すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科の秋のお休みを利用して恒例の京都(方面)旅行に行ってきました。

今年はとても有名なお城とあまり知られずにひっそりしているお寺、の両極端の訪問になりました。

161101a

まずは、京都ではありませんが、丸亀城を訪ねました。石垣の名城と言われる丸亀城は香川県丸亀市にある現存十二天守の一つです。高台にぽつんとした姿がかわいらしく、石垣のパターンがたくさん見られました。とても有名とは言えませんが、雨の中、朝からたくさんの観光客の方が楽しんでいました。

161101b

次も、京都ではありませんが、姫路城を訪れました。改修を受けて、昨年度から再公開されているということで、きれいになった姿を楽しみに行きました。ビュースポットからの真っ白な美しいお城はもちろんのこと、内部もとても充実していました。一方通行でお城の中を90分程度でめぐりました。ただ、かなり急な板の階段が続いていて、けっこう登ってほっとひと息ついていたら、係の方に「ここは6階まで登るうちの、まだ2階ですよ」と言われてビックリしました。また、スマートフォンでダウンロードした「姫路城大発見アプリ」でAR技術やCGを活用した展示も楽しめました。

 

京都で訪ねたのは2箇所。いずれもテレビで取り上げられていたものを見て行くことを決めました。

161101c

智積院

収蔵庫には長谷川等伯一門による「桜図」「楓図」をはじめとする桃山時代(十六世紀)の数々の障壁画が大切に収められています。他に誰もいない部屋で流れる放送の説明を聞きながら四方の絵をゆっくり楽しめました。

写真は、上の絵を意識して書かれたと思われる田渕俊夫画伯の襖絵。平成20年に奉納されたそうです。

また、庭園もとても素敵でした。

 

養源院

慶長5年(1600年)8月1日に伏見城で自刃した徳川家の家臣の方の跡がそのまま残っている廊下を天井に上げた「血天井」と、俵屋宗達が描いた襖絵「松図」や、白象、唐獅子、麒麟を描いた杉戸絵(重要文化財)が有名なお寺です。訪れる観光客も少なく、案内の方がとても丁寧に説明して下さって、その後ゆっくり見ることができました。

 

そして、旅行の楽しみの半分は食べること。食べ始めてから「あ~、写真とっておけば良かった」がほとんどですが、姫路で土地のおいしいものをあつめた「ご膳」だけ忘れずにパチリしてきました。

161101d

 

旅でリフレッシュ、また、後期も学生のみんなと頑張れそうです。