すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科鈴木先生が書きました 最終盤そして次へのステップ


終わりよければ全て良し。

良い言葉です。1年制の公務員科は、全員が今「最終盤」。

2年生として来年の捲土重来を期する学生も、

まずはこの1年をよい形で〆て(しめて)、

来年につなげる必要があります。

もちろん4月から社会に出る学生にとっても、

とても大事な時期。

最後の学生生活を精一杯励んで、4月へとつなげられるか。

あとわずかな学生生活を思いっきり頑張り、

仲間との毎日を楽しんでもらいたいと思います。

先日、行政事務コースの卒研科内発表会がありました。

行政事務コース1組から3組まで各6チーム、合計18チーム。

写真は3組の発表です。

発表が終わるとホッとします。大勢の前での発表。

そうとう緊張したのではないでしょうか。

思ったようにできなかったチーム、

会心の出来だったチーム、いろいろだと思いますが、

何にせよ、将来への財産となるはずです。

要はこの経験を今後にどう活かすかです。

唯一の7人グループLFFも素晴らしいプレゼンでした。

大勢の学生が魅了されていましたよ!

では話題を切り替えて・・・、

えっ、5チームしか写真がないって?

ああ実はそうなんです。

もう1チームはというと・・・次回のお楽しみということで。

☆ ☆

卒研、ウエジョビ生の主張、検定試験、

さらに人によっては就職活動と、本当に学生のみんなは

忙しい!!

でも、それら一つ一つを丁寧に取り組んでいる学生も多く

頭がさがる思いです。

そんな忙しいなかにも少し楽しみを、と思い、

ときどきクラス内で「大会」を開いてきました。

まずじゃ腕相撲大会!(矢野先生、ステキなチャンピョンベルトをありがとうございま~す!)

次いでクイズ大会。

血液型人数あて大会。

そして本日おこなったのが、

漢字書き取り大会!

「さんずい」の漢字を7分間でどれだけ書けるかを競いました。

結果、優勝者はなんと40字も書けました。

(優勝者のこの笑顔を見よ!)素晴らしい漢字力です。

そして私が感激したのは、みんなが書けた漢字を一人一文字ずつ言ってもらっていったら、

なんとクラス全体では127文字もさんずいの漢字を書けたと言うこと。

一人の力ではできないことも、みんなが協力すれば、

すごい力になるんだと改めて感じました。

だって一人で40文字書けるのも「すげえっ!」だけど、

37人集まれば127文字、その3倍の知恵が出せるってこと!

「三人寄れば文殊の知恵」という言葉は本当だなあと思いました。

協力しあう力はすごい!

にしても学生たちの力には脱帽です。

さあ、あとわずかな時間ですが、楽しく、そして頑張ろう!

☆ ☆

今月の1冊。サンテグジュペリ「夜間飛行」。

ウエジョビ生の主張のクラス内発表会で、ある男子が

「星の王子様」について熱く語ってくれました。

久しく読んでいない星の王子様。

きっと今よんだら私も、若い日とは違う感動に包まれると思います。

でも、学生の発表を聴いている中で思い出したのは、

同じサンテグジュペリの「夜間飛行」の一場面。

 

荒天のなか一人乗りの飛行機のパイロットは、

真っ暗な雲海のなかに一箇所だけ光り輝いている場所を見つけ、

機首をそこに向けていく。

その光のなかに突入していく飛行機。

そこでパイロットが見たものは・・・。

 

こちらも久しぶりに読んでみようと思っています。

今月の1冊は来月で最終回にしたいと思います。みなさま乞うご期待を!

 



就職課 矢野先生が書きました。すくすく育っています!


すくすく育っています。

2年生学科1年生です。

昨年12月からの就職ラリーは、様々な過程を経てラリー当日をむかえました。

履歴書もたくさん書いて、面接練習もいっぱいしました。でも緊張は頂点に達しています。

じっととの時を待ち、集中していました。

面接する各教室の控え席で、面接をしていただく先生に書類を渡します。

笑顔で立ち上がり、両手で書類を相手に向けて「よろしくお願いします。」

普段からこのように担任の先生にプリントを渡しています。企業の面接に行っても

普段のように行動すれば良いのです。

だから「普段が大事」なのです。

集団面接2回、個人面接2回、1日にこんなに面接することはないでしょう。

でも面接は回数を重ねることで確実に自分の気持ちを伝えられるようになります。

みんな真剣に取り組みました。

さらに!総合控え室では、自分で時間を作って山極教頭先生渾身の筆記試験を面接試験と並行して行います。

最後はこの笑顔です!!

担任の先生へ報告しました。本当にやり切りました!これがウエジョビの就職ラリーです。

学生は1日で急成長しました。

そして本日はネットワークエンジニアコース1年生の「電話ロールプレイング」です。

みんなやる気満々!なのですが・・・

「採用があるのかわからない第一志望の会社に電話する」と言う

超難関の電話ロールプレイングなのです。

しかも大人数なんですこのクラスは・・・・いったいどうなることやら・・・

二人一組で交代で、採用担当者に見立てた私に実際に電話をかけてきます。

電話が終わると一人一人に担任の保坂先生が、敬語、復唱、約束、スケジュール管理、印象など細かくアドバイスをします。

誰が電話がうまい上手くないではなく、どのような電話のかけ方が相手に思いが伝わるか!をクラスみんなで考えます。

全員が終わるまで3時間かかりました。(休憩10分間)全員集中の3時間でした。

しかも、授業が終わってから、笑顔で学生がマッハスピードで教室を元どうりに直してホームルーム帰って行きました。

急成長した学生はまるで風のようです!動きが違います!!

2月からいよいよ各地域での企業説明会が始まります。本当の「採用ご担当者様」にお会いします。

さわやかな風を吹かせよう!頑張って行きましょう!応援します!!お疲れ様でした。

 

 

 

 

 



医療秘書コース陽子先生が書きました。「就職ラリーがありました」


毎日寒いですね。

2017年の大寒は1/20(金)でした。

そんな寒い中、ウエジョビの就職ラリーがありましたが、その日は本当~にアツい1日でした。

本番と同じように履歴書を作成して、ポストに投函して・・・

本番とまったく同じ状況の中で面接試験に臨みます。

この1日で学生は本当に本当に、大きく成長しました!

就職ラリー後の感想にも「普段の学生言葉がついでてしまった」「覚えた文章をしゃべっても気持ちは伝わらない」などの気づきがたくさん書いてありました。

これから本番の就職活動がはじまります。一緒に頑張りましょう!



情報処理科 堀先生が書きました 冬です!


最近は特に寒い日が続きますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

私は普段最寄り駅まで自転車で通っているのですが、駅前の坂道を下っていると、カキ氷を一気に食べたときのように頭がキーンとします。やっぱり信州の冬は寒いですね。

先週はたくさん雪が降ったので、子供と一緒に雪遊びをしました。

雪だるまをつくり、

かまくらをつくり、

雪山を作ってそりすべりも。

おなかがすいたら非常食にもなります。

こう見ると、寒いのもなかなか悪くないなという気がします。

そんな中、先日ウエジョビでは就職ラリーという模擬面接会を行いました。

学生たちが一生懸命にアピールをするのを受けて、私も必死にアドバイスを送りました。

社会に必要とされる「人財」を目指すうえで、働くということはとても大切なことです。その第一歩を手助けできるというのはとても素晴らしいことだなと改めて感じました。

幸せな人生を目指して、一緒に頑張りましょう!

 



公務員科 福村先生が書きました。「本来の目的を見失う…」


「もう今からじゃ遅いし…」「そんな時間ないから…」
そんな自分に自分でこう言葉を返しました。
「なぜ(本当に)そう思うんですか?」「具体的な根拠はありますか?」
やりたい時が始める時(どこかで聞いた台詞)。

そうしてカウンセリングの勉強を本格的に始めたのは約12年前。
途中で基礎をしっかりと身に着けたいと思い、心理学を学び始めました。
始めた当初は興味があったり仕事に活かせそうな科目を選択したりして
実践に役立てることを目的に学んでいました。
疲れていたり、気持ち的に乗らなかったりと
思うように進まないこともありました。

科目の認定にはそれぞれの試験に合格しなければなりません。
久しぶりの試験に解法の「勘」のようなものが鈍っていて
頭が働かなかったこと、
私よりも年上の方々がたくさん受験されていること等
衝撃を受けたことを思い出します。
これらのことは、日々の勉強に奮闘し、
本試験で緊張するであろう学生たちの気持ちを理解する
大きな助けともなりました。
勉強を継続し、また実際に試験を何回も受けることで
「勘」のようなものが戻り、高得点が取れるようになった経験は
リアルタイムで学生に伝えることができました。

最低限学びたい科目を履修した後、
せっかくなのでやるからには資格を取得しようと
資格の認定に必要な科目も選択するようになりました。
この頃には科目に限らず単位の取得は容易になり、
それと引き換えに内容面での充実度は下がってきたように記憶しています。
目的が資格取得になってしまったのです。
点数は取れるようになったのに実力が伴っていない…
これも良い経験となりました。

「心理学の専門家として仕事をするために必要な、
最小限の標準的基礎学力と技能を修得している」(日本心理学会抜粋)
という証は頂きましたが、上記のとおりまさにこれからです。
やはり生涯勉強。
認定資格なので取得は難しくはないのですが…
バックボーンができたことは少なからず安心感につながりました。

何冊書籍を読んできても変わらず思ったこと…というより
経験則も踏まえて確信したことがあります。
言葉(の内容)はもちろん人に影響を与え(ることがあり)ます。
私の特技のひとつは行間を読むことですが(笑)
それでも言葉に発してもらわないと理解できないこともあります。
でもそれ以上に誰が言うかの方がもっと大きな影響を与える…
ということ。
そして、得た知識が普遍的・絶対的であると
盲信してはいけないということでした。

一人として同じ人間はいませんし、
研究が進むにつれこれまでの理論が覆ることって珍しくない…。
自ら学び続け「行動」することで
はじめて説得力が伴うものだと思い日々反省もしています。
やっぱり生涯(広い意味でも)勉強を続けていかなければ…。



受付事務 櫻井先生が書きました。 新年の幕開け


こんにちは!

寒くなると動くのも億劫で、どんどん怠けモードになりがちですが、
連日の雪かきで、日ごろの運動不足も解消されたような気がする今日この頃です!

そして一年生の皆さん、昨日は就職ラリーお疲れさまでした!
受付を通る時のきりっとした姿は、いつも受付で見ている皆さんと違って
とても頼もしく見えました。

きっとこの一日で成長したはず。自信をもってくださいね。

 
さて、堀内先生の年末年始、とっても素敵ですね!
歴史好きの私にはたまらないラインナップです☆

そんな私の年末年始は…
ライブと温泉というラインナップでした。

年末は音楽フェスのカウントダウンジャパンへ。
今回は30日と大晦日の2日間行きました。

大晦日は年をまたいで行われるので、年越しの瞬間はとても盛り上がりました!
大好きな音楽を聞きながらの年越しは格別です。
(いつもは近所の神社で2年参りをしつつの年越しだったので)

 
それと比べて年始はおとなしく。
幼馴染と諏訪湖を一望できる温泉でゆっくりとした時間を過ごしました。
湖が凍結して湖面に亀裂が走り、氷がせり上がる“御神渡り”が見たかったのですが、
残念がら湖面は凍結していませんでした(^_^;)
気温もそこまで下がらず、ここ数年は出現していないようですね。

そして初詣は諏訪大社へ。
諏訪大社は、全国でもめずらしい四社体制(上社本宮、上社前宮、下社春宮、下社秋宮)。
初詣ということで、四社すべてまわってきました!
おみくじが「大吉」だったので、よい新年のスタートがきれたような気がします(^^)

2017年、どんな年になるかはまったくわかりませんが、
“どんな年にしたいか”というビジョンはしっかりもって頑張りたいです!

とりあえず、今年は真田丸めぐりで西へ行くぞー!



公務員科 堀内先生が書きました 『歴史の宝庫』


新年初の先生日記。今年も茶目っ気の溢れる日記を提供していきたいと思います。暖かい目で見守っていただければ幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

今日はウエジョビ2年生学科の『就職ラリー』です。
私も面接官として、学生の就職活動の一助になればと思い、アドバイスを送りますよー!どの学生もファイトです!!

で、今日の日記は、堀内家恒例の年末年始を関西で過ごした際に足を運んだ先の報告です。

今年は平安時代初期の仏教の双璧、天台宗と真言宗の総本山に足を運びました。ウエジョビ公務員科の4月から9月までの間、日本史を担当している私にとって何とも贅沢な訪問になりました。

『天台宗 最澄 比叡山延暦寺、真言宗 空海 高野山金剛峯寺』って、授業やドリル(公務員科名物、前期の4月から6月の間に行われる問題演習)の時間に何度も復唱したり、学生にあてたりしてきた、世界遺産にも指定されている、教科書や資料集でしか見たことがなかった“聖地”に行ってきました。

まずは大晦日に高野山に行ってきました。

大阪、南海電鉄なんば駅から特急こうやとケーブルカーで標高800mを超える高地へ...。


南海電鉄なんば駅にて特急こうやと私


金剛峯寺にて高野山のゆるキャラ「こうやくん」になる私


高野山 壇上伽藍の大塔と私

特に、奥の院という弘法大師御廟のあるエリアの神秘的な雰囲気に圧倒されました。

途中、南海電鉄高野線橋本駅にて、『で、で、でたぁー』『真田赤備え列車』

瀧澤先生、櫻井先生、勅使川原先生と共に真田丸ロスで日々、枕を濡らしている私にとって超刺激!!!
高野山に向かう途中には『九度山駅』があり、下車する観光客の方も多数!駅も赤で飾られており、思い出してしまいました。日帰りの高野山の旅につき、下車することのできない自分を責めました。。。

また、1月2日には比叡山に行きました。
京都、出町柳から叡山電鉄と京福電鉄のケーブルカーとロープウェイを乗り継いでやはり標高800mを超える高地へ...。


京福電鉄のケーブルカーと私


延暦寺根本中堂の石碑と私(大改修につき、石碑前写真で)

琵琶湖を望む、歴史のロマンを抱かせる強さを感じました。

どちらも日帰りで訪れましたが、とても見切れませんでした。また是非、足を運びたいと思いました。関西!いいですねぇー。歴史に興味のある私にとっては宝箱のようです。

最後に淀川越しの大阪中心部のビル群からの初日の出。淀川にも反射し、ツイン初日の出。多くの方が淀川堤防沿いに来て撮影されていました。

新しい年がスタートしました。
今年度の学生はあとわずか!
来年度の多くの新入生とも新入生説明会を通して接してきました。
今年も頑張りますよ=!と決意を新たに新年の船出です。



広報 勅使川原先生が書きました。「春を待ちわびて。」


みなさんこんにちは!
ウエジョビ広報、勅使川原です!
最近、なんだか切ないのです。
なぜ、泣いているかというと……。
ついこの前までは、こんな感じだったのです。

 

ばーん!
ずんちゃっちゃ!ずんちゃっちゃ〜!
ぱっぱらぱーぱ、ぱららららぁ〜♪
(真田丸のテーマ)

 

そうなんです。
上田の街はまさに「真田丸」一色でした。
それが、放送終了とともに
のぼりも回収され、空もどんより雪模様。

 

すみません!
昨日のタッキー先生の日記に続き、
今日も「真田丸」の話題です。

 

あぁ……。
日曜の夜も「亀はどこじゃ〜?」が、
「源次郎はいずこへ?」と聞こえ、
「おとわではないか!」が、
「きり、なぜお前がここに!」と幻聴が!
あぁ。完全に「真田丸ロス」です。

 

「直虎」も面白そうなのです。
ワクワクしているのです。
それでもなお、私の心は真田一色。
どうすれば……。

 

傷心を癒すため、タッキー先生同様、
100万人もの人を迎え入れた
真田丸大河ドラマ館へ。

 

渾身の幸村ポーズ!
しかし!!この施設もすでに閉館。

 

「わしはどうすればいいっ?」
昌幸の様に悩んでしまいます……。

 

ところが!!
全国の真田丸ファンのみなさんご安心ください!

 

4月からはこの施設が、
上田市による真田の独自展示になるそうです!
上田城、真田対徳川の展示になるのでしょうか?
そうなれば、全力で
「父上〜っ!」とか「おうめはどこだーっ!」、
「兄上ぇ〜っ!」と存分に源次郎様ごっこが
楽しめそうです!

 

そんな春の日を楽しみに。
そして、真田丸をきっかけに
上田を訪ねてくださった
みなさまと再会できればと思います!!
春が待ち遠しい!!


広報 瀧澤先生が書きました。 行ってきました!


突然ですが、私には1月15日までに行かねばならない場所がありました。
どこかというと・・・真田丸大河ドラマ館です!

2016年は真田丸にどハマりし、
真田丸と共に一年を歩んできた(かなり大袈裟・・・)私ですが
あろうことか、ウエジョビからわずか1キロも離れていない大河ドラマ館に、
いまだに行っていなかったのです!
オーマイガーッ!アンビリーバボー!

 

先月12日の先生日記で千波先生が大河ドラマ館を訪れたとの記事を見て、
閉館する1月15日までにはと思っていたのですが、
その後も行こう行こうと思いながら時間が経過し、
ドラマは最終回を迎え、気付けば閉館日も間近に!

 

そこで、「これはイカン!(行かん!)」と、閉館前日の14日に狙いを定め
仕事が終わってからスーツ姿のまま出陣してきました。

 

この日は「最強寒波上陸」とニュースで注意喚起がされていましたので
さぞかしお客さんは少ないだろうと思って行ったのですが
私と同じく、閉館前の駆け込みで館内は思いのほか混雑していました。

 

入ってみると、真田丸ファンの心をくすぐる展示がズラリ!


実際の衣裳や小道具があったり、ミニシアターや舞台セットのVR体験コーナーなどなどもりだくさん!
見ているうちに数々の名シーンの数々が思い出され、
真田丸ロスから復活しかけていた私の心が激しく刺激されました。

まわりのお客さんも目をキラキラさせながらじっくり展示を眺めていたため
「後ろが詰まっておりますので、立ち止まらずに歩きながらご覧ください!」とのアナウンスがあちこちで聞かれました。

 

会場では記念撮影もしていただけました。
まわりの目を気にしながら一人で撮影していただいたのですが、
興奮のあまり思わずこのポージング!

雪の中でしたが、閉館前に行くことができて良かったです!



情報処理科保坂先生が書きました キャリア教育合宿をしました


昨年11月にネットワークエンジニアコース1年生は上田市わしば山荘にて「キャリア教育合宿」を行いました。

先月、矢野先生が日記に載せてくださったのですが、担任が日記に書かないわけにはいきませんので、あえて書きます。
2日間にわたり普段と異なる環境でグループワークを行います。就業観やコミュニケーション能力など、実践的なキャリア教育の授業を行います。

皆で自炊して食事をした様子は矢野先生が詳細に書いてくださったので、それ以外の様子を紹介します。

グループワークで自分の過去を振り返り、自分自身を見つめなおします。一人一人が様々な体験をしていますので、学生の皆さんは結構しんどいです。(しんどくない人もいます。)

グループ学習の後、皆で夕食を作り、美味しく頂戴しました。

ストーブを囲んで語らったりします。

寝る時はみんなで仲良く並んで寝ます。

(写真を撮った時は、ほとんどがお風呂に行っていてほとんどいませんが・・・。)

.

当然、女子部屋は男子禁制です。

.

合宿最後には車座になって一人一人この合宿で感じたことを発表をします。

心を開いて、皆、本音を語ってくれました。

.
矢野先生のお言葉の通り、「同じ釜のごはんを食べた仲間!こんなに強い絆で結ばれた最強の仲間はいません。」

来週には就職ラリーもあり、いよいよ就職活動です。

仲間同士助け合って自分の未来を切り開いていきましょう。

応援します!一緒に頑張りましょう!!