、甘利先生に
「なんで誘ってくれなかったんですかっ!」と
叱られてしまいました。すみませんでした・・・。)



公務員科 金森先生が書きました。 立山黒部アルペンルート


お休みを利用して、以前から行ってみたいと思っていた「立山黒部アルペンルート」に行ってきました。

学生時代、毎日、日本海側から立山の山並みを見て暮らしていたのですが、とうとう一度も訪れる機会がなく、ずっと「いつか行ってみよう」と思っていました。(実は9月のシルバーウィークに計画を立てたのですが、都合がつかず、延期になっていました。)

それが、先週NHKの某番組で放送されているのを見て、いてもたってもいられず…

連休最終日で行楽日和、さらにテレビの影響もあってか、大賑わいでした。

① まずは扇沢から黒部ダム駅まで、ダム建設のために掘られたトンネルを「トロリーバス」で15分。

トロリーバスは電気で動くバスで、上部の架線から電力の供給を受けて走る、一種の“電車”です。来年には役目を終えて、新しい電気自動車にバトンタッチするそうです。

そして、バスを降りて220段の階段を登りきると…こんなド迫力の場所に。

② ダムを渡って、次は黒部ダム駅から黒部湖駅までケーブルカーで約5分。

これもトンネルの中を進みます。最大斜度は30度、ものすごい急角度です。

 

③ 最後は、モノレールに揺られて「大観峰」へ。

奥立山連峰と、紅葉がとてもきれいでした。

本当は、さらにトンネルをくぐって富山県側の室堂まで行ってみたかったのですが、時間がなかったので、残念ながらここで引き返しました。

それにしても、トンネルやダムを造るのに、どれだけの労力とお金を費やしたのでしょうか。ものすごい苦労があったのだと思います。日本人のパワーの凄さに改めて感動しました。

 

さて、公務員科は前期の授業と公務員試験(一次試験)が終わり、現在は遅い夏休み中です。学生たちは毎日学校にやって来て、今週から始まる2次試験にむけて、面接カードの作成と面接の練習を頑張っています。みんなが頑張ったおかげで、お休み中も大忙し。うれしい悲鳴です。なんとか2次試験を突破して、最終合格を勝ち取ってきてほしいです!!



情報処理科 堀先生が書きました。 挑戦しよう!


子供が大きくなると部活や習い事で忙しくなって、休みなんてなくなるよなんていうことを様々な先輩方から聞いてはいたのですが、まあまだ先かな、なんて思っていました。

それが最近はまさにそんな感じです。

始めは上の子がバレエを習いたいと言い出したので、軽い気持ちでやらせたら本人もどんどんのめりこんで、今では週5日で通っています。

そして2番目の子も最近サッカーチームに入りました。

これが週2日で、もう送り迎えだけでも大変です。

ただ、そうやって何かに挑戦し、壁にぶつかって、そこから努力して乗り越えるという経験は、精神的にものすごく大きな成長をもたらすというのを、子供たちを間近に見る中で強く感じました。

そしてそれはもちろん子供だけの話ではなく、私たちにも共通することだと思います。

ネットワークエンジニアコースの学生たちは、今度の日曜日に国家試験である基本情報技術者試験を受験します。

これは、国家試験だけあって、合格率が2割台と、とても難しい試験です。

ただ、挑戦するというのはとても大切なことです。

日曜日に向けて、残って勉強している学生がいました。

また、こちらは、実習室にて過去問練習ソフトで勉強です。

みんなここまでよく頑張ってきました。

合格を目指して最大限の努力をし、挑戦することが、結果以上に大きな意味を持つと考えています。

日曜日は全力を出し切れるよう祈っています!



受付事務 櫻井先生が書きました。 招き猫発祥の地へ!


季節はもうすっかり秋めいてきましたね。

旅行の秋ということで、大河ドラマ『おんな城主 直虎』で描かれている井伊家の
菩提寺「豪徳寺」(東京都世田谷)へ行ってきました。

大河も、俳優の菅田将暉さんが井伊直政役として出てきてからは、
さらにおもしろくなっているので、真田丸が終わった今でも相変わらず毎週観ています。

境内の中には、歴代井伊家のお墓もあり、日本史の授業で必ず覚えさせられる
「井伊直弼」のお墓もあったので、お参りしてきました。
(忘れてしまった人はどんな人か復習しましょう!笑)

そして、実はこの豪徳寺、「招き猫発祥の地」としても有名なのです。
(招き猫の由来は諸説ありなので、他にも招き猫のスポットは沢山あります)

江戸時代、彦根藩第2代藩主・井伊直孝(大河ドラマで菅田将暉さん演じる井伊直政の次男)は、鷹狩りの帰りに偶然通りかかった豪徳寺の入り口で、寺の飼い猫であった白い猫が手招いているように見えたのでそのお寺に立ち寄ったそうです。
すると直後に夕立になり、直孝は「猫のおかげで雨に寝れずに済んだ」と大喜び。
(猫に招かれた後にそれまで直孝が休憩していた木に雷が落ちたので命拾いをしたという別話も)
後日、直孝は荒れていた豪徳寺を建て直すために多くの寄進をし、お寺を再興させました。
その縁から豪徳寺は井伊家の菩提寺になり、お寺には招猫観音を祀る「招猫殿」を置き、代々猫を祀ってきたそうです。

 

ということで境内の中には招き猫がずらり!!!
まさに猫まみれ!!!

山門をくぐってすぐの三重塔も、、、

よーーーーく目をこらして見ると猫がいます!

猫好きな私にはたまらない光景です(^^)
お寺では、招き猫を購入できるので一番かわいい最小の招き猫を購入。

招き猫を奉納するタイミングは、人それぞれだそうで、その場で奉納する人もいれば、願い事が叶ってから奉納する人もいるそうです。

ゆるキャラで有名な「ひこにゃん」もこれらの猫をモデルにしているそうですよ!

猫好きの方は、ぜひ東京に行った際は、豪徳寺に寄って猫まみれを体験してきてくださいね!



情報処理科武井先生が書きました 月刊野菜通信ー秋が来ましたー


実りの秋がやってきました。今年のキノコは不作のようです。久しぶりに山に入りましたらリコボウ(イグチ)が黄色い頭をのぞかせていました。野菜と一緒に地粉うどんで煮込むとおいしい「ブチイレ」ができます。秋の味覚です(^^)。

夏に植えたジャガイモがやっと育って、大きな葉を茂らせてくれました。もう少しで花が咲いて収穫です。高地なので霜が心配ですが何とか頑張ってほしいものです。

白菜君は100株ばかりもりもり大きくなっています。11月中頃に収穫できると思います。いろんな方面にお送りできればと思います。もうしばらくお待ちください。

大根は今年もおでん専用の「おでん娘」が100本ほど元気に育っています。まだ小さいですが寒くなって霜の降りる頃収穫できます。おでん専用の人気大根です。楽しみですね(^_-)。また、かわいい赤かぶの「もものすけ」も50本ばかり育っています(*^_^*)。

田んぼの「モチヒカリ」(もち米)がちょうど稲刈り時期になりました。

手刈りにチャレンジ!!

1日かけて何とか完了しました。ハゼかけをしてビニールをかけて10日ほどして脱穀です。お正月のモチになります。これで約50kgです。いろんなところにお配りします(^^♪。

さて、学校の情報処理科では、15日の情報処理国家試験に向けて最後の追い込みに入りました。大変ですが、頑張ってたくさん合格してほしいものです。フレー\(^o^)/フレー\(^o^)/ネットワークエンジニアコース!!



公務員科 福村先生が書きました。「思い切って気障を徹底してみた…」


私は授業(政治経済担当)で殆ど板書をしません。でも大丈夫。
「今までの試験で政経は全て取れました」と学生からのコメント。

先日行ってきた2日間の研修。
「ライフスキル教育プログラム」のワークショップでした。
その研修は主に椅子のみを円状にし、何も持たずに行われました。
ここでもほぼ板書なしのポイントを押さえた講義と参加型の形式で
一瞬たりとも退屈することなく、
しかも参加者に家族的な絆が生まれるこれまでにない研修でした。
こちらは「アンガーマネジメント」をまとめた私のグループの仲間たちです。

素敵な人柄が滲み出てますね。
前日にも力合わせて「最近の若者」について共に創作したグループがあったのですが、
写真を撮る時間がなく(とってもまとまったメンバーだったので悔やまれます…)。
もっともっと進化できると確信した研修でした!

この機会を提供して下さったライオンズクラブ国際協会の皆様をはじめ、
軽井沢中学校の田中校長、コーチングでご一緒させて頂いた竹内正美先生、
屋代高校の福島哲夫先生、急な参加申し込みにつき私に代わって手続きをして頂いた
当校の美恵校長…多くの皆様に感謝して止みません。
明日にも、いや毎日会いたくなるような人たちばかり…。
たったの2日間接しただけなのにこんな感情を抱かされました。
人間関係形成の観点から、
この感情を抱かせることがこの研修の目的のひとつであったように思います。

さて、公務員科の学生たちは走り続けた半年間を終え、
長期休暇に入っています。
そこで私も休みを使って、若い頃は殆ど行かなかった
中学・高校を過ごした場所へ向かいました。
私は東京葛飾で生まれ千葉で育ち、その後も転々としてきたので
故郷と明確に言える場所はありませんが、
思春期を過ごした場所には想い出がたくさん残っています。
かつてはちょっと歩くと青々とした木々がたくさん。
そして、水辺にはミズカマキリやサワガニ等も生息していました。
現在は利便性を追求し、中・高を過ごした家の周囲は駐車場や多くの店に変わっています。
それでもちょっと歩くと自然の緑が…。
都市部のビル街や人込みも全く嫌でない私ですが、この緑には癒されました。

そこで、緑をバックに生まれて初めての自撮り!(↓周辺加工後・(笑))

余程気分が高まっていたのかも知れません(笑)。
顔が大き過ぎ…。自撮りってそういうもの?
メガネ外したせいか視線も微妙にズレてるし…。
因みに、写真デザインはこういうのに長けている卒業生にお任せ。
(ただ、丸山先生からロザリアン・キャラを設定されているので
それは入れるようにお願いし)
実は9/15(金)の山極先生の日記の顔のドアップにはまってしまい、
それに対抗してしまったというところが大きいのですが…。
(他にも理由はあるのですが、またの機会に)
そして、清水先生の「文章理解」の授業で「気障(キザ)」を説明するときに、
光栄なことに?私を例として使って下さっているので
もうキャラ(役割)を徹底してこんな感じに(笑)。
不快感を覚えた方…申し訳ございません。

でも、これまであえてSNSを利用してこなかったのですが、
なんか「Instagram」とかちょっと興味が出てきたものの
やるならそれなりの意義がなければ…と思うとやはりやらないかな。

話を戻すと、役人時代の私の主な仕事は「都市計画街路」担当。
先月の下旬に立派な橋と道が開通していました。

公務員の仕事って幅広く、大変なことも多いけど、
生活基盤を支えるかけがえのない仕事であると改めて感じました。
学生たちにも形式的でない、国民或いは地域住民への奉仕の精神を
いつまでも忘れることなく職務に励んで頂きたいと思った次第です。
(初心を忘れず貫くことは、実は簡単にはできないこと。
惰性化したり、意欲を失ったり…そんな時は母校に。)
そのために、今、学生たちは普段が出る面接試験に挑むところ。
ここまできたら何をしたら良いのでしょう?
私は、皆を笑顔で送り出せるよう、力添えをしたいと思います。
例えば…漠然とした未来への不安を軽くしてあげたりとかね…。



医療秘書コース 千波先生が書きました 今年もまた…


今年も行ってきました。千曲荘病院の病院祭へ。

卒業生がお世話になり、在校生もボランティアでお世話になり、病院祭へ行くのが私の毎年の恒例行事となってます。

今年も2年生がボランティアに参加させてもらいました。

駐車場係や風船配りなど、みんなしっかり働いてました。病院行事に関わることができて、良い体験ができたんじゃないかな、と思います。

病院祭ではスタンプラリーも行っていて、今年も挑戦してきました。毎年やっているので、スタンプを見つけるのもお手の物です。

スタンプを集めると、最後にプレゼントがもらえます。それを姪っ子と甥っ子にお土産に持って帰るのが、私の使命なのです。今年も無事にお土産を手に入れました。

そして最後のチクマンジャーショー。

今年も頑張って悪を倒していましたよ。このショーを見るのも毎年の恒例です。

この日は働いている卒業生にも会え、病院祭に来ていた卒業生にも偶然会うことができ、とっても楽しい1日となりました。

病院祭へ行くと、普段見ることのできない部屋や場所を見れたり、病院の裏側が見れるようで面白いし、勉強になります。また他の病院祭も行ってみようと思います。