すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

私の少年時代、ファミコン登場以前の80年代にソフトグライダーというおもちゃが大人気でした。発泡スチロール製の飛行機で、これが良く飛ぶ!良く飛ぶ!当時の値段で100円くらい。近所のお兄さんが持っていてうらやましかったなー。今回はそのソフトグライダーにまつわる思い出話……

20140606c

てしがわら少年は今とおなじく、部屋で本を読んだり、空を見上げて「あっ、あれは雲の形をした宇宙船だな。きっと、そうだ。僕だけの秘密にしておこう。」などとひとりでぼんやりしている事を好む子供でした。そんな様子を心配してか、たまに友達が遊びにくると母は大変に喜んで、お昼ご飯がいつも以上に豪勢だった様な気がします。
てしがわら少年は「これはいいぞ!」とばかり、便乗しておねだりを企みました。

「かあさん!せっかく友達が来ているので今、はやりのソフトグライダーを買っておくれよ!100円だから、200円ちょうだい!!」
きっと、「そうね!お友達も喜ぶものね!はい!200円!」となるとおもったら……

今までに見た事も無い形相の母が。

「あんた達はお金がないと遊べないの? だったら遊ばなくていい!」とどこかへ行ってしまいました。

気が動転したのか私は友達に「ごめんね!今日はちょっとお金が無いみたいなんだ!今日だけなんだよ!そういう日があるんだな!きっと……。」という謎の言い訳を繰り返していた事を、なぜだかハッキリと覚えています。

しばらくすると母が戻ってきて、目の前に広告の束を持ってきて「これはどう?これで、紙飛行機を作ってみたら?」
内心、「むぅーん。ギューンて飛ぶソフトグライダーのほうが良いなぁ……」と思いましたが、渋々、友達と紙飛行機を作り始めました。相変わらず「今日はちょっとお金がないみたいなんだ……」と繰り返して。

しかし、子供のチカラとはスゴいものだと思いますが、結局、日が暮れるまで紙飛行機に没頭していました。と言うのもソフトグライダーは先頭にプラスチックのおもりがついているのですが、友達がどうやら、それが良く飛ぶ秘密なんじゃないかと気づいたのです。折り方を工夫してみると……これはすごい!良く飛ぶ!もう、楽しくて仕方がありません。
紙飛行機が天空まで届く思いです。母の一言のおかげで、てしがわら少年と友達の空想の翼が開かれた瞬間でした。

当時考案した「すたーしっぷ1号」を再現。こんな感じだったかな?

20140606

不思議な事に、友達と紙飛行機に没頭した翌月ぐらい、なんと小学校で紙飛行機が一大ブームになったのです。もしかしたら、てしがわら少年たちの遊ぶ姿が、翼を持つ、さらなる少年達の情熱に火をつけたのかもしれません。そうだといいな。

 

久しぶりに折った飛行機、せっかくなので公園に行って飛ばしてみました。

20140606main
びゅーぅん!記憶の通りの飛び方。うれしい!年月は流れても、どうやら空想の翼は今も大きく開く事が出来るみたいです。あの時の母の言葉に感謝!眠っている翼を広げてみよう!