すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

先日、久しぶりに映画を観てきました。

作品は「信長協奏曲」です。
こちらの作品は以前ドラマでも放送されていて、今回映画で完結するということで
ぜひ見てみたいと思っていました。

Exif_JPEG_PICTURE

もともと日本史は結構好きで、特に戦国時代はロマンがあり大好きです。
今回の映画のメインである織田信長については様々な逸話や謎が残されています。

奇抜な着物を身につけ、奔放で短気な性格。常識はずれの行動をとることから
「うつけ」と呼ばれていたとされますが、桶狭間の戦いでは2万5千人もの兵を率いた
今川義元を、わずか数千の兵で破るなど武将として優秀な面もありました。

またキリスト教の保護したり、ヨーロッパ文化を積極的に取り入れ、戦術にも
鉄砲をいち早く活用したり、楽市楽座などの政策で民衆に利益をもたらす一方、
比叡山延暦寺を焼き討ちにするなど、残虐な行為も多く行ったとされています。

映画「信長協奏曲」ではこうした史実の空白部分に想像力を膨らませ、
「実は織田信長は現代からタイムスリップした高校生であった」という設定で
ストーリーが展開していきます。

Exif_JPEG_PICTURE

歴史は一つも変わっていないのに、捉え方によって織田信長の斬新な行動が
すごく納得できる作品となっていて本当に面白かったです。

事実は一つかもしれませんが、捉え方は何通りも存在します。
想像力を働かせ、見方を変えれば、これまでとは違った世界が見えてきます。

現在は、大河ドラマで「真田丸」が放送されていて、こちらも毎週見ていますが、
戦国時代の武将たちの想いを受け止め、何かしら自分たちの生活にも
活かしていきたいと思いました。