すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

ウエジョビの「キング・オブ・弓道」こと奥山です。

・・・(^_^;)

キング・オブ・スキーの愛称でお馴染みの荻原健司選手の講演会に行ってきました。

1992年・アルベールビル、1994年・リレハンメルの冬季オリンピック2大会連覇の金メダリストです。

演題は「本気は本物か」です。

感想を一言でいうと「熱い人」でした。


121017a.jpg

現役時代をテレビで見ていましが、あんなにも陽気で熱い人だとは思わず、体型も変わらず立居振舞もかっこ良くて、憧れを抱きました。

日本と世界の差は目つき(雰囲気)が違うと言っていましたが、世界を知り、夢に向かって本気で練習に取り組んできたそうです。

【どんなことがあっても逃げ出したらいけない。】

【夢を忘れてはいけない。常に考える。】

【自分なりのこだわりをもつ。】

(荻原選手はトイレは真ん中だそうです。わかりますか?)

【本気で夢を追いかけているか!?】

心に残った言葉をあげたらきりがないですが、金メダルを取ったから凄いのではなく、金メダルを取るまでの心の姿勢に感銘を受けました。

自分もこれからは「その思いは本気なのか!?」

「気持ちや信念が本物なのか!?」と自問自答をしていきたいです。


121017b.jpg

話は変わりますが、先月、富山県射水市で審査が行われ、念願の6段に合格することができました。

5段を取得したのは23歳の時なので、合格から8年の月日が流れてしまいました。

この8年間どんなに忙しい時であっても、一本でも弓を引く気持ちをもって取り組んできました。

自分の弓道に対する姿勢は本物なのかわかりませんが、これからも上を目指して頑張っていきたいです。

講演の最後に、「本物のアスリートとは?」と質問させて頂きましたが、

「練習熱心で天才はいない。」と言ってました。

【情熱を持ち続けられる人が天才だ。】と言った人もいますが、やっぱり日々の積み重ねですね。


121017c.jpg