すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

先日の三連休に、旅行へ行ってきました。
昨年見事にハマった大河ドラマ『真田丸』に触発され、
ついに!!大阪と和歌山の真田巡りを実行しました!!!

 

1日目は、真田幸村が活躍した「大坂冬の陣・夏の陣」の舞台である大阪へ。

まずは「大坂の陣」の中心となる大阪城を堪能。
大阪城の見所はなんといっても石垣とお堀!!
徳川幕府が造ったものが当時のまま残っています。

どひゃ~デカい!!

天守閣までの道のりの途中には、「蛸石」と呼ばれる巨石があります。
この大きさ伝わりますか!???

で、でかすぎる!

そして、いよいよ天守閣。
門からここまでが長い道のりでした・・・;さすが難攻不落の城。

その後は、南へ下り、真田幸村の戦いの地へいざ出陣!
三光神社、心眼寺、真田丸顕彰碑、安居神社、茶臼山などを巡りました。
まさにこの日私の巡ったところを過去の堀内先生の日記が
とっても詳しくまとめてくださっておりますので、
詳しくはこちらをチェックしてください★笑

↓茶臼山は大坂冬の陣では徳川家康の本陣、夏の陣では真田幸村の本陣でした。

写真では伝わりにくいですが、この日の大阪は35℃近くの猛暑日。
強い日差しと灼熱地獄との闘いでした(^^;)

 

 

さらに、2日目と3日目は和歌山県の高野山と九度山を巡りました。

関ヶ原の戦いで、豊臣方についた真田昌幸と幸村親子は、
豊臣方の敗北より、この地への蟄居(謹慎処分)を命じられます。
生まれ故郷を離れなければならない辛さはドラマでもよく伝わってきました。

蟄居を命じられ最初に身をよせた高野山の蓮華定院。

その後、高野山をおりた場所にある九度山に移り住みました。
その屋敷跡に立っているお寺がこの真田庵です。
昌幸は、一度も故郷上田に戻ることなくこの地で亡くなりました。

九度山は初めて行きましたが、町全体が真田一色でした!!!!!
そのご縁もあり、現在上田市とは姉妹都市の九度山町。
景色もどことなく上田と似ていました(^^)

ゆかりの地を実際に巡ることで、真田氏の生きた証を感じることができて、
とても充実した旅になりました!!!

 

他にも、せっかく日本仏教の一大聖地である高野山へ赴いたので、
名所を歩き、宿坊に泊まり、朝のお勤めに参加してご住職のお話を聞きました。
泊まった宿坊が世界遺産登録されている寺院だったので、
世界遺産登録された文化財を守っていくことの大変さをお話の中で学ぶこともできました。

 

皆さんもせっかくの長期休みなので、ぜひ人生の肥やしになるような
充実した時間をお過ごしくださいね!