すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

先日、自衛隊の体験搭乗の機会に恵まれ、埼玉県入間基地に行ってきました!せっかくなので完全レポート!

前日からワクワクして朝一番で出発。
会場では、比田井先生の「ココロの授業」読者である自衛隊幹部の中島様がわざわざ東京から駆けつけてくださり、一緒に行った陽子先生と記念撮影!
体験搭乗
まだ、体験搭乗がどんなものか心配で、若干顔がこわばっています(笑)。
受付を済ませ、しばらくすると滑走路へ案内されます。
そこへ!
バッバッバッバッっ……!
きたっ!ヤツが来たぞ!
チヌーク
ばーん!
CH-47J チヌークの登場です!
御嶽山の救助活動に向かう消防士の移動に活躍したことは記憶に新しいですが、あの福島原発に大型のバケツをぶら下げて放水活動をしたことでも有名な機体です。なんと、乗組員の他に最大55名を乗せることができるそうです。ネットで調べると、中に車を積んだり、装甲車をぶら下げたり、もうなんだか空飛ぶ箱船のようです。
ちなみに、チヌークはネイティブアメリカンの部族から命名されています。アパッチというヘリもありますよね!
やがて着陸すると、ご尊顔がこちら!
フロントフェイス
なんというか、ウォンバット顔と言いますか、かわいいです。
搭乗は後のハッチがぱかっ!と開いて、乗り込みます。
後部ハッチ
簡易ベンチのようなところに腰掛けて、シートベルトを着用。
ハッチが閉まります……。
 あいている
あれっ。全部閉まってない。
簡単なネットが引っかけてあるだけ。
バッバッバッっ……。
飛び立ちます。
えーーーーー!
特に説明はありませんでしたが、旅客機ではないので扉はこういう仕組みのようです。
前を見ると……。
えぉぉおおおお!
前の扉……。
いや、前には扉がない!
そこにもネットが引っかけてあります。
そうかっ!
救援活動などには扉があるとかえって危険なのですね!
わかっても、なんだか怖いです。
扉が開いているので、機内は轟音。
耳を痛めないようにイヤーパッドを装着します。
あっという間に高度を上げて、東京上空へ。
安定飛行になると機内は自由に移動可能に。
もちろん、誰も解放されているハッチには近づきません(笑)。
少し落ち着いて記念撮影。
 機内
良い子にしていたからでしょうか、かっこいい自衛官の方が手招きをしています。
声は聞き取れないので、ジェスチャーで会話をします。
「きみはよいこにしていたから、このヘルメットをかぶっていいよ!」
「わーい!」パチリ!
 ヘルメット
うれしい一枚。パイロット気分!
すると……。
「ずいぶんうれしそうだから、このボタンを押してあげよう!」
しゅるるっ!
おぉーー!シールドが出てきたー!パチリ!
 フルフェイス
そのあとは、スカイツリーを上空から見たりと20分間の体験飛行。
本当に貴重な体験でした!
自衛官の方のお仕事も垣間見ることができました。
さらには、航空歴史資料館も見学させていただき、大変勉強になりました!
その内容はこちらのブログに書きましたので、ぜひご覧ください!
お世話になった自衛官のみなさま、本当にありがとうございました!
感謝です!