すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

遅ればせながら初日の出です。長野市街にある我が家から撮影。

「何事のおわしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」

075new

1月も、はや21日。

正月気分も抜け、公務員科の学生は計算実務検定や簿記などの受験に向けて、

いよいよ勉強に本腰が入ってきました。

っっっと!

089new

いえいえ、こんな風に遊んでばかりではありません。

みんなガンガン勉強した後のひととき。

メリハリのきいた学生たち。

勉強するときは勉強。遊ぶときは遊ぶ。最高じゃな~い!

仲良きことは良きことかな。

088new2

こちらも仲良さそう。

いいわねえ~。

091new

外は連日の雪でこんな状態。でも、

地域の皆様の力を感じさせる、しっかり除雪された歩道。

素晴らしいですね。

もちろんウエジョビも、雪かき免許皆伝の堀先生はじめ

皆で毎日雪かき。もう汗だくだわよ。

でも歩きやすくなると、なんだか嬉しいっ!!

真田丸で全国から注目の上田。

先生も学生も最高の「おもてなし」の心で

全国そして世界からいらっしゃる皆さんをお迎えしましょう!

さて…お待たせしました。

今月の一冊。

はじめは喜多川泰先生の「心晴日和」を紹介しようと思いました。

ところが撮影すべく1号館6階の図書コーナーに行ってみると

「ないっ!」本がないっ!

貸し出し簿を見ると、わがクラスのS君が借りているではないですか。

先日のホームルームでこの本を紹介した私としては

嬉しい限りです!

001new

で今日は、この2冊。

1冊目。あの宅急便の創始者、小倉昌男さんの「経営はロマンだ!」

宅急便の話も面白いが、晩年のヤマト福祉財団の話がスゴイ!

知的障がい者の方の給料をそれまでの常識の10倍にまでされて。

お亡くなりになる寸前まで、若々しく、世のため尽くされた小倉さん。

実は親しくお話させていただいたことが何度かあるのですが、

優しく、穏やかで、正義感が強く、まさに紳士でした。

2冊目。「差別とハンセン病」

信濃毎日新聞、畑谷史代さんの著。

とりわけ公務員になる諸君にはいつか読んでもらいたい名著です。

漫然と過去を踏襲する行政というものの罪深さがわかると思う。