すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

事務 高見澤先生が書きました お花☆


先生方の先週の日記にもあるように、

10/22(土)はサントミューゼで

ココロの授業講演会がありました。

 

木下晴弘先生のお話はもちろんなのですが、

そのお人柄からも学ばせていただくことが

たくさんあります!

もちろん、今回も。

161031

「今回も」といえば、花束も演台脇のお花も、

いつもお願いしている花屋さんのもの。

季節を盛り込んだお花を用意してくださいました。

 

素敵だったので、リハーサルの合間に

お花と一緒に撮影してもらいました。

 

深紅の色は菊の花。

色合いもですが、まあるい形がかわいらしくて

今回一番気になったお花です。

 

そういえば先日、お花を届けてくださった方が

「信州の名工」として新聞に載っていました。

次回はどんなお花なのか、とても楽しみです♪



公務員科 奥山先生が書きました。【運動会】


タイトルにあるように運動会に行ってきました。

161028a

今年のテーマは【忍者】なんですかね。

夏祭りも運動会も忍者がいっぱいです。

昨年は、「運動会!?娘は何かできるのかな?」と思いながら参加してましたが、今年は娘から「緑忍者だよ。」とか言われ家でも踊りの練習をしたり、親子競技の練習もしていたので、この日を楽しみにしていました。

毎回思いますが、保育園の先生は本当に良く準備をしていると感心しています。

161028b-12

 

緑の他にも赤や青などの忍者がいましたが、いまだに何故娘は緑だったのか・・・謎です。

映像でお見せできないのが残念ですが、かわいい忍者が木に変身したり、「しっしっ忍び足♪」とか言いながら歩く姿は可愛かったです。

親子競演も無事に終わりましたが、来年は更に難しいことに取り組んだり、やる競技も増えると思うので、今から楽しみです♪

日々成長を感じる今日この頃です。

これからも仕事の合間に参加できる行事には参加していきたいです。



受付事務 平野先生が書きました 「温泉街に海が ②」


先月の日記でもご紹介しました
渋温泉で開催中の「シブニウミ画展」。
沢山の観光客の方の目にとまって、楽しんでいただけているそうです♪
新聞やテレビなどの様々なメディアにも取り上げられました。
昨日はなんと、Yahoo!のトップニュースに写真付きで!
すごい~!

201610272
「600匹の魚、古い温泉街を泳ぐ」

メイン通りには、
ウロコ一枚一枚を渋に縁のある人が描いた、大きな魚が新たに登場。
私もウロコと巨大な腹ビレを描きました♪

20161027

この企画が大切にしているのが「ご縁をつなぐ」という事。
世界を回遊して、また生まれたところに戻る魚たちのように、
渋温泉とみなさまを繋ぐ”ご縁”が、
ずっと回り続けますように…との願いが込められています。

願いの通り、沢山の人たちが自分の描いた魚が飾られているのを見に、
友達や家族を連れて再び渋温泉を訪れているそうです。
私も、自分の魚が泳いでるのを友達を連れて見てきました♪

学校でもイラストを沢山描かせてもらうくらい、
絵を描くのは昔から好きですが、
ペンキと筆を使ってこれほど大きなキャンバスに描いたのは初!
どっぷりはまりすぎて、10枚以上お絵かきしてきちゃいました。

20161027-3
ぜひぜひ渋温泉にお出かけの際は見てみて下さいね~♪

 

 



1年生 小旅行に出発!!です。


2年制学科の1年生が、東京ディズニーシーと横浜散策の旅に出発しました。

161027yer

みんなワクワク!笑顔で集合です。

161027kai

161027iaka

みんな小旅行を楽しみにしていました。

現地での行動計画もバッチリ準備をしています!

161027edc9

バスの中では、すでに盛り上がっています。

161027asd

職員も2年生の先輩も全力でお見送りしました。

良い思い出、楽しい思い出をたくさん作って、クラスの仲間の絆も深めて

帰って来てくださいね。いってらっしゃーい!



公務員科 北原準司先生が書きました。必要な時にやって来てくれる正義の味方のような・・・・。


みなさん。急に寒くなってきましたが、体調を崩したりしていませんか?

寒さに負けずに、がんばっていきましょう!!

さて、先週の土曜日22日には、ウエジョビが誇るビックイベントの一つ「ココロの授業講演会」がサントミューゼで開催されました。

今回は、あの木下晴弘先生の講演ということもあり、本当に大勢の方々にお越しいただきました。予約ではなんと、1500名を越えていたんです。みなさん、本当にありがとうございました。

そんな講演会で、私北原は「司会」を担当させていただきました。

当日の様子は、こんな感じです。

161026dec

なんと、前説に我武者羅慶援團が来てくれるという豪華な顔ぶれです。

161026asd

そんな中、私北原は緊張しながらも何とか司会という仕事を終えることができました。パチパチパチ~。

161026teq

で、タイトルに関わる話はここからなのですが、私は司会をさせていただくときには必ず行うことがあるんです。

それは、

①講演してくださる方について調べるということ。

②講演してくださる方の1番新しい本を一冊読むということ。

その中で、必然がまたまたやって来てくれました!それは、木下晴弘先生の本が「子どもが心から勉強を好きになる方法」という本だった事なのです。

思い返せば一年前のココロの授業。喜多川泰先生の講演会で司会をさせていただいたときに、私の実感した「読書の大切さ」と「本は必要なときにその人に必要な本が手元にやってくる」といった感想をお話させていただきました。まさに、それが起きたのです!

私事ですが、私には中学生になる娘がいまして・・・。その子の勉強が・・・・。親としても・・・・。

というときに「子どもが心から勉強を好きになる方法」ですよ。もう、本当に「ありがとう!!!!」って感じです。

昔から私は読書が苦手で、本をあまり読んでこなかったせいかもしれませんが、不思議なくらいに本というのは、必要な時にやって来てくれる正義の味方のような存在なんだって、この年になってあらためて気づかせてもらいました。

秋の夜長、皆さんも素敵な本と出会うことができるといいですね!!!



北部高等学校2年生のみなさん!学校見学ありがとうございました。


本日は、北部高等学校2年生のみなさんが学校見学にいらっしゃいました。

 

希望コースにわかれて、校舎見学、授業を体験していただきました。

161026kaiy

カリスマ教頭山極先生が、学校全体の説明をアツく説明しました。

16102650

50名の全員笑顔の迫力満点の集合写真を撮影できました!!

ありがとうございました!!

 



ビジネス・プロコース 丸山先生が書きました。「伝える力」


22日の講演会は、本当に多くの方々にご来場いただきました。
受付担当の先生方の「1・2階は満席となりましたので3階へ・・・」
というご案内の声が聞こえていたので、たくさんのお客様に
お越しいただいたのだなと心から嬉しく思っていました。ありがとうございます!

今回のゲスト、木下先生のお話を初めて聞いた学生たちは
日頃、プレゼンテーションの勉強をしているせいか、内容はもちろんのこと
木下先生のプレゼン力をしっかり吸収しようと丁寧に聴いていました。

先週、ビジネス・プロコースとインテリア住環境コースの1年生は
自分の好きなもの・ことについて発表したり、

161025a

次の課題として現在は、
世の中の問題点を解決するためのアイデアをチームごとにまとめたりと、
様々なプレゼンテーションに挑戦しています。

ちょっとのぞいて見ると・・・。
いろいろ出てきました、解決したい問題がいっぱい!

161025c
「物をよく失くす」「ゴミのポイ捨て」などなど。
この中からひとつ選んで画期的な解決法を見つけていきます。

161025b

生きる上で、伝える力や表現力はとても大切だと私は思います。
自分なりの考えを持って、思いをこめてそれをしっかり相手に届ける。
手法だけでなく、思い!やっぱり大事ですね。

これからも伝える力を磨いていきたいです。 私も頑張ります^^



情報処理科武井先生が書きました 月間野菜通信です 


めっきり涼しくなりました。野菜通信もあと1回ほどで終わりですね。畑の隅に作っておいたサツマイモを掘りあげました。途中で消えてしまった苗があったりして、今年の出来はあまりよくありませんでしたが巨大なものも出来たりしてびっくりでした。でかイモ君は知り合いにあげたりして喜んでもらいました。1コンテナ分は支援食料としてお送りする予定です。

satsumaimo

白菜君たちは大きく葉を広げてきました。60日白菜と80日白菜を育てています。もうすぐ巻いてきそうです。どんなものが出来るか楽しみです。幸いにも天候不順の影響をあまり受け無かったようです。東京などでは高値で大変だそうですので、いいものが出来たらお送りしようと思っています。

hakusai

秋の雨が続いたので、刈り取りが遅れましたが田んぼの稲たちもやっと刈り取ってもらえました。大きい田んぼなのでコンバインのお世話になっています。春に肥料を多めに撒いたせいで倒れた稲も出ましたが穂は大きくて実入りがよさそうです。新米もほしのいえに送る予定でいます。

tanbo

夏のジャガイモ掘りでお世話になった方には信毎の建設標で感謝の気持ちをお伝えすることが出来ました。本当にありがとうございました。

11月12日には小海町の松原湖近くのバイブルキャンプで山谷農場の収穫感謝祭があります。食料を支援する側と支援を受ける側の人たちが交流をする素晴らしい機会です。カラカサンや愛のスープ会、山梨ダルクなどの方と1年ぶりの再開です。作りたてピザやチヂミ、巨大バームクーヘンも楽しみです。軽トラに支援食料をたくさん積んで行こうと思っています(^.^)。



公務員科 鈴木先生が書きました 「あなたが一番がんばったことは何ですか?」


公務員科の秋(夏?)休みも終盤戦。

学生は公務員試験の2次試験に向けての準備を進めたり、

あるいは民間就職に向け気持ちを切り替え行動を始めたりと、

休みも返上で頑張っています。

seseszterakoya

さて秋といえば、読書。読書の秋ですね。

ここでも読んでいます。

sensznatsu

ここでも読んでいます。

おっ佐藤芳直さんの本だ・・・

 

いやあ先生、読書の秋だけじゃないですよ。

puppi

こちらは運動の秋、スポーツの秋。

仲良しの二人、米子大瀑布まで山道を歩きました。

(そして食欲の秋。二人がこのあと食べたのはソースカツ丼)

皆さんは、どんな秋をすごしておいでですか?

poppe

この人は得意の2冊同時読み。

ということで、ここで今月の1冊ならぬ2冊。

「小倉昌男 祈りと経営」

私は生前の小倉さんと何回かお話しする機会があり、

とても尊敬する人なのですが、

この本を読んでいっそう、小倉さんへの敬愛の念が深まりました。

【小倉さんのことをあまりご存知でない方は「経営はロマンだ!」からお読みいただくことを勧めます。】

もう1冊が、

「運が99% 戦略は1% インド人の超発想法」

これは、とにかく面白い!

日本人である著者がいかにしてインドの大学の先生になったか、

とにかくエピソードが面白い!

いずれ近いうちに人口も中国を抜き世界1位となるインド。

日本と同じ民主主義国家でもあり、

インドとは大いに交流を深めていくべきだと思います。

その第一歩として、この本は必読ですぞ!

 

さて・・・

ようやく今日の本題に入ります。

公務員あるいは民間企業にむけての面接練習のなかで

よく学生にする質問が

「あなたがこれまでの人生で、一番がんばったことは何ですか?」

 

学生はいやおうなく自分自身に向き合うことになるのですが、

きのう、ふと思いました。

同じ質問を自分がされたら、どう答えるだろう?

一番がんばっているのは、いまのウエジョビでの自分だと思います。

ではその前は、というと、

仕事をする傍ら猛勉強した大学院修士課程の二年間かな、と思います。

毎月、平均して4、5冊は専門書を精読し、

そのほかにも関連文献や必要なサイトをチェックし、

レポートを毎週のように書き単位を取得し、

そして一番の目標である修士論文を書き上げ、

3人の教授の査読などを経て全てをクリアしたときの達成感。

いま思い出しても「よくやったなあ」と思います。

senseszsyuushi

自分の生き方は、ひとつところに安住せず、常に自分の理想に向かって

まい進する、というもの。

自分のなかで、これからやりたいことは明白にあるので、

来年の今頃、自分は新しいことに悪戦苦闘しているはずです(笑)

仕事と大学院を両立させていたときと比べ体力は少し落ちましたが、

学生たちに負けずに頑張るぞ!

明日の俺は、どんな俺だろう!楽しみだ!

 

 



就職課 矢野先生が書きました。秋の日は・・・


里山の紅葉はもうじきでしょうか?秋は夕暮れが早いですね。

161020srg

夕方の5時半を過ぎる頃は、このような感じです。本当に日が落ちるのが早いですね。

しか~し!それにより引き立つものもあります。

ウエジョビ正面玄関より真正面に見えるのが・・・

161020twf

地元で愛され続けて40年余り。

老舗洋菓子専門店エトワールさんのディスプレイです!

161020asd

ファンタジック!ファンタスティック!ビューティフル!

お店の方が四季折々にディスプレイしています。

161020edc

ブラックボードもハロウィンですね。

ハロウィンは10月末日なのだとか・・・諸説ありますが、最近では、日本でもすっかり定着しているようですね。

ウエジョビにも夕方、大勢のちびっ子が仮装して来ることがあります。

秋は多くのイベントが開催される時期でもあります。

焼鳥んピックも海野町フードフェスタも行きました。とても楽しいイベントでした。

大いに秋を楽しみましょう!

161020kid

本の紹介は、「最近はババ抜きをやろうと言われることが多くなって困っている」と言うメンタリストDaiGoさんの本です。

本の紙の色が3色に分かれています。また、「幸せにニャる!」専用のしおり付きでした。テレビでの印象とはまた違った一面も知りました。

裏表紙には「セブン&アイ出版」、「校正:有限会社玄冬書林」 というのも発見しました。

ドラマの「地味にすごい!・・・」ではありませんが、世の中には校正、校閲というお仕事もあるのだなと思いました。

季節の変わり目です。体調管理に気をつけて、秋の夜長を有意義に過ごしたいものですね。