すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

もう先月のことになりますが、 経験したことのない大雪に見舞われました。
まさに「卒研グランプリ」その日でした。
その日、携帯電話(スマホではなく)をなくしました…。
こんなにショックだとは思っても見ませんでした。
卒研の準備の中で落としてしまったようです。

 

セキュリティーを施し、あらゆるところに連絡し、
これで出てこなければ仕方ないと思っていました。

冷静になった頃、GPSによる検索が出来ることを思い出しました。
緊急通話停止機能を解除し、ドキドキしながら検索すると…
上田市内に存在していることが判明しました!

通信技術の発達に感動した瞬間でした。
ふと大学時代には「ポケベル」に 大変お世話になったことを思い出しました。
同世代の方は懐かしさを感じたのではないでしょうか?
同時に、この話が通じない世代もいるのでしょう…。

 

話を戻します。自分の携帯に電話すると確かにコールもしています。
その時の気持ちを比喩するのであれば、
見つからなかった我が子の存在を確かめられたかのような気持ち…
といったところでしょうか(表現が難しい…)。

 

長野市に住む私は、翌日曜日も電車が止まっていて動けませんでした。

その時、私のクラスの上田に住む学生が「探しますか?」と。
そして「位置を写メで送って下さい」と。

雪はやんでいたもののさすがに申し訳ないと拒んでいましたが、
「近いんで」とか「暇なので」とか理由をつけて もう一人を連れて探しに行ってくれたのです。
お言葉に甘えてお願いしてしまいました。

 

現地に着くと、除雪機が入っていて2メートルもの高さに雪が積み上げられていたそうです。
学生「見つかったら電話しますね」
私「ちょっとやって見つからなかったらいいからな」

なんと2時間も探し(堀り)続けていたのです。
連絡しても繋がらず、本当に心配しました。
私の携帯に電話しながらその振動を頼りに探していたため、充電が切れてしまったようでした。
もう一人に電話すると繋がりました。
興奮した声で「めっちゃ近くで震えてます!もう少しですよ! あったー!」と実況中継が。

 

その時の雄姿です。

140324b

140324c

 

本当に申し訳ない気持ちと感動で
言葉が見つかりませんでした。

140324a

他人のためにここまで尽くしてくれる彼らは、
それぞれ「消防官」「警察官」としての勤務が決まっています。

 

今日は「スプリングセミナー」初日です。
新入生は皆参加しています。
これから1年間一緒に過ごす彼らとの生活の中で、
たくさんの感動を共に味わうことがあるでしょう。
慣れるまでは大変な5日間ですが、
「目的」に立ち返りつつ一緒に乗り越えていきましょう!