すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

サッカーJ2リーグ松本山雅FCのサポーターとして、今回はアウェイ水戸市まで行ってきました。直前ホームでの不甲斐ない戦いぶりに珍しくブーイングしていた山雅サポですが、素早く気を取り直して水戸には3,000人ほど集結。

J1J2に40チームもあるので、応援の仕方はいろいろ。

一緒に行った方が「誰でもすぐ一緒にノリノリになれて楽しそう」と言った清水エスパルスは「オーレオーレオレオレ♪」のサンバ調チャント。

女性もがんばって低い声で「オーオオオオオオー!」と力強く鼓舞する浦和レッズなど、チームごと個性があります。

松本山雅FCは、「男女混合合唱隊」と揶揄されることもありますが、メロディとことばが秀逸。

「どんな時でも俺たちはここにいる 愛をこめて叫ぶ 山雅が好きだから」

「誰にも好きにはさせはしない ここは俺たちのアルウィンだから」などなど。

また、チャントの数も多く、通常は活躍して初めて作ってもらえる選手チャントも山雅ではほぼ全選手分あり、それぞれがその選手にピッタリ。

そんな、(ちょっとディープに)参加して楽しい、応援してもらえる側も(きっと)うれしい山雅サポの応援スタイルです。

 

私の担任としての応援の仕方は、「自分で考えて、がんばっておいで~」。うまくいっていれば見守るし、うまくいかなかった時は手を差し伸べて一緒に考えるスタイルです。

とはいえ、応援しているつもりが応援してもらっていることもしばしば。これから就職をはじめ乗り越えなければならない山がいくつもきますが応援し合って助け合ってがんばっていきたいです。