すべては学生のために   学校法人上田佐藤学園 上田情報ビジネス専門学校【公務員・コンピュータ・IT情報処理/経理・医療事務・建築】 長野県 上田市中央 3-7-5 ☎0268-22-0255

公務員科の修学旅行、GUAMから先週の金曜日に帰ってきました。130名程の元気な学生たちと共に。


101213a.jpg 

楽しみを見出すことには「能力」とも言えるほど長けている4組のみんな。パラセイリングやバナナボート、夜はディナーショーなど連日オプショナルツアーをフルに入れ、空き時間には周辺散策、そしてバスを利用して買い物と、まさに疲れを知りません。

私もあちらですれ違う学生たちの顔をみると楽しそうで、それを見て嬉しくなります。

101213b.jpg

あっという間に時は過ぎ、明日は帰国です。夜の9時頃、「先生、相談が…」とリーダーの山崎が内線を入れてきました。「何をやらかしたんだ?」と部屋に行くと、真っ暗な中、いきなり大きな拍手が。なんとその狭い空間に4組が勢ぞろいしていたのです。そして訳も分からず勧められたソファーに座ると、ものすごい音と共に大爆笑が。ブーブークッションに引っ掛かってしまいました。「こんなことのために全員で集まったのか」と言いながらもシャレが好きな私は「こういうくだらないのもいいな」と言ってみんなと握手して帰ろうとしました。

すると「グアムに連れてきてくれた先生に…」と、クラス写真を刻むためのアルバム、ネコ好きな私のためにネコの貯金箱、そして写真立てをプレゼントしてくれたのです。ここでこんなサプライズがあろうとは誰が思ったでしょうか!「連れてきてくれた」という表現にも参りました。

101213c.jpg

いつもそうなんですが、こういう時に思い出すのは私がみんなに厳しくしている場面です。一般的に怒られると嫌悪感を抱くものとも考えられますが、その真意を理解して受け止めてくれているということが、このような時に確認できるのです。それがまた嬉しくて。

最高の修学旅行をありがとう!