すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

140509舞監と呼ばれた男

今をさかのぼること約3ヶ月、上田市民会館に「舞監(ぶかん→舞台監督)」と呼ばれた男がいた……

男は卒業式でのサプライズ演出のすべてを託されたのである。そのサプライズとは式典終了後に我武者羅應援團が飛び入り応援をしてくださるというもの。今や全国各地、いや、世界で引っ張りだこの我武者羅應援團のステージを指揮するのが、今回の舞台監督の役目なのである!!

ババーーン!これは大事です!

そう!そして、私がその舞監と呼ばれた男!勅使川原です。

140509b

普段はビデオ撮影と編集が担当の私がなぜ舞台監督を務めたのか。それは一本の電話から始まりました。

事務の高見澤先生からの軽快な声で
「てしせんせーい!我武者羅の伊澤さんからお電話ですよー!」
との呼び出し。職員室ではなぜ伊澤さんから電話が?という空気。
受話器を頂くと……
「お世話になっております!我武者羅應援團の伊澤でございますっ!
 今日はてし先生に極秘でお話があります。
 今、他の職員の方に気づかれずにお話しできますか?」
「あっ。気づかれないというか……注目されております。」
「あがっ!!なんて事だ!!極秘プロジェクトがっ!!!」

この様にいつも通りの楽しい伊澤団員との会話の中で、いくつかの企画が立案されたのです。
我武者羅應援團のサプライズ登場に加え、伊澤団員はさらなるサプライズを考えていたのです。つまりサプライズ×サプライズ!!

 

さらなるサプライズとは……
リハーサルでは通常の演舞を行い、本番では「先生と学生」をテーマにウエジョビ・オリジナル・ビデオを流そう!という事になったのです。映像は私が制作し、他の職員と学生に内緒にするために舞台監督も私が担当することなったのです。
これは当日が楽しみ!!準備にも熱が入ります!何度も伊澤団員とやり取りをしてリハール用映像と、本番用の映像が完成しました!よっしゃーーー!

そして、当日リハーサルを迎えると……

なんと!

我武者羅應援團の大ファンであるヒダカズ先生が会場に。

伊澤団員と私に緊張が走ります。
リハーサル用動画も入魂の一本に仕上げましたが、不安が募ります。
「バレるのではないだろうか……」

 

ところが!
我武者羅さんの気合いの入ったリハーサルにヒダカズ先生は…
泣いていた!!
感動して泣いていたのです!!
さすが、我武者羅。リハーサルで泣かせるほどに真剣なんです!

 

そして、本番は……
式典後、一旦下がった緞帳が上がり始め、応援太鼓が打ち鳴らされる中、我武者羅應援團の登場。
客席が沸き上がり、素晴らしい演舞が行われました。最高の応援が会場に響き渡ります。

卒業生もウエジョビ職員にも感動の涙と笑顔が!うれしい!

140509c

こうして、私の舞監としてのデビュー戦は挑戦と感動があふれた素晴らしい体験となりました!
我武者羅應援團と一緒に舞台準備ができて、うれしかった!感謝!

さあ!次の舞台はどこだっ!