すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

さて7月も後半戦。公務員科は夏休みとなりません。

9月に受験のピークを迎えるため7、8月は燃える夏。

勉強まさに真っ盛りなのです。

そんな学生の目の保養にと、

今年は2年ぶりに花を育てています。

4月に蒔いた種が花を咲かせだし、

先日も鉢植えの一つを教室に持ってきました。

DSCF0015

さあ何の花でしょう。

ちなみに教室に持ってきたのは黄色い花ですが、

同じ花です。

残念ながら教室の温度が冷房で低いためでしょう、

屋外に出しておいたのと比べると、育ちがやや悪い。

少し工夫が必要なようです。

DSCF0014

この花は何でしょう。次に持っていくつもりの花です。

 

これらの花を選んだ理由ですって?

私が花を選ぶときは、育てやすさと花の美しさに加え、

花言葉をけっこう考慮します。行政3組の

001

こんな学生を見ていて、最初の方の花の種を買いました。

花言葉がピッタリじゃないですか(笑)

 

△△今月の1冊△△

『真田三代』(火坂雅志著)

DSCF0017

真田三代は6月まで隣の行政2組に在籍していた

K君からすすめられ手に取りました。

真田太平記に比べると上下2巻で手ごろな分量。

あっという間に読むことができました。

真田太平記と違うのは真田幸隆にかなりの頁が

割かれて書かれていること。

まあ『真田三代』という題名からして

当たり前といえば当たり前なのですが・・・。

幸隆の活躍をとても興味深く読むことができました。

特に興味をひいたのが「祢津のノノウ」。

東御市に祢津という集落がありますが、

ここには立派な廻り舞台があります。

「東町の歌舞伎舞台」といい一見の価値有りです。

あのような文化の香りあふれる祢津だったら、

かつてノノウのような集団が活躍し、

もしかしたら火坂さんの小説に書いてあるような

暗躍もしたのかも・・・と想像が膨らみます。

歴史小説はこのような自由さがあるから

面白いですね。