すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

帰りのHR終了後、ある学生が
「先生、5分ほどお時間よろしいでしょうか?」と。
別室に連れていくと神妙な面持ちで悩みを話し始めました。
しかし、1分も経たないところで別の学生が
緊張感ある表情で駆け込んで来て
「○○さん(←相談をもちかけた学生の名前)すぐに来て下さい」と。
私も何事かとHRに戻るとそこは真っ暗に。
その直後、「パンパン!」とクラッカーが鳴り響きました。
私の誕生日の前日のことでした。

今年の私の誕生日は土曜日で、
その日は出勤担当ではなかったため直近にお祝いしてくれたのです。
毎年毎年クラスの皆にはお祝いしてもらっていますが、
今年は更に特別な思いを感じました。
クラス全員がその日1日私を祝う様子など全く見せず、
いや、むしろ祝うつもりがないようにも感じ。
その演技力に脱帽。

プレゼントは私をよーく観察していることが分かるものばかり。
こっそり取りに行ってこっそり冷蔵庫にしまった
デコレーションを凝りに凝ったケーキ。
そして、手間暇かけまくった様子が分かるメッセージブック。
どれだけ大変だったことでしょう…。
それは想像を絶することでしょう…。

160811b

実はその翌日、
ある心理学の試験でラストスパートかけなければならない中、
時を忘れて何度も何度も読み返してしまいました(笑)。
親(私)への気持ちを一生懸命に書いてくてた内容。
全文紹介したいくらい…。

そしてなんと、矢野先生も駆けつけてくれて、
こうなれば学生たちもカメラの前に更に表情が緩みます!

160811a

本試験が差し迫ってきたこの時期。
精神的に不安定になりがちですが、
でもむしろ穏やかに更なる団結をみせてくれました。
他人の為に労を惜しまず喜んでもらいたいと思う皆の人柄を再認識し、
このクラスの担任でいられることに心から幸せを感じました!
そしてなんとなく嬉しいのが、
みんな「行政1組」ってあんまり言わずに「福村組」って言うんです。
そこになんか家族みたいな感じを抱いてしまうのです。

今、公務員科はサマーセミナーを熱く展開中!
勿論、通常授業も追い込みの時期!
私の力の源は先生方との横のつながりと
やっぱり何より学生たちの存在です。
彼ら彼女らから学ぶことの多さに改めて気づかされます。
学生同士のみならず、学生教師間での学び合い…
こんな素敵な環境に改めて感謝です。