すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科 北原準司先生が書きました。  ウエジョビ職員研修~南三陸町に行ってきました~


みなさん、今年も残すところあと3日となりました。本当にあっという間に年末になってしまったといった感じです。明日からはお家の大掃除です。頑張らねば!!

  さて、この12月にウエジョビ職員研修で南三陸町に行ってきました。南三陸町といえば、2011年3月11日の東日本大震災の被災地です。私は恥ずかしながら、この研修で初めて被災地を訪れる機会をいただきました。

 

南三陸町に着いて、まずは「さんさん商店街」でお昼をいただきました。まだまだ周りには買い物ができるようなところも無く食堂も無い状態の中、本当に素敵な笑顔で元気に迎えてくださった商店街の方々。美味しいお料理とともに元気もいただきました。

 

続いては、ホテル観洋さんの「語り部バスツアー」です。写真は津波で被害にあった高野会館です。この建物の屋上近くまで津波が来たというお話をお伺いして、改めて津波の恐ろしさを感じました。

 

 そして、ホテルに着いてからは女将の阿部憲子さんによる、ウエジョビの先生方のための特別講演を聞かせていただきました。被災されたときのリーダーとしての阿部さんの判断力や行動力、周りのスタッフの方々の対応力には本当に多くのことを学ばせていただきました。

 

研修の最後には、ウエジョビの先生方一人一人が感じたことの報告し思いを共有することができました。

さて、写真は次の日の朝。

ホテル観洋の部屋からの海の景色が本当にきれいなんです。

帰りは、仙台で伊達政宗に会ってきました~!(おまけ)

今回の研修では、多くの方々から貴重な話をお聞きすることができました。

現場を見て、話を聞いた者の責任として、この経験を学生たちに伝えていかなくてはならないと強く思えた2日間でした。

正直な話、被災地に行くまではもの凄く構えていた私です。自分に何ができるのだろうか・・・と。

でも、現地に行って話を聞くだけでも、お土産を買うだけでも、笑顔でいるだけでも復興に繋がると阿部さんが話してくださったとき、絶対にまたこの地に来ようと思いました。

 

2016年が終わろうとしています。振り返ると、今年も、またまた多くの人と出会い、多くのことを学ばせていただいた一年でした。この一年の経験を2017年に生かすべく、よいお年とりをしたいものです。

それではみなさん、良いお年を!!



2016年11月放送


2016/11/2
白石さんが
修業時代、師匠の多田さんと
ヨットに乗っていた時のことです。
白石さんは外であまりの寒さに
震えながら舵を握っていました。
「もう、我慢できない・・・」
そう思った白石さんが
船の中にいる多田師匠に
「ちょっと変わってもらえませんか・・・」
と言ったとき・・・
白石さんが観た光景は・・・
白石さん、その光景を観て
「この人には敵わない・・・」って思ったそうです。


2016/11/9
ヴァンデグローブ出場前、
白石さんはこんなことを言っていました。
「僕になにかあっ た時には、お経上げてくれって
 塩沼亮潤さんに頼もうと思って・・・」と。
これ、「縁起でもない」って思う人います。
でも、そういう 話をしているんじゃないんです。

※番組の中で出てくる対談番組はコチラ↓


2016/11/16
単独無寄港の世界一周ヨットレースの
ヴァンデグローブに出場する白石康次郎さん。
生きて帰ってこられる保証はありません。
そんなときに大事なことは・・・
最悪な状況になったとしても・・・
「そのときには、こうする」と決めておくこと。
決めたら安心して行くことができます。


2016/11/23
ついに白石さんがアジア人として初出場をする、
ヴァンデグローブのス タートを観てきました!
しかも、現地フランスにて
白石さんに初出演をして頂きました!
白石さんの生声、ぜひお聴きください!


2016/11/30
ヴァンデグローブ現地報告の始まりです!
レーススタートの2日前。
初めて白石さ んのヨットをこの目で観ました。
私の想像を超える大きさにビックリです。
しかも、白石さん、フランスで大人気な んです。
もう、凄いんですから!



2016年10月放送


2016/10/5
中学生の頃、まったく勉強をしなかった白石さんですが、
ついに、お父さんが学校に呼び出されます。
帰って来たお父さんに
「2・3発殴られるんじゃないか・・・」
と思っていた白石さんですが、
お父さんが言った言葉は・・・


2016/10/12
9/30のヴァンデグローブ壮行会で
白石康次郎さんが言ったのが・・・
「僕はみんな に会いたかったんです!」
この言葉が嬉しかったんです。


2016/10/19
中学時代、まったく勉強しなかった白石さんですが・・・。
3年生になると進路のことを考えなくてはいけないですよね。
そこで、白石さんが見つけてきたのが「三崎水産高校」です。
この学校、3年生になると卒業実習で船でハワイに行くんです。
「これだ!」と思った白石さんは進路の希望に「三崎水産高校」と書きます。ところが・・・


2016/10/26
中学時代とうって変わって、
勉強も頑張った白石さんは優等生でした。
数々の大手海運会社から声がかかります。
でも、白石さんがしたかったのは
大企業に就職することではありませんでした。



ビジネス・プロコース 丸山先生が書きました。「きれいだな」


もうすぐ今年も終わります。

先週はクラスみんなで力を合わせてホームルームを、
昨日は先生たちの力を合わせて職員室の大掃除を済ませ、
新年を迎える準備ができました。

あとは自宅の大掃除を残すのみ。
家族の仕事の関係で、毎年私がたったひとりで挑みます。
たしか数年前は照明器具のカバーを外して拭こうと思ったら
手を滑らせて落としてしまい、割ってしまいました・・・。
その年の年末年始はカバー無し、蛍光管丸出しの照明器具の下で
過ごすことになった上に、私の責任ですから新しい器具を弁償することに。
まあ、今となってはいい思い出です。(あっ、よくはないですね。(^^ゞ)

さて。先日、佐久平駅近くで行われているイルミネーションを
見に行ってきました。今年のテーマは「万華鏡」だそうで、
50万球の電球をつかって「星の宝石箱」を表現しているとのことでした。

空気が冷たければ冷たいほど、星空も冬の花火もイルミネーションも
美しく見える気がします。寒さと闘いながら観賞してまいりました。

また来年も楽しみです☆彡



情報処理科 武井先生が書きました 良いお年を! 


寒くなりました。塩田の畑に植えたタマネギに切り藁を敷いて寒さよけにしました。そうしないと寒さでたまねぎの根がやられてしまいます。何とか全面に敷くことができました。これで追肥をして春を待ちます。6月が楽しみです。

自治会では餅つき・しめ縄講習会が18日にありました。今年はノロウィルスなどの大流行で餅つきイベントを中止するところが出ていますが、注意して調理しましたので、まったく心配なくみんなでおいしいモチと豆腐汁を堪能しました。ウエジョビ卒業生のM君がお嬢さんを連れて参加してくれました。まだ杵が重いので役員さんもお手伝いして楽しんでくれました。つきたてのお餅は格別です。大根おろし、きなこ、ゴマ、あんこなど大好評でした。しめ縄もご年配の方が講師になってたくさんの方がチャレンジしていました。

学校の最終日には、Webクリエイターコース2年の卒業研究プレゼンテーションを行ないました。今年は3テーマを研究しています。ケーキ屋さん、公園と遊びの紹介、市内散策と謎解きです。スマホに対応した面白い作品になっています。もう少しで完成です。頑張っています。

1年生の組込み基礎の実習で用いる予定の通信デバイス3GIMを入手しました。Arduino+IoTABシールド+3GIMでIoTの基礎を学べるように準備を進めます。請うご期待です。

野菜通信はひと休みです。また来年も頑張りますので経過をご報告させていただきます。それでは皆さん良いお年を。



公務員科鈴木先生が書きました 今日も修学旅行で


今日も公務員科の修学旅行ネタです。連日で恐縮です。

行政3組は諸般の事情で8名が参加できず、

修学旅行期間中の毎日、学校に登校し、受験や資格試験に

備えて熱心に勉強していました。

クラスの係の仕事や、お見送りをしてくれて、

みんな、ありがとう!

29名、ちょっとしたハプニングはあったものの、

無事に行ってきました。

「もう1日くらい滞在したかった」という声を多数

聞きました。それだけ楽しく、充実していたのでしょう。

担任として嬉しかったのは、良い意味での、いつもと

違う人間関係が見られたこと。愛情こもった「いじり」や

夜の怖い話など、いろいろな場面でクラス内の関係が広がり、

深まったのを感じました。

全員がつながっているんだなあ。素敵な37人ですね。

【おそろい6人衆。エレガントですね。オプションをしっかり楽しみました】

【おそろい5人衆。英語がかなり通じたようだね。現地の人に積極的に話しかけたのはGOOD!】

央先生もクラスのみんなと一緒に行動する機会が多く、

思い出深い修学旅行になりそうです。

【すごいボリューム!!でも美味しい!!】

【朝6時からの「散歩」イベントに参加してくれた男子も!眠いか~い!?】

【ここは刺身をはじめ安くて美味かった!でもスマン、一緒に行ったみんなとの写真を撮り忘れた!】

良き修学旅行だった。先生方は、外国の危ない夜の街にうっかり

みんなが出ていかないよう歩哨(?)に立ったり、落とし物など

ちょっとしたトラブルに対応したりと、けっこう、ずっと気を

張っていたので、成田に無事着いたとき、学校に無事着いたときと

それぞれホッとしたけれど、でも楽しかったね、みんなといられて。

そして修学旅行のあいだ学校で頑張っていたみんな、ただいま。

ささやかなお土産でゴメンな。また年明けからは37名全員集合だ。

 

*** 思い出ギャラリー ***

【これはグアムでなくて夏の日本です】

【11月には腕相撲大会も開催しました】

*** 今月の1冊 ***

飛行機の中はヒマなので、成田空港の書店で買った

「職業としての小説家」(マックス・ウェーバーみたい)

という村上春樹さんの本を読んでいました。

私はいろいろ文章を書きますが、正真正銘の小説というものを

書いたことはありません。大学時代に「イヨマンテの大地」という

タイトルの北海道を舞台にした小説を書こうと思い立ちましたが、

青森から函館に向かう船中のシーンだけで原稿用紙30枚以上に

わたってしまい、北海道に着く前に早くも挫折しました笑。

村上さんの本で彼の小説の秘密の一端を知ることもできましたし、

小説を書く意味ということも改めて考えさせられましたし、

「俺が書くとしたら、これは参考になるな」という箇所も少なからず

ありましたが、今のところ書くことはないかな。

いつかは書くかもしれませんが、書いても一発屋かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 



公務員科 堀内先生が書きました。『クラスメイトと過ごす楽しい時』


もう12月も21日ですね。今年もあとわずかになりました。

今年もあっという間の一年間でした。早かったなぁー。
真田丸終ってしまいましたし、修学旅行も行ってきたし、気がつけば公務員試験の発表もホントあとわずかです。
それぞれの進路に向かって、各々、ぬかりなく!

そんな折、公務員科の後期は楽しい行事が目白押しです。

まずは11月のレク。
公務員試験に向けて必死にやってきた学生が、普段見せないような様々な表情でクラスメイトとのスポーツに興じます。同じ目標に向かい、苦しい時も共に乗り越えてきた仲間と共に、全身を使って、大きな声を出して、笑顔になって、見ているこちらも爽快です。


また、例年のことですが、レクの最後を飾るのが各クラスの代表者によるストラックアウトなのですが、野球部出身の私に模範(?)投球のパフォーマンスという責任重大な仕事が課せられています。ここ何年かは一枚は必ず抜いているのですが、毎年ドキドキです。一球目をゲージの右斜め上に外してしまいました。ドキドキの二球目を投げると・・・・・・お見事!一枚抜くことができました。

その時の我がクラス、K1のみんなの表情です。
蜂の巣をつついたように喜んでくれました。この反応には不覚にも私も喜んでしまいました。

 

で、レクの結果は・・・優勝でした。私の記憶が確かなら優勝したのは初めてかと。。。お見事!K1!です。

公欠でレクに参加できないクラスメイトの名前を持ってのクラス写真も感慨深いです。

次は12月の修学旅行。
先週、5日間行って参りましたが、異口同音に「楽しかった」との感想が聞くことが出来ました。

クラスの集合写真もたくさん撮りました。

親しい仲間たちの素敵な表情も多数。。。

ビーチでもいろいろな企画写真も撮りました。

日焼けした肌の痛みをこらえながらのピラミッド!

このジャンピングポーズは担任の必殺技!?

欽ちゃん!?

?????

この楽しい、二つの学校行事を経験して、さらにクラスの団結を深めたK1の面々。
年が明ければ、苦楽を共にしたクラスメイトと共にウエジョビ生活の総仕上げに入っていきます。

見事なまでのメリとハリで、最後の最後まで全力投球していこう!!!



医療秘書コース陽子先生が書きました。「就職準備セミナーに行ってきました」


2年制学科の1年生は12月8日(木)に長野市で開催された「就職準備セミナー」に参加してきました。

前半の講演では就活における大切なポイントを伺いました。「普段が本番でもでる」「素直が大切」など、いつもウエジョビで伝えていることを、ハローワークの方からもお聞きしましたので、学生のみなさんにとってはより説得力があったと思います。

普段の姿が本番でもそのままでます。本当に普段が大切なんですよ~!

後半の体験型ワークでは社会で必要なコミュニケーション能力の大切さを実感しました。初対面の人との自己紹介やグループディスカッションは、緊張したと思いますがよい成長の機会になったと思います。

今回学んだことをしっかりと行動に移し、一日も早くしっかりとした社会人になってほしいと思います。

来月には就職ラリーもあります。みんな、がんばるぞー!



公務員科 福村先生が書きました。「キレイなこころがこのように…」


公務員科は修学旅行をもって今年の授業は終了。
前期は公務員試験に向けて休む間もなく突っ走り、
後期は検定試験試験に向けてやはり突っ走ります。
私の今年最後の日記は修学旅行特集で。
楽しそうな様子はHPの「ウエジョビ・ニュース」に譲ります。
ここではちょっと違う観点から。

<その1>
グアム3日目の夜に熱を出してしまった男子学生がいました。
廊下ですれ違う学生に話すとその話が瞬時にクラスメイトに広がって
北原裕理:「おかゆ持って来たけどこれなら食べられるか?」
そして、次々に彼を心配して
「薬あるか?」
「女子からジュースの差し入れ」
「何か買ってくるけど?」
「氷もってくるね」
等々、引っ切り無しでした。
この情報伝達スピードに驚きです。
本人の感動は言うまでもなく、
何より迷惑をかけまいと翌日の完治を誓っていました。
翌日の午後には平熱に戻ってひと安心。
お互いが気を使いすぎるところもありますが、
心温まる環境にいることに嬉しく思いました。

<その2>
実はあるオプショナルツアーが現地の都合で
開催されなくなってしまいました。
そのツアーの対象は私のクラスの女子5名です。
楽しみにしていたのに変更してもらわなければならず
申し訳ない気持ちの中で変更のお願いをすると、
柄澤紀子:「分かりました。いいですよー。」と即答。

性格の良さがにじみ出てる彼女ですが、
いつもと同様に実に気持ちよく返答してくれたのです。
他の女子も不満な顔一つせずに快諾してくれました。
本当は予定を組んでいて残念であったことは間違いありません。
しかし、相手を困らせまいと実に爽やかな対応をしてくれました。

<その3>
なんかやたらとクラスを集めたがる発言をする学生が一人。
強制的なことを好まない私は
「皆やりたいことがあるんだから、無理に集めなくてもいいよ」と。
そうこうしているうちに学生が一同に会する最終日の夕食時。
私をクラスの集まるテーブルの誕生席に。
竹内杏奈:「先生、ちょっとここに」
私   :(何をされるのか不安な中)「なんだよ?」
竹内杏奈:「先生、勤続10年…」
みんな :「おめでとうございます!」
そういって、似顔絵&メッセージ入りのTシャツとフォトプレートを私に。
まさかここでは何もないと思っていたので、本当にサプライズ!

企画立案・制作の竹内杏奈、
イラスト・文字を書いてくれた翠川静香を始め
みんなには本当に感激させられました!
誕生日のときも十分嬉しかったですが、
その時の感情をはるかに超えてしまいました。

環境が変わって体調を崩したり
不測の事態で予定が変わったり…
そのような時こそ人の本質が表れるもの。
楽しい思い出以上にお互いを深め合い、
更に分かり合えたことと思います。
かく言う私自身が学生の人間性の高さに改めて触れ、
みんなの前であれこれ語ることを恥ずかしく思う程でした。
去年もそうでしたが、
今年も時が経つにつれてますます良い関係が築けています。
「他人の為に、他人に喜んでもらいたくて…」
そんな学生たちの思いを胸に、
私も人間力を高めるべくこれからも努めていきます!



情報処理科 堀先生が書きました。 卒業研究頑張っています!


先ほど、公務員科の学生たちが無事、修学旅行から帰ってきました。みんなニコニコして、まっくろに日焼けしています。そんな姿を見ると、私たち2年制学科が行った2週間前の修学旅行が思い出されます。

最近の信州の厳しい寒さもあって、常夏のグアムがひときわ懐かしく思い出されますが、そんな担任の思いをよそに、学生たちは今それどころではありません。

残りのウエジョビ生活ももうあと2ヶ月を切った2年生は、卒業研究の制作活動が追い込みに入っています。

今年のネットワークエンジニアコースの卒業研究は4チームに分かれて、それぞれ学生が企画したシステムの開発を行っています。

4チームともとても意欲的な企画ですが、その分どのチームも簡単ではありません。学生たちは今日も夜遅くまで残って制作を続けています。

質問に答える私も思わず熱が入ります。

この寒い中でも、実習室は毎日熱気に包まれています。

みんな、完成まであとちょっと!一緒に頑張ろう!