すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

私は授業(政治経済担当)で殆ど板書をしません。でも大丈夫。
「今までの試験で政経は全て取れました」と学生からのコメント。

先日行ってきた2日間の研修。
「ライフスキル教育プログラム」のワークショップでした。
その研修は主に椅子のみを円状にし、何も持たずに行われました。
ここでもほぼ板書なしのポイントを押さえた講義と参加型の形式で
一瞬たりとも退屈することなく、
しかも参加者に家族的な絆が生まれるこれまでにない研修でした。
こちらは「アンガーマネジメント」をまとめた私のグループの仲間たちです。

素敵な人柄が滲み出てますね。
前日にも力合わせて「最近の若者」について共に創作したグループがあったのですが、
写真を撮る時間がなく(とってもまとまったメンバーだったので悔やまれます…)。
もっともっと進化できると確信した研修でした!

この機会を提供して下さったライオンズクラブ国際協会の皆様をはじめ、
軽井沢中学校の田中校長、コーチングでご一緒させて頂いた竹内正美先生、
屋代高校の福島哲夫先生、急な参加申し込みにつき私に代わって手続きをして頂いた
当校の美恵校長…多くの皆様に感謝して止みません。
明日にも、いや毎日会いたくなるような人たちばかり…。
たったの2日間接しただけなのにこんな感情を抱かされました。
人間関係形成の観点から、
この感情を抱かせることがこの研修の目的のひとつであったように思います。

さて、公務員科の学生たちは走り続けた半年間を終え、
長期休暇に入っています。
そこで私も休みを使って、若い頃は殆ど行かなかった
中学・高校を過ごした場所へ向かいました。
私は東京葛飾で生まれ千葉で育ち、その後も転々としてきたので
故郷と明確に言える場所はありませんが、
思春期を過ごした場所には想い出がたくさん残っています。
かつてはちょっと歩くと青々とした木々がたくさん。
そして、水辺にはミズカマキリやサワガニ等も生息していました。
現在は利便性を追求し、中・高を過ごした家の周囲は駐車場や多くの店に変わっています。
それでもちょっと歩くと自然の緑が…。
都市部のビル街や人込みも全く嫌でない私ですが、この緑には癒されました。

そこで、緑をバックに生まれて初めての自撮り!(↓周辺加工後・(笑))

余程気分が高まっていたのかも知れません(笑)。
顔が大き過ぎ…。自撮りってそういうもの?
メガネ外したせいか視線も微妙にズレてるし…。
因みに、写真デザインはこういうのに長けている卒業生にお任せ。
(ただ、丸山先生からロザリアン・キャラを設定されているので
それは入れるようにお願いし)
実は9/15(金)の山極先生の日記の顔のドアップにはまってしまい、
それに対抗してしまったというところが大きいのですが…。
(他にも理由はあるのですが、またの機会に)
そして、清水先生の「文章理解」の授業で「気障(キザ)」を説明するときに、
光栄なことに?私を例として使って下さっているので
もうキャラ(役割)を徹底してこんな感じに(笑)。
不快感を覚えた方…申し訳ございません。

でも、これまであえてSNSを利用してこなかったのですが、
なんか「Instagram」とかちょっと興味が出てきたものの
やるならそれなりの意義がなければ…と思うとやはりやらないかな。

話を戻すと、役人時代の私の主な仕事は「都市計画街路」担当。
先月の下旬に立派な橋と道が開通していました。

公務員の仕事って幅広く、大変なことも多いけど、
生活基盤を支えるかけがえのない仕事であると改めて感じました。
学生たちにも形式的でない、国民或いは地域住民への奉仕の精神を
いつまでも忘れることなく職務に励んで頂きたいと思った次第です。
(初心を忘れず貫くことは、実は簡単にはできないこと。
惰性化したり、意欲を失ったり…そんな時は母校に。)
そのために、今、学生たちは普段が出る面接試験に挑むところ。
ここまできたら何をしたら良いのでしょう?
私は、皆を笑顔で送り出せるよう、力添えをしたいと思います。
例えば…漠然とした未来への不安を軽くしてあげたりとかね…。