すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

2月3日(金)は、公務員科の最終登校日でした。最後のホームルームで、一年間のみんなの頑張りをねぎらい、3月の終わりまではまだウエジョビ生だから、検定もしっかり受けて、生活もしっかりしていきましょう、のような話でしめようとしたところ、松尾さんが「ちょっといいですか」と教室の前の方に。

卒業パーティの係をやってもらっていることもあって、その話かなと思って「どうぞ、どうぞ」と。すると、「先生、一年間ありがとうございました」の言葉と、クラスからたくさんの拍手をもらいました。そして、いただいたプレゼントがこの箱です。

「開けていい?」「大丈夫です。あ、でも机の上で開けた方がいいかもしれません。」教卓の上でフタをとると・・・四隅のハートが開いて、チョコレートがこぼれ出ました。そして、たくさんの行2の学生と私の写真と一人ひとりからのメッセージがつまっていました。サプライズ~!!

本当にビックリして嬉しくて、動じない私としてはレアなことにうるうるきてしまいました。

あとで、ゆっくり見せていただいたところ、ほんとにサプライズボックスで、色々なところから色々な形で写真やメッセージや絵が出てくる出てくる。アートの域に達してます。そして、とても心がこもってます。あまりのすばらしい出来にあちらこちらに見せて歩いてしまいました。

作品の作り手、3人と写真をとってもらいました。堀内さん、池田さん、松尾さんです。

今年の行2はとても素敵なクラスで、担任の私の方がお礼を言いたいくらいです。

4月から教室に掲示している「一日一日しっかり生きる」のとおり、公務員試験に向けて、検定合格に向けて、そして幸せな社会人生活に向けて努力を続けてきました。クラスのほとんどが、皆勤かほぼ皆勤で学校に通いました。

また、掲示している「まわりの人を大切にする」のとおり、互いの個性を認めて広い気持ちで受け入れて、クラスの雰囲気がとても温かったです。

もう一年、おなじメンバーで過ごしたいくらいです。クラスの皆にとっても、そんな一年であったらいいなと思っています。