すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科鈴木先生が書きました 三日にあげず


今日で2月も終わり。まだまだ寒いですが、

きっと春はすぐそこまで来ているのでしょう。

2月17日の卒研に向けて、行3の出場メンバーも

それこそ「三日にあげず」準備や練習で登校していました。

とにかく良いパフォーマンスをということで、

内容はともかく(ごめんっ)会場の盛り上げには

貢献したと思います。

今回の行政事務コースは、能→狂言→能のイメージで

行2→行3→行1の順番で発表しました。

能→能→能じゃ疲れちゃうからね。

みんな、よくやった!と拍手を送りたいです。

ウエジョビ生の主張も良かったよ!

卒研のあとも、日商簿記の補習、卒業パーティの準備と、

1号館には毎日、誰かしら学生がやってきます。

さて今年度も終わろうとしています。

今年度、私が新たに行った取り組み。

授業で、クラス運営で、補習でと、いくつかあります。

ここでは一つだけ、

課外で行った「新聞を読む会」を紹介しましょう。

なに、そんなおおげさなものではない。

さまざまな社会事象について、

複数の新聞記事をもとに、菓子など食べながら

自由に意見を言い合うというものです。

あの映画「君の名は。」も話題にしました。

ひとつのことを多面的に考えることが一番の目的。

何人もいると、思いも寄らぬ切り口からの意見もあり、

私自身の視野も広がりました。

今年はクラス内での試行という位置づけで夏前から始めたのですが、

結局2月2日まで続き最終回も8人ほど参加しました。

社会人になれば新聞を読むことが当然とされる職場が多い。

新聞を読むことに慣れてもらえたのなら、

これも大きな収穫でしょう。

さあ、あとは卒業式だ!

 

◇◇ 今月の1冊 ◇◇

いま読んでいるのは「騎士団長殺し」

今朝の段階で第2部の2百何ページあたりを読んでいます。

さすがに村上春樹。読み応えがあります。

ハルキストでは無いので読んでいない彼の作品も

ありますが、今回の作品は「語り口」という点では

ちょっと意外でした。でも面白い!

今夜仕事が終わったあと続きを読むのが楽しみです。

さて私は人の家に行くと、ついつい書棚に目が行きます。

「文は人なり」という言葉がありますが、

書棚もまた人なり。ある意味、こわいですね。

あまりに偏った本しか置いていないと、私なぞ

ちょっと引いてしまいます。

新聞を読む会ではありませんが、

幅広い知識、多面的な見方、

私はこっちのほうがいいなあと思います。

「今月の1冊」も今日で最終回ですが、特に若い人には

できるだけ幅広く読んでいってもらいたいと思います。

それでは!

 

 

 

 

 



就職課 矢野先生が書きました。みんな頑張りました!


インテリア住環境コース2年生最後で最大の学生設計コンクールです!

コンクールのポスターもかっこいいです。

長野県学生卒業設計展と文化講演会、設計コンクールと2日間開催されました。

会場は松本市美術館です。設計展、講演会、コンクールも一般の方々にも開放しています。

コンクールでは、一般の方の投票により選ばれる「市民賞」もあります。

上田市から学生の作った建物の模型が壊れないように運転して松本まで行きました。

コンクール前日の会場で、図面のパネルや建物の模型を設置している様子です。

コンクールでプレゼンするのは、本物の設計士の先生方なのです。コンクール当日は朝から緊張感がMAXです。

まだ始まってはいないのですが、なんとなくみんな壁際に一列になっています。

1年生も見学に来ています。来年に向け楽しく情報収集です。

なんと!昨年の卒業生も遠くから応援に駆けつけてくれました。集合時間もぴったりに会場に到着!

仕事もそれぞれに頑張っているそうで良かったです。

プレゼン1番バッターの学生が先輩の顔を見て緊張が一気にほぐれたのがわかりました。

しかも先輩よりプレゼン直前にナイスアドバイスの数々!ありがとうございました。

コンクールなので順位はつきます。プレゼン終了後の「全員全力でやりきりました」

の集合写真です。

各学生はこのコンクールに出て学んで、得たものはとてもとても大きいです。

これからの社会人生活できっと活かして行くことででしょう!

みんな素晴らしかったです!お疲れ様でした!

 

 

 

 



卒研グランプリ結果発表


卒研グランプリには、たくさんの新入生にお越しいただき、先輩たちの発表を観ていただきました。
新入生たちもウエジョビでの学びの参考になったことでしょう。

その発表会でインテリ住環境コースの代表として、今井彩乃さんが出場しました。
タイトルは「ひとりじゃない。~我が家の様な商店街・海野街~」です。


人々のつながりを大切にした商店街の提案をしてくれました。
今井さん自身も一人暮らしをしていて地域の方々に支えられながら学生生活を送ってきたそうです。
そういった経験が卒業研究に活かされているのですね。

結果は、見事「プレゼン賞」を受賞しました。
おめでとうございます。

ひとりだけの発表でしたが、みんなの思いを感じながら発表してくれました。

お疲れ様でした。



平成28年度 卒研グランプリ【映像大公開!】


卒研グランプリとは…

上田情報ビジネス専門学校では、学校生活の集大成として各コース「卒業研究」を行っています。今までの学びを活かし、企画・研究・発表を学生たちの力で実行しています。地域の活性を願い実践的なシステムを構築するチーム、学びの更なる向上を後輩たちへ提案するチーム……。
その目標は様々です。ただ共通するのは「熱い思い」。今年も素晴らしいプレゼンテーション大会が、上田市サントミューゼ大ホールにて開催されました。
また、1年生による「ウエジョビ生の主張」も同時開催。
1年間での成長をスピーチで伝えます。
学生達が取り組んだ学びの発表をぜひ、動画でご覧ください!

チャプター・メニュー

*別ウィンドウが開きます。

最初から再生


① 公務員科 行政事務コース


② インテリア住環境コース 【プレゼン賞受賞!】


③ ビジネス・プロコース


「ウエジョビ生の主張」【1年】


④ 公務員科 警察・消防コース 【プレゼン賞受賞!】


⑤ 医療秘書コース 【研究内容賞受賞!】


⑥ ネットワークエンジニアコース


⑦ Webクリエイターコース 【グランプリ受賞!】


授賞式


 

 


 

 

 



情報処理科 堀先生が書きました。 マイブーム


最近は少しずつ暖かい日が増えてきましたが、それでもまだまだ風は冷たいですね。我が家でも休日は家で遊ぶことが多くなっています。そんな中、最近我が家で空前の大ブームを起こしているのがこれです。

羽生さんも推奨している(とパッケージに書いてありました。)「どうぶつ将棋」と「ごろごろどうぶつ将棋」です。

これは将棋の縮小版みたいなゲームなのですが、実は買ったのは結構前で、そのときはちょっとやったくらいで子供たちも「ふーん」という感じでした。

それがなぜかこの1ヶ月くらい、家族みんなですごくはまってしまって、やりだすと将棋ってやはりおもしろいので、最近はみんな少し寝不足気味です。

上の娘とは、猫(銀)1枚落ちでやっているのですが、やはり子供は覚えるのが早くて、今では勝ったり負けたりという感じです。

「猫が泣いてるぜ。」などと、誰にも理解されないことを言いながら、信州の寒い冬を楽しく過ごしています。

そんな中、卒研GPも終わったウエジョビでは、卒業式と新年度の準備にはりきっています。今日は情報処理科の新しい教室準備を行いました。

そして来週は卒業式です。1年間、あるいは2年間を一生懸命頑張った卒業生の門出を精一杯祝いたいと思います。



卒研グランプリ 研究内容賞を受賞!


卒研グランプリで、医療秘書コースが「研究内容賞」を受賞しました。

医療秘書コース、初受賞です!

チームエンジェルがやってくれました。

チームエンジェルが、クラスみんなの思いを伝え、見ている皆さんがその思いを受け止めてくれたのだと思います。

今回の卒業研究を通して、クラス全員が臓器提供の意思表示をすることができました。

内容はさまざまですが、臓器提供について真剣に考え、家族とも話ができ、とても良い学びになったと感じています。

チームエンジェル、ありがとう!

 



公務員科 福村先生が書きました。「積極的放任の効用…」


毎朝ほぼ同じ時間に電車に乗り、
一度も言葉を交わしたことはないにも関わらず
毎日同じ人たちと顔を合わせていると
なんとなく知り合いになったような気分になる。
時々誰かいなかったりすると妙に気になったりもしてしまう。
そうして学校に着いてまずやることは、ポットの水を沸かすこと。

ここはウエジョビ1号館職員室。
私はティーチャー。
あえてティーチャーといったのは
主な仕事はその名のとおり勉強を教えること、
ということを強調したいから。
決してキザな訳ではない。
難解な用語や理論をいかに分かりやすく教え、
いかに勉強に親しんでもらえるか、
そんなことを日々考えて過ごしている。

しかし、私がいくら熱くなって教えても、
「学生のために」って思って動いても、
何か虚しさに近い感情を覚えることがある…。
不思議なもので、「空気感」というのは
しっかりと伝わってくるものである。
私はあまり非科学的なことは信用しないが、
この感覚は実に見事に、そして確かに感じるものである。
中学2年生から勉強の楽しさを知り、勉強の楽しさを伝えたいし、
何より教えることは大好きなのに。
しかし、その違和感はどうも分かりやすさとは関係がないようだ。

その理由について、結論からいうと簡単なことだった。
つまり、そもそも学生が聞く耳を持たなければ何も伝わらない。
分かりやすかろうが、興味をもって聞く耳を立ててくれなければ
それはまさに私の「独り言」と変わらない。
そこで、ティーチャーではあるが、
ちょっとやり方を変えることに。
「北風と太陽作戦」とでも言おうか。
もちろんパフォーマンスとして
実際に北風のような強風を起こす訳ではない。
北風の如く頭ごなしに注意ばかりしていたこともあったが、
結果はいうに及ばす…。

私が太陽となって自発的に行動してくれるように考えた。
自発的に勉強してくれたり、気を利かせて動いてくれたりしてくれる程
嬉しく有り難いことはない。
そこで、誰もが本来持っている承認の欲求等に着目してみた。
元来人間の持つ力を発揮してもらうために、
学生の言葉に「耳を傾けること」、それに基づいて「質問すること」
に力を注ぎ、一人ひとりの存在をしっかり認めるなど…。
それは単に「褒めること」「甘やかすこと」とは異なるものである。
結果、学生たちの底力に自ら気づき、
毎年毎年劇的に変わる学生が生まれるから驚きである。

ここまで、何となく実はある大好きな作家風に書いてみたのですが…
稚拙且つ大それたことを申し訳ありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では、いつもの文調に戻し…
上記のとおり、(学生に全く遠慮しない(笑))「太陽」となって
今年度も過ごして参りました。
それは皆を「家族」だと思って接しているからです。
例えば、公共の場においてマナーがなってなかったら…。
赤の他人には言わないことでも(本来言うべきですが…)
身内であれば遠慮なく指摘できるものであり。

今年度も一体感と、何より「他人に喜んでもらいたい」という気持ちが
強く表れた学生たちだったと振り返ります。
私へのたくさんのサプライズ。
クラスメイトどうしの助け合い。
最後のHRで書いてもらった作文も
昨年度同様冷静に読むには相当の覚悟が必要な内容でした。
(紹介したくて仕方ないのですが、
長くなるので今年度は最後に一部の掲載とさせて頂きます…)

更に、卒研GP代表者たちの実に気持ちのいい練習の様子。
良かったのは本番じゃないの?と問われそうですが、
勿論本番の勇ましさに感動したことは言うまでもありません。
しかし、メンバーで協力して、
何より楽しそうに作り上げたプロセスの様子に
より深く感動してしまいました。
そして、卒研GPの際に実施される「ウエジョビ生の主張」。
今年度は我がクラスから最優秀賞が選ばれました。
人生、辛く大変なことが多いかも知れませんが、
彼女の書いた内容に生きる意味やウエジョビ生活とは何たるか、
という部分が限られた文字数の中で表現されていると感じます。

改めて、学生たちに、そして彼ら彼女らをウエジョビに入学させて頂いた
保護者の皆さまに感謝してやみません。

そんな学生たちの感想から~
「先生の苦しみながらも頑張っている姿、
クラスの皆はちゃんと見ていたと思います。」
グッと来ました…。

「人は一人では生きていけないとこんなにも感じたことはない一年でした。
この一年は、10年分ぐらい生きた気がします。」
だから苦難を苦難とは思わず、尽くそうと努めることができました。

そうそう、今年は私の改善点を書いてくれた学生が…。
「無理やり絞りだしますと…
もっとグアムを楽しんでください。以上です。」(…笑)

P.S.上記の作家については次回の日記にて…



受付事務 櫻井先生が書きました。 今日は何の日??


こんにちは!

先週の卒研グランプリお疲れ様でした!
どのチームも素晴らしい発表をしたことでしょう。

私は当日受付に残り、窓口や電話対応をしていたので、
皆さんの勇姿を直接見ることができませんでしたが、
一生懸命準備をしている姿をみてきたので、
きっと素晴らしい発表をしているだろうなーと
お留守番をしながら楽しく想像していました!

映像化されるのを楽しみにしています!!
さて、皆さん今日は何の日かご存知ですか?!

正解は猫の日(2「ニャン」2「ニャン」2「ニャン」の日)!

^ↀᴥↀ^

今日はSNSに猫の写真をアップする人が多いでしょう。

何を隠そう櫻井家でも猫を飼っているのですが、
堀内先生のお宅のバズくんが本当に可愛すぎて、
その翌日に先生日記でうちの猫の写真を載せるなんて
おこがましくてできませんでした…笑

しかし、猫の日にちなんで、ついに!うちの猫の写真を初公開します!

我が家の暴れん坊将軍「モモ」です★
イタズラ大好き!食べられた靴下とビニールは数知れず…
一歳まではスマートだったのですが、
今ではフルムーンのようにおデブになってしまいました…。

そしてモモといったら「桃の節句」。
もうすぐひなまつり!ということで櫻井家ではお雛様を飾りました。
もうお雛様!という歳でもないのですが…
私が生まれたときに母方の祖父が買ってくれた
立派なお雛様なので毎年飾るのが恒例になっています。

お雛様にイタズラをされたら大変なので普段はこの部屋に入れませんが
桃つながりでお雛様と一緒にパシャリ!笑

春はもうすぐそこ!!

 



公務員科 堀内先生が書きました。1号館は休みなく・・・


いよいよ年度末。

17日に卒研グランプリが行われ、私が担任を務める警消1組が属するチーム警消は、限界に挑戦して今までの練習と比べても過去最高のプレゼンテーションを行ってくれました。結果、プレゼンテーション賞!おめでとう!その様子は「ウエジョビ・ニュース」の警察・消防コースのブログでもご覧ください。

警消1組からは卒研グランプリには「自然災害に備え隊」が、また、ウエジョビ生の主張には柳澤優多君が出場しまして、それぞれ立派な発表をしてくれました。担任として嬉しかったです。

終了後の写真からもやりきった感が伝わってきます。

そして、いよいよ、今年度も卒業式と卒業パーティーを残す所となりました。

そんな中、1号館内はひっそりとしているかというと・・・

とんでもございませーん!!!

①検定試験に向けて自主的?に通学して頑張っている姿がみられます。残された検定は日商簿記と全経電卓!エクセルに挑戦する学生もいます。ファイト=!

②卒業パーティーに向けて入念な練習も続いています。外は寒風吹きすさぶ中、窓全開で白熱のダンス練習が毎日行われています。

そんな、様々な目的で訪れる学生や職員を、1号館は寒い日も暑い日も、学生が大勢いる日もいない日も、休みなく、私たちを受け入れてくれているのです。ありがとう!1号館!

この感謝の思いを胸に、もうじき私も毎年大好評のつなぎ姿で、床のWAX掛けに入りますよ=!



卒研GP~ グランプリへの挑戦~


卒研GPが2月24日(金)にサントミューゼで開催されました。

今年の警消のテーマは「安心できるまちを目指して」です。

これは毎年変わりません。

平成28年度は3クラスの代表をまとめるために、苦労しました。

初めは(発表順番で話をしていきます。)

警消1組は「自然災害の怖さ」

警消3組は「交通事故の危険性」

警消2組は「共に助け合う世の中へ~高齢者ver~」

とテーマも思いもバラバラです。

しかし、グランプリに出場するために3つを一つにまとめました。

3つを繋いだらこうなりました。

警消1組は「共に助け合う世の中へ~自然災害ver~」

警消3組は「共に譲り合う世の中へ~交通事故ver~」

警消2組は「共に支え合う世の中へ~高齢者ver~」

 

各クラスともグランプリを取るために自宅研修中にも関わらず、朝早くから夜遅くまで取り組んできました。

流れは1組からでしたが、自分達で命を守るために、防災カードなるものを提案し、次の3組は、どうしたら事故が無くなるかをクイズ形式にしてみたり、最後の警消2組は地域のバリアフリーを探してみたりしたことを堂々と発表してくれました。

 

以下は学生が最後に伝えたメッセージです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

これまで自然災害では助けあい、自動車では譲りあい、高齢者では支えあいをテーマに話をしてきましたが、これらに共通していることはを持つということです。

 

自然災害時には助け合うことで・・・自動車を運転している時は思いやりをもって・・・また、高齢者の方を支えあうことで安心して生活できるようになります。助けあいの精神、譲りあう心、支えあう力が一つになって世の中は愛で溢れていくのではないでしょうか。

 

愛にあふれ、仲間や家族、地域、行政が一体になれば安心できるまちになる筈です。人がつくる和を大切にしていきましょう。いつまでも笑顔で安心できる街を、私たちの手でつくりあげるために今日からその一歩をふみだして下さい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

流石の警消でも本番は緊張していましたが、皆真剣に堂々と発表していました。

今回も悲願のグランプリには届きませんでしたが、皆やりきった満足げな表情と嬉しさでいっぱいです。

思いを伝えることの難しさや、仲間と一つの作品をつくり上げる苦労と充実感等を最後の授業で学んだなら幸いです。