すべては学生のために   上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

今年度、長く務めた行政事務畑から警察消防コースに移動した私は様々な初めての経験をしました。

男ばかり40名の「男組」であったり、スポーツジムのアクトスさんに授業で通って、学生に交じって汗を流したり、 その他にもたくさんの経験をさせてもらいました。

その中でもセンセーショナルだったのが、後期の授業の「救急法」です。

何がセンセーショナルだったのかと申しますと…

普段は教壇に立っている私が、学生を肩を並べて授業を受ける側になり、座学と実技を学んだことが非常にセンセーショナルでした。 まずは試験に向けて、内容把握に努めなければならないのですが、もちろん、学生に負けるわけにはいかないのでプレッシャーが かかりましたが、なにより、学ぶということの楽しみを久しぶりに味わうことができました。また、講師の方が、聞いている側に わかり易く、興味深く伝えようとするその授業に、様々な事を学ぶことが出来ました。本当に感謝です。

131129

また、何よりセンセーショナルであったのが… 講師の北村さんご夫婦が、私の小学校の同級生の女の子のお父さんとお母さんであったということです。

お話をさせていただいて、気づいた時は本当にびっくりでした。 いっきに記憶が30余年前に飛びました。

放送委員会の委員長を務めていたあの頃…。上田市の学童野球で「1番キャッチャー堀内くん」で市3位になった過去の栄光! 赤いアディダスのキャップをかぶり、「若林源三」ばりにシュートというシュートを片っ端からナイスキャッチしていた思い出の校庭!

という郷愁の念はさておき…

北村さんご夫妻の仲睦まじい様子や私の両親と同じ世代の方が20歳前後の年齢の学生たちに指導をするさまを 目の当たりにして、何とも強い刺激を受けました。

今回の「救急法」の授業を通して、教える側と教わる側のそれぞれの立場を経験できて、本当に様々な事を学ぶことが出来た一週間でした。

北村さんご夫妻、本当にありがとうございました。