すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

JIA長野県学生卒業設計コンクール


今年もJIA(日本建築家協会長野県クラブ)主催の卒業設計コンクールに参加してきました。校内での発表会を終え、1ヶ月弱で手直しをして、今回に望みました。

学生達は、現在活躍中の建築家の先生方に一生懸命説明をして、評価していただきます。先輩たちも通ってきたこのプレゼンは、インテにとって社会人になるためのステップです。

それを乗り越えた先輩方も応援に駆けつけてくれました。
いつまでの後輩のことを気に掛けてくれているのは心強いですね。

1年生も来年のために気に入った作品の写真を撮ったり、

模型を細部まで鑑賞し、製作者に話を聞いたりしていました。


さて、審査結果はというと、今年も3名の方々が受賞しました。
おめでとうございます。

受賞の皆さんからの喜びのコメントです。
【金賞】滝澤 來さん

卒業設計をやって今思うのは、自分がよくここまでやって来たということを驚いています。
卒業設計の授業で案が思い浮かべず、挫折しそうな時がたくさんありました。
コンクールに提出するので上田情報ビジネス専門学校の代表として作品を提出するのでプレッシャーを感じましたが、先生からいろいろなサポートいただき、無事に作品を完成することができました。
コンクールの結果は金賞。金賞を取った喜びより、先生や保護者に金賞を取って感謝を伝えることが出来たことが一番嬉しいと思います。2年間お世話になった先生への恩返しを出来たこと、保護者に親孝行出来たことがとても嬉しく良かったと思います。そして、最後の学生生活で良い結果を残せて最高です。

 

【銀賞】土屋 琢朗さん

今まで学んできたことの集大成である卒業研究ですが、自分の作品が銀賞を受賞したと聞いて、嬉しさもあり驚きもありました。
卒業設計を始めたばかりの頃は、自分がしたい事、やりたいことがうまくまとめられず、八方塞がりの状態でした。しかし、同じクラスの仲間たちや学校の先生方のアドバイスもあり、支え続けられながらもここまで来ることが出来ました。数多くの建築家の先生方のお褒めの言葉やこれからに向けてのアドバイスをたくさん頂くことが出来て、途中で諦めなくて本当に良かったと実感しました。
二年間私を支え続けてくれた皆様、本当にありがとうございました。今回の受賞を糧にし、次は社会人として頑張りたいです。

 

【銅賞】小林 大樹さん

今回、JIA卒業研究コンクールで銅賞という結果を頂き、光栄に思っています。
2年前、初めて建築の勉強をスタートしたときは、まさかコンクールで表彰されるなんて思いもしませんでした。ここまで来れたのも、この様な結果で終われたのも、指導して頂いた先生方や家族、友人のおかげです。手塚さんを始め、審査員の方々には、不評な部分もありましたが、好評とアドバイスを多く頂け、とても嬉しく思いました。
今回の銅賞は、自分の中では最高の結果だったと思います。今までの結果を、社会人になった時の糧として頑張ります。本当に皆さん、ありがとうございました。


今年もコンクールを無事終了することが出来ました。学生の皆さんの頑張りは本物でしたね。
社会人になってもこの頑張りでお客様のために全力で進んでください。