すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255


いつも笑顔あふれるウエジョビ生。その笑顔の奥には悩んで、迷って、懸命に学んでいる姿があります。そんな彼らの等身大の姿をインタビュー形式でお届けする「ウエジョビ・ライフ!」 アツい思いを本音で語るウエジョビ生の声を続々更新して行きます!

「今しか出来ない挑戦を。」


土屋君メイン写真

【ウエジョビライフ 在校生インタビュー】
ネットワークエンジニアコース2年 土屋 誠くん(東御清翔高校卒業)

ウエジョビではどんな勉強をしていますか?
コンピューターの仕組みといった基礎から、ソフトウエア開発・データーベース構築等、ITに関わるまさにプロフェッショナルな勉強をしています。

難しそうですね!
はい!特に1年の途中からプログラムを自分で組む授業が始まってからは、格段に難しくなったという気がしています。これまでの覚えれば良い勉強とは違って、自分で答えを導きだすために、しっかり考える必要が出てきました。その分、とても楽しいとも感じています。

元々コンピューターが好きでこのコースを選んだの?
いいえ。そうでもないんです。高校の時に始めたバイト先から、「このままウチで働かない?」と言われるぐらい、進路についてはずっと後回しにしてきましたし、コンピューターを進んで学んだりもしていませんでした。高校では生徒会の副会長を務めて文化祭を盛り上げたりと楽しく過ごしていましたが、さすがに2年生の終わりに近づいて、「これはそろそろ考えないと!」と悩み始めました。バイト先もよくしてくださるので、そのまま働こうかなとも思いましたし、進学して自分の可能性を広げてみたいなとも思いました。
そんな時、姉が家で積極的にパソコンを使っている姿をよく見かける様になりました。実は、姉もウエジョビ生なんですよ!姉はパソコンビジネスコース(現ビジネス・プロコース)でしたので、エクセルやワードをガシガシと使いこなしていました。それを見て、自分もパソコンはよく使うし、もっと知ってみたいな!という興味が出て来ました。とは言え本格的にコンピューターの勉強をした事が無いので、いろんな学校を調べてみることにしました。

土屋君A学校探しはどうでしたか?
可能性を広げたいなという漠然な思いがあったので、東京や群馬、地元を含めて広く情報を集めていました。そのなかで、初めてウエジョビに実際に来たのは高校での学校見学会でした。正直、「あぁ、ここが姉さんの通っていた学校かー」と思いました(笑)。そして、初めてのオープンキャンパスへの参加は、友達の付き添いです。友達が一緒に行こうというもので……。Webクリエイターコースの体験をしたのですが、「おっ!なんだかこの学校は面白そうだぞ!」とようやく気がついたのです(笑)。そこで、今度は自分が興味を感じていたコンピューターをより深く学ぶネットワークエンジニアコースのオープンキャンパスへの参加を決めたのです。

おぉ!ようやくたどり着いた!!
そうなんです!!それで、実際に体験した授業がAndroid携帯用のマップアプリを作るという内容でした。正直、プログラムも初めてだし出来るか不安でしたが、なんとか完成までこぎつけました。率直な感想は「難しいけれど、面白い!」でした!悩んだ分、オープンキャンパスの後は、あっという間に気持ちはウエジョビへの進学に決まりました。

土屋君Bネットワークエンジニアコースを選んでどうですか?
やはり、難しい事は間違いないです。でも同じく「コンピューターを深く学びたい!」と思う仲間がいるので、とても楽しいです。情報処理の国家試験「基本情報技術者試験」というものが年に2回あるのですが、1年生の時と2年の春は残念ながら不合格でした……。でも全然あきらめていないんです!まだ秋がありますから!今、弱点を見つけて再挑戦に向けて準備しています。これも仲間がいるからめげずに続けて来れているのかと思います。ウエジョビでは仲間と協力しての勉強が多いのも特徴かと思います。チームワークの大切さや、コミュニケーションをいかに取るのかも学べました。そのおかげで、就職先に「カスタマーエンジニア」というお客様の声を聞き、要望に応えて行く技術者として採用をいただき、働ける事になりました!

資格以上に就活では、コミュニケーション能力を評価されたんだね!
はい!自分の一生懸命さを認めて頂き、とても嬉しかったです。とは言え、資格取得も自信に繋がりますので、このまま頑張って行きます!

それでは進路に悩む高校生にメッセージを送るとしたら?
とにかく友達と情報交換しよう!特に親友からの言葉は、ものすごいチカラで後押ししてくれる事があると思います。そして遊ぶ事も含めて、今しか出来ない事、今しか選択できない事を大切にしてください!

絶えず笑顔で答えてくれた土屋君。就職先が決まってもまだまだ自己研鑽を忘れない姿に、ますます成長の予感が!秋の情報処理国家試験もがんばれ!応援しています!

 




いつも笑顔あふれるウエジョビ生。その笑顔の奥には悩んで、迷って、懸命に学んでいる姿があります。そんな彼らの等身大の姿をインタビュー形式でお届けする「ウエジョビ・ライフ!」 アツい思いを本音で語るウエジョビ生の声を続々更新して行きます!

「自立した人になりたい!」


メイン写真

【ウエジョビライフ 在校生インタビュー】
パソコンビジネスコース2年 横沢亜希子さん(上田千曲卒業)
*平成26年度入学生よりパソコンビジネスコースはビジネス・プロコースへと改称いたしました。
ウエジョビを選んだきっかけは?
高校の時、なんだかだらけているなーと感じていたんです。きちんと授業も受けていましたし、頑張ってはいるのに……。今、思うと色々な事に頼っていて「自立」出来ていない事への焦りだったと思います。そんな気持ちで進路を考える時期になって、兄達は大学に進学しているし、私は地元の専門でいいかなと軽い気持ちでウエジョビのオープンキャンパスに参加しました。その時に比田井先生の「就職対策授業」を聞いたんです。働く意義を聞いて「あっ!責任を持って自立するってこういう事か!」とものすごく感動しました。「ここでなら、変われる!」って思えて、出願を決めました。

横沢さんA52E6088では高校時代、気持ちは沈んでいたの?
いえいえ!とても楽しかったです。私、中学・高校と皆勤しているんです。友達に会う事が嬉しいので休めないんですよ!
高校時代は「自立」出来ていない自分に焦っていただけで、勉強も楽しかったですし、文化祭では経理を担当したり、とても良い思い出が出来ました。でも、主に勉強していた日商簿記2級が不合格だったのは悔しかったです。今のコースに決めたのも、この資格はまず取ろう!って決めていたからなんです。

日商簿記2級はその後、どうなりました?
はい!ウエジョビに入学後、もう一度勉強し直して、無事取得できました。自信もついて、就職活動では事務職を中心に動き始めました。実際に就活を始めると簿記だけでなくてウエジョビで学んでいる様々な事が、社会で求められているなと感じます。パソコンのオフィスソフトはもちろんですけれど、ビジネスマナーは面接の時点から必要だなと感じました。今は、「販売士」の資格勉強が為になる事も多く、楽しく勉強しています。

それでは、就活の様子はいかがですか?
はい。先日、内定をいただきました!!

横沢さんA52E5973希望通りの事務職ですか?
いいえ。それが……。自分でも驚いているのですが、内定をいただいたのはホールレンタルとケータリングサービスをしている会社です。就活当初は「絶対、事務職が良い!土日は休みが良いなー!」と思っていたのに……。土日、ほとんど休めないサービス業に携わる事になるなんて、自分でも意外です。

でも、企業ガイダンスでこの会社と出会い、採用担当の方とお話をすればするほど、「あっ!この会社に必要とされている!働きたい!」と感じたのです。勝手な思い込みかな?とも心配にもなりましたが、採用担当の方にも「君みたいな新人に来てほしいんだよ!」と強く勧めていただいて、それまでの暗い就職活動の日々が嘘のようにトントン拍子に進みました。今思うと、ウエジョビでの幅広い学びが、事務職以外の仕事への順応性を高めてくれていたのだと思います。それに、担任の倉澤先生の「とりあえずやってみよう!」という言葉が後押ししてくれました。倉澤先生はいつも、言葉だけでなくて先生自身も「やってみよう!」精神にあふれているので、説得力があるんです。

来年が楽しみですね!それでは残りのウエジョビ生活は?
色々な事が出来る職場で働ける事が決まりましたので、「販売士」の資格も含めて、まだまだ取りたい検定が出てきました。そうした資格取得に向けて頑張りたいと思います。もちろん放課後、教室で課題をやったり、友達とのおしゃべりも楽しいので、そんな普通のウエジョビライフも満喫したいと思っています!

進路に悩む高校生にメッセージを送るとしたら?
悩みがあるときは「悩み抜く事」が大切だと思います!そうすれば必ず、転機がやって来ると思います。私にはウエジョビがその転機でした。良い事は待ってくれています。頑張って悩んでくださいね!

 

 

ウエジョビでも皆勤を続ける横沢さん。とっても素敵な笑顔で来年からの職場の事、ウエジョビでの楽しい日々を語ってくれました。そんな横沢さんをウエジョビは応援し続けます!

 

 

ビジネス・プロコースをもっと詳しく知るにはこちらをクリック!

 




いつも笑顔あふれるウエジョビ生。その笑顔の奥には悩んで、迷って、懸命に学んでいる姿があります。そんな彼らの等身大の姿をインタビュー形式でお届けする「ウエジョビ・ライフ!」 アツい思いを本音で語るウエジョビ生の声を続々更新して行きます!

「成長できた場所。」


安達君
【ウエジョビ・ライフ 在校生インタビュー】
Webクリエイターコース2年 安達勇希くん(丸子修学館卒業)

ウエジョビ入学する前、高校時代はどうでしたか?

部活は軽音楽部で、上級生とバンドを組んでいました。文化祭も盛り上がりました!ただ、上級生が引退してからは男子メンバーが集まらずに、部活動にはあまり力が入りませんでした。その代わり、アルバイトを頑張っていました。特に何のためにアルバイトをしていた訳ではないのですが、その頃から「卒業後はすぐに働いても良いかなー。」と考えていました。

それでは、最初から進学希望ではなかったのですね?
はい。私が進学を考え始めたのは、3年生の後半です。今思えば子供っぽいのですが、大丈夫だろうなーと楽観していました。とはいえ、そろそろ何か自分の興味が持てる事を見つけなくては!と考え始めたのが3年の11月頃です。遅いですよね……。当時、情報系の選択科目を取っていて、インターネット関係の内容に興味をもっていましたので、それならば進学かな?と検討を始めました。

安達君A52E5799それで、ウエジョビを見つけたのですね?
そうです。高校2年生の時に、比田井先生(当校副校長)が講話のゲストとしてきてくださって、「働く意義」について語ってくださいました。そうだ!この学校なら家からも通えるし、ITの専門コースもあるという事で、大学よりも短期間で学んで就職もできそうだと早速、出願したのです。実は、入学を決めてからオープンキャンパスに参加したんですよ……。

オープンキャンパスが後なのですか?
はい……。入学を決めてから、今の担任の先生である今安先生から「入学してから選んだ進路に戸惑ってはいけないから、今からでもオープンキャンパスに参加してみなよ!」と勧められたのです。実際に体験してみて自分が求めていた専門知識も得られる事が確認できましたし、何より「この先生なら信頼できるな。」と安心して入学する事が出来た事を覚えています。

安達君A52E5825入学後の授業はどうですか?
専門的な内容なので堅苦しいかな?と思っていたのですが、予想以上にグループで話し合ったり、制作に傾ける時間が多くて楽しく進めています。特に、コンテンツの制作では一人で出来る事よりもチームで協力して形にする事が多いので、達成感も大きいですね。今、チームで実際にお客様が利用されるウェブサイトの制作に取り組んでいますので、もっぱらその制作が授業時間だけでなく放課後でも楽しみになっています。

もう、実際の仕事が楽しみのようですね!!
はい。卒業後は東京にあるWebサイト制作会社への就職が決まりましたので、それまでにもっと腕を磨きたいと思っています。今、チームで行っている制作でもディレクターを担当していますので、お客様にコンサルティングしながらそれをベースにしたデザインが出来る様な技術を身につけたいと思っています。

進学を決めるまでには時間がかかったけれどイメージ通りに進んでいるね!
ウエジョビで大人になれたなと思います。高校時代はなんだか「恥ずかしい……」と思って出来なかったあいさつやそうじが出来るようになった事は、学んだ技術以上に大切なものです。常識を意識できるようになったというか……。積極的に社会に出て行きたいという意欲が高まりました。

進路に悩む高校生にメッセージを送るとしたら?
私が就職か進学かを迷った時、「大人になりきれない自分」に戸惑っていました。その悩みをウエジョビの学びで、少しずつ解消し自信を持って歩めるようになったと思いますし、「実際に仕事でいかしてみたい!」と強く思えるようになったと思います。上京を決意できたのもこの進学があったからこそだと思います。ですから、まずは自分が自信を持つために何が必要かを考えてみると良いかと思います。応援しています!

腕に磨きをかけ、自信を持って進んでいる姿が眩しい!製作中のサイトもたのしみですね!成長を続ける安達君、ウエジョビはまだまだ応援しています!

 

ウェブクリエイターコースをもっと詳しく知るにはこちらをクリック!